logo

商社ERP事例「株式会社エヌジーシー」

~全社的な生産性の向上を目指し基幹システム「GRANDIT」をパブリッククラウドに移行。将来のワークスタイル変革の可能性を切り開く~

双日システムズはSojitzSys商社ERP事例「株式会社エヌジーシー」が公開しています。

<株式会社エヌジーシー>
1985 年7 月に日商エレクトロニクス中核グループ会社として設立された株式会社エヌジーシー様は、映像編集機器の販売や構築に加え、デジタルコンテンツ制作、放送・通信市場等、長年の経験と最先端技術を積極的に導入し、ソリューションの開発、販売、運用サービスの提供に携わっています。

<事例概要>
◆統合効果を最大化するためにERPで業務システムを再構築

JSRトレーディング株式会社様は、GRANDIT Ver1.3.2を2005年12月に導入して頂いていましたが、海外販売部門は別システムによって管理されていたため、基幹システムとの連携にタイムラグが発生していました。
また、JSRグループ様全体がSAPによる会計システムを採用することとなり、その会計システムとの連携も必要となりました。

この課題解決に向けて、JSRトレーディング様は7社の製品を比較検討のうえ、総合的なご判断で「GRANDIT Ver2.1」をご採用。

課題を解決するとともに将来的な海外展開への対応、さらなるGRANDITのバージョンアップにもご期待頂いています。

課題や導入効果などが記載された、事例詳細資料はこちらからダウンロードしていただけます。

■資料名:JSRトレーディング株式会社 ERP構築事例
■ページ数:A4 全5ページ
■公開日:2017年2月13日

リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。