logo

T&Gとまちの研究所が合弁会社を設立 今秋、横浜みなとみらいに「も、の保育園」を開園予定

株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ 2017年04月18日 19時27分
From 共同通信PRワイヤー

2017/4/18

株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ 

T&Gとまちの研究所が合弁会社を設立
今秋、横浜みなとみらいに「も、の保育園」を開園予定
~「企業主導型保育事業」でサービス業の従業員を全面サポート~

 全国でウェディングプロデュースを手がける婚礼大手の株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ(本社:東京都品川区 代表取締役社長:岩瀬 賢治 以下、T&G)と、保育やまちづくりに関するシンクタンク、まちの研究所 株式会社(本社:東京都練馬区 代表取締役社長:松本 理寿輝)は、2016年12月に保育所の経営を目的とした合弁会社「株式会社アンドカンパニー」を設立し、横浜みなとみらいに今秋「も、の保育園」の開園を予定しています。

 アンドカンパニーは、「働くことと、育てることを応援し、個人と社会の未来を豊かにする。」という理念のもと、「企業主導型保育事業」を活用し保育所を開設、運営してまいります。社名であるアンドカンパニーには、「仕事」「こども」「会社」「地域」をつなぎ、新しい価値を提供する保育所を創ることを含意しています。はたらく「も」、育つ「も」、おとな「も」、子ども「も」、全員が思いっきり楽しんでいただきたいという願いをこめて「も、の保育園」と名づけました。
【画像: リンク
[株式会社アンドカンパニー ロゴ] 

【画像: リンク
[も、の保育園 ロゴ]

◆アンドカンパニーの事業内容
 アンドカンパニーは、結婚や出産を経験した従業員が、待機児童問題など様々な社会問題により働けない環境を改善するために、従業員が長く安心して、働くことをサポートする保育所を展開してまいります。今回の事業は、内閣府が待機児童対策を目的とした「企業主導型保育事業」を活用。本保育園の取り組みに賛同頂いた企業の企業枠に加えて、地域住民にもご利用頂ける地域枠を整備しています。
 企業主導型保育事業は、複数の会社が共同で保育所をつくることが可能で、且つ定員枠の50%以内であれば定員枠を地域に開放して利用いただくことができます。アンドカンパニーでは、T&Gの他、提携先の企業を受け入れ、自社だけではなく本取り組みが社会全体に広がり、一人でも多くの働きたいと願っている子育て世代が安心して働ける会社づくり、環境づくりを目指しています。

◆アンドカンパニーの設立背景
 従来当社は、女性従業員が多い婚礼業界において、女性の活躍は企業の成長にとって必要不可欠なものと考えておりました。また、同時に地域住民の支援によって成り立つ婚礼会場の使命として「地域貢献」と「会社の成長」を実現すべく様々な取り組みを行ってまいりました。そのような社会的課題の解決と企業の利益、競争力向上を両立し、社会・企業双方に価値を生み出す取り組み(Creating Shared Value、共有価値の創造)を推進するためT&G代表の岩瀬が責任者を兼任する「CSV推進部」を組織するなど、今回の保育事業を始めとした様々なプロジェクトを推進しています。

 待機児童という社会問題に加え、サービス業界特有の課題として保育所の休園が多い週末に業務が集中するということがあります。この社会的課題を解決するため、女性の社会復帰や子育て、そして地域貢献が可能な「企業主導型保育事業」を活用し、この度の会社設立に至りました。

◆会社概要
名称:株式会社アンドカンパニー
本社所在地:東京都品川区東品川二丁目3番12号
設立年月日:2016年12月1日
資本金:1000万円
代表者:岩瀬賢治
主な事業内容:保育所の経営、開設、コンサルティング業務

 まちの研究所は、「まちの保育園」や「まちのこども園」を展開するナチュラルスマイルジャパン株式会社の代表、松本理寿輝氏が設立した保育、幼児教育、まちづくりに関するシンクタンクで、「こどもと地域が育つコニュニティーの創造」を理念としています。「働くことも、子育ても、ともに頑張るママを応援したい」というT&Gの願いを併せ持った保育所を2017年より順次展開していく予定です。

◆「も、の保育園」概要
名称:「も、の保育園」
所在地:神奈川県横浜市西区高島1丁目2番15号みなとみらい学園ビル2階
オープン日:2017年10月1日(予定)
開園曜日:平日ならびに土曜・日曜・祝日
開園時間:7時30分~18時30分
     最大延長時間:21時30分まで
対象年齢:0歳~就学時前まで
定員:30名 ※今後、状況により50名まで増員する可能性あり
公式サイト:リンク

【画像: リンク






本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事