logo

SojitzSys商社ERP事例「日商エレクトロニクス株式会社」

双日システムズはSojitzSys商社ERP事例「日商エレクトロニクス株式会社」を公開しています。。

<見どころ>
BPRによる業務効率化とTCO削減を狙いに基幹システムにERP「GRANDIT」を採用。
サブスクリプションや保守契約管理に適合したCRM系システムを独自開発しサービス品質を向上

<事例概要>
ICTソリューションやネットワークソリューション、それらに関連するICT機器の輸入販売やサポートなど
を手がける日商エレクトロニクス。
2009年7月にそれまで使用してきたERPを、純国産ERP「GRANDIT」に移行しました。
日本の商習慣への対応に加えて、事業拡大や制度変更に合わせてカスタマイズを繰り返したことで、ランニングコストの肥大化を招いていたことがその理由。それに合わせて顧客サービス系システムは、ERPとのスムーズな連携と自社ビジネスへの対応を図るためスクラッチ開発を行っています。
その開発を含め、現在ではシステム全体の保守サポートを担っているのが双日システムズです。

■資料名:日商エレクトロニクス株式会社 ERP構築事例
■ページ数:A4 全6ページ
■公開日:2017年2月13日
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事