logo

商社ERP事例「JSRトレーディング株式会社」

~グローバルな事業展開を見据えGRANDIT Ver2.1を導入、SAPとの連携も実現~

双日システムズはSojitzSys商社ERP事例「JSRトレーディング株式会社」を公開しています。

<JSRトレーディング株式会社>
JSRトレーディング株式会社様は化学品、物流資材、各種機器、
ワインなどの国内仕入れ販売、輸出入業及び保険代理業を行う企業様。

単なる仕入調達や販売にとどまらず、独自の商品開発とその機動力を活かしてグローバルな展開を行っていらっしゃいます。

<事例概要>
◆統合効果を最大化するためにERPで業務システムを再構築

JSRトレーディング株式会社様は、GRANDIT Ver1.3.2を2005年12月に導入して頂いていましたが、海外販売部門は別システムによって管理されていたため、基幹システムとの連携にタイムラグが発生していました。
また、JSRグループ様全体がSAPによる会計システムを採用することとなり、その会計システムとの連携も必要となりました。

この課題解決に向けて、JSRトレーディング様は7社の製品を比較検討のうえ、総合的なご判断で「GRANDIT Ver2.1」をご採用。

課題を解決するとともに将来的な海外展開への対応、さらなるGRANDITのバージョンアップにもご期待頂いています。

課題や導入効果などが記載された、事例詳細資料はこちらからダウンロードしていただけます。

■資料名:JSRトレーディング株式会社 ERP構築事例
■ページ数:A4 全5ページ
■公開日:2017年2月13日

リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。