logo

HIMSS Asia PacificとElsevierがHIMSS-Elsevier Digital Healthcare Awardsの応募開始

HIMSS Asia Pacific 2017年04月17日 16時21分
From 共同通信PRワイヤー

HIMSS Asia PacificとElsevierがHIMSS-Elsevier Digital Healthcare Awardsの応募開始

AsiaNet 68195 (0553)

【シンガポール2017年4月17日 PR Newswire=共同通信JBN】
HIMSS Asia Pacificと、科学とヘルスを専門とする情報分析企業Elsevier(エルゼビア、リンク )は、第5回目となるアジア太平洋HIMSS-Elsevier Digital Healthcare Award 2017の募集要項を発表した。

患者の治療と安全を促進する健康情報および技術の利用で優れた業績およびイノベーションを表彰する世界的なプラットフォームであるHIMSS-Elsevier Digital Healthcare Awardsは2013年に創設され、現在はアジア太平洋、中東、欧州で毎年開催されている

HIMSS Asia Pacificのエグゼクティブディレクター、サイモン・リン氏は「過去4年間にアジア太平洋地域で栄誉を授けた組織は、医療情報技術を使ったケア提供の改善に並外れたベンチマークを設定している。今回の5年目では、さらに多くのケーススタディを共有し、過去の受賞者から医療情報技術に関する最新情報を入手することを楽しみにしている。 私は、受賞者が成功事例を地域に、そして広く世界に提示するよう奨励する」と語った。

応募対象はOutstanding ICT Achievement(優れたICT達成)とOutstanding ICT Innovations(優れたICTイノベーション)の2部門である。

Apollo Hospitals Enterpriseのアービンド・シバラマクリシュナン最高情報責任者(CIO)は「われわれは2013年、2014年、および2015年のHIMSS-Elsevier Digital Healthcare Award受賞の栄誉に浴した。これはApolloの医療情報技術(HIT)投資と戦略を検証するのに役立ったグローバルなプラットフォームである。われわれの成功例は、廃棄物削減、安全性向上、全体的により効率的な患者ケアにおける計測可能な改善を直接もたらしたのはわれわれのイノベーションの力であることを裏付けている。われわれは、この賞のプラットフォームを引き続きサポートし、地域や世界の人々と成功例を共有したい。そして、われわれがまた学習し、改善し続けることができるように、他の組織が彼らの成功をわれわれと共有するようになるのを願っている」と述べた。

昨年のHIMSS-Elsevier Digital Healthcare Awards 2016にはアジア太平洋地域の多くの医療機関が応募した。シンガポールのSingHealth & IHiSとインドのApollo Hospital EnterpriseがOutstanding ICT Innovation賞を、シンガポールのNg Teng Fong General Hospital & IHiSとタイのPaknampo HospitalがOutstanding ICT Achievement部門を、それぞれ受賞した。各プロジェクト(リンク )はHIMSS Asia Pac16で開催されたHIMSS-Elsevier Digital Healthcare Awards Dinnerで表彰された。

Elsevierのクリニカル・ソリューション部門のピーター・エーデルスタイン最高メディカル責任者(CMO)は「ElsevierとHIMSS Asia Pacificがアワードプログラムの主催5年目を迎え、この地域の組織が高品質で費用対効果の高いケアの提供を継続的に推進する上でヘルスケア情報技術が重要な役割を果たしていることがますます明らかになっている。このプラットフォームが世界的に認知されるようになったいま、より多くの組織が、今日の様々なヘルスケアの課題を解決するうえでイノベーションがどのように成功を立証してきたかを共有することを期待する。私はこのプラットフォームへの参加を光栄に思っており、今年は何が入賞するのかを楽しみにしている」と語った。

今年の審査員は以下の4人である。
*HIMSS Analyticsのグローバル副社長のジョン・ダニエルズ氏
*Elsevierのクリニカル・ソリューション部門最高メディカル責任者(CMO)であるピーター・エーデルスタイン氏
*JurongHealth Servicesの最高メディカル情報責任者(CMIO)でありHIMSS AsiaPac17組織委員長のガマリエル・タン教授
*Cleveland Clinic Abu Dhabiのメディカルインフォマティック・ディレクターでHIMSS Asia Pacificの運営評議会メンバーであるマニシュ・コーリ博士

ケーススタディの提出先はリンク で、問い合わせは電子メールでHIMSS(mailto:pheung@himss.org )へ。

応募締め切りは2017年5月31日(水曜日)。HIMSS-Elsevier Digital Healthcare Award Dinnerは2017年9月11日(月曜日)、シンガポールのHIMSS AsiaPac17 (リンク )で開催される。

▽HIMSS Asia Pacificについて
HIMSS(リンク )は、ヘルスITを通じたヘルスケア変革のグローバルな代弁者、アドバイザー、オピニオンリーダーであり、ヘルス、ヘルスケアおよび健康転帰の質、安全性、効率を向上させるための独自の幅広く深い専門技術と能力を有している。HIMSSは重要なデータ・アセット、予測モデルおよびツールを設計し、それを使ってグローバルリーダー、ステークホルダーおよびインフルエンサーにヘルスITにおける最善の方策をアドバイスしており、それによって彼らは決定の際に適切な情報を得ることができる。100万人を超える専門家、200以上の知識交換と6万4000以上のメンバーを含むコラボレーションのヘルスITネットワークを通じて、HIMSSは革新的で将来を考慮した技術の最善な活用を推進し、より良いコネクテッドケア、市民のヘルス向上、低コストのケアをサポートしている。HIMSSは米イリノイ州シカゴに本社を置く非営利企業で、ほかに北米、欧州、英国、アジアに事務所を置いている。

▽Elsevierについて
Elsevier(エルゼビア、リンク )は、様々な機関や専門家が科学を進歩させ、医療を推進し、人類のためにパフォーマンスを向上させるのをサポートする世界的な情報分析企業である。Elsevierは、戦略的研究管理、研究開発パフォーマンス、臨床決定支援、専門教育の分野におけるデジタルソリューションとツールを提供する。デジタルソリューションには、ScienceDirect(リンク )、Scopus(リンク )、ClinicalKey(リンク )およびSherpath(リンク )が含まれる。Elsevierは、The Lancet(リンク )、Cell(リンク )など2500誌以上のデジタル・ジャーナルと、3万5000点を超える電子書籍タイトル、およびGray's Anatomyを含む多くの代表的参考文献などを発行している。Elsevierは、様々な業界の専門家と企業に情報と分析サービスを提供する世界でもトップクラスのプロバイダーであるRELX Group(リンク )の傘下企業である。詳しくはwww.elsevier.com を参照。

ソース:HIMSS Asia Pacific

▽問い合わせ先
Beatrice Lau
Elsevier, Account Manager, WE Worldwide,
+65-9828-4393, blau@we-worldwide.com

Melissa Leong
Marketing & Strategic Relations Manager,
HIMSS Asia Pacific
+65-6664-1181
mleong@himss.org

Christopher Capot
Global Communications, Elsevier
+1-917-704-5174
c.capot@elsevier.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事