logo

<リクルート「調整さん」× QREATOR AGENT> 次世代のQREATOR(クリエーター)を育てる「QREATOR CAMP TOKYO」を開催


株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄、以下リクルート)の新規事業開発室が運営するスケジュール調整サービス「調整さん」は、株式会社QREATOR AGENT(クリエーターエージェント、本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐藤詳悟)と共同で、新しい未来を担う次世代のQREATOR(クリエーター)を育てるための講座「QREATOR CAMP TOKYO」(クリエーターキャンプトウキョウ)を、4月29日(土)より開催いたします。

――――――――――――――――――――
■開催の趣旨
――――――――――――――――――――
テクノロジーの進化に伴い、一部の仕事にIoTやAI(人工知能)を活用することが普及しはじめ、人間はより創造的な仕事に注力し価値を発揮する動きが加速しています。
そんな時代に向けて、クリエイティブな仕事に必要なスキルを身につけるための修行場として、「QREATOR CAMP TOKYO」が誕生しました。新しい時代の先頭に立って道を切り開いている方々をお招きし、計7回の講座を通じて、「次世代のQREATOR」の育成を図ります。

――――――――――――――――――――
■「QREATOR CAMP TOKYO」概要
――――――――――――――――――――
2017年4月~2017年7月までの隔週土・日曜日、全7回(4/29、5/7、5/21、6/4、6/18、7/2、7/15)

・時間:第1回 4月29日(土)19:00~22:00
第2~6回 5月7日(日)~7月2日(日):15:00~18:30
第7回 7月15日(土):18:30~22:00

・場所:東京都中央区銀座7-2-6 ヒューリック銀座7丁目第2ビル B1階(MTLカフェ)

・参加申込:リンク

・参加費:42,000円(7回分合計、税込)

・参加者人数:30名まで

――――――――――――――――――――
■講座・講師情報
――――――――――――――――――――
・4月29日(土)
テーマ:働き方の未来を考える
講師:バラエティプロデューサー 角田陽一郎 (その他全日程の講義でファシリテーターも務めていただきます。)

1970年千葉県生まれ。東京大学文学部西洋史学科卒業後、1994年にTBSテレビに入社。TVプロデューサー、ディレクターとして「さんまのスーパーからくりTV」「中居正広の金曜日のスマたちへ」「EXILE魂」など、主にバラエティ番組の企画制作をしながら、2009年ネット動画配信会社goomoを設立(取締役)。映画「げんげ」監督、音楽フェスティバル開催、アプリ制作、舞台演出、「ACC CM フェスティバル」インタラクティブ部門審査員(2014、2015年)、その他多種多様なメディアビジネスをプロデュース。いとうせいこうとユースケ・サンタマリアがMCを務めるオトナのためのインディペンデンス型トーク番組「オトナの!」を制作(2012年1月~2016年6月)。「OTO-NANO FES! オトナの!フェス」を開催。2016年12月31日付でTBS退社。
著書「最速で身につく世界史」「成功の神はネガティブな狩人に降臨する―バラエティ的企画術」「究極の人間関係分析学カテゴライズド」編著「オトナの!格言」。「水道橋博士のメルマ旬報」で毎月20日発行の“る組”にて「テレビの果てはこの目の前に」連載中。「cakes」で、「世界はすべてバラエティになる」だいたい隔週連載中。

・5月7日(日)
テーマ:広告の未来を考える
講師:PARTY クリエイティブディレクター 中村洋基 

1979年生まれ。2000年に電通に入社、インタラクティブキャンペーンを手がけるテクニカルディレクターとして活躍後、2011年、4人のメンバーとともにPARTYを設立。最近の代表作に、レディー・ガガの等身大試聴機「GAGADOLL」、トヨタ「TOYOTOWN」トヨタのコンセプトカー「FV2」、ソニーのインタラクティブテレビ番組「MAKE TV」(TBS)などがある。国内外200以上の広告賞の受賞歴があり、審査員歴も多数。共著に『Webデザインの「プロだから考えること」』(インプレスジャパン)がある。

・5月21日(日)
テーマ:出版の未来を考える
講師:株式会社コルク 代表取締役 社長 佐渡島庸平

1979年生まれ。中学時代は南アフリカ共和国で過ごす。灘高校から東京大学文学部に進学し、大学卒業後の2002年、講談社に入社。週刊モーニング編集部で、井上雄彦「バガボンド」、三田紀房「ドラゴン桜」、安野モヨコ「働きマン」などの担当を務める。また、小山宙哉「宇宙兄弟」は累計1,600万部を超えるメガヒット作品に育て上げ、TVアニメ、映画実写化を実現。漫画以外にも、伊坂幸太郎「モダンタイムス」、平野啓一郎「空白を満たしなさい」など、小説の連載も担当する。12年に講談社を退社し、作家のエージェント会社、株式会社コルクを立ち上げる。

・6月4日(日)
テーマ:ネットの未来を考える
講師:SHOWROOM株式会社 代表取締役 社長 前田裕二

1987年東京生まれ。2010年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、外資系投資銀行に入社。11年からニューヨークに移り、北米の機関投資家を対象とするエクイティセールス業務に従事。株式市場において数千億~兆円規模の資金を運用するファンドに対してアドバイザリーを行う。その後、0→1の価値創出を志向して起業を検討。事業立ち上げについて、就職活動時に縁があった株式会社DeNAのファウンダー南場に相談したことをきっかけに、13年5月、DeNAに入社。同年11月に仮想ライブ空間「SHOWROOM」を立ち上げる。15年8月に当該事業をスピンオフ、SHOWROOM株式会社を設立。同月末にソニー・ミュージックエンタテインメントからの出資を受け、合弁会社化。現在は、SHOWROOM株式会社代表取締役社長として、SHOWROOM事業を率いる。

・6月18日(日)
テーマ:体験の未来を考える
講師:Afro&Co.Inc. 代表 パーティークリエイター アフロマンス

SNS時代のインサイトを捉えたイベントの立案・設計、メディアやSNSの情報設計、空間のプロデュースなど、幅広く手がける。
2012年、都内初の泡パーティーを主催。SNS上で話題化し、数日で3000名の応募が殺到。その後「泡パ(R)」の名称で全国に展開。野外フェス「泡フェス」や、ファミリー向けの「泡パーク」など、さまざまなアーティスト、企業、地方自治体、コンテンツとコラボレーションしながら、日本に「泡ムーブメント」を巻き起こす。また、1万枚のチケットが即ソールドアウトした街中を巨大ウォータースライダーに変える「Slide the City」、28万名の応募が集まったスカイランタンを飛ばす絶景フェス「The Lantern Fest」の他、平日の朝6時半から通勤通学前に踊る「早朝フェス」、ハウスミュージックに合わせてマグロをさばく「マグロハウス」、有明海の干潟の泥に浸かれるバー「GATA-BAR from SAGA」、原宿に出現したギャザリング専用スペース「Star Gathering House」など、手がけるプロジェクトは多岐にわたる。

・7月2日(日)
テーマ:多様性の未来を考える
講師:株式会社HEART CATCH 代表取締役 西村真里子

国際基督教大学(ICU)卒。エンジニアとしてキャリアをスタートし、その後外資系企業のフィールドマーケティングマネージャー、デジタルクリエイティブ会社のプロデューサーを経て2014年株式会社HEART CATCH設立。 テクノロジー×デザイン×マーケティングを強みにプロデュース業や編集、ベンチャー向けのメンターを行う。Mistletoe株式会社フェロー、日本テレビSENSORS.jp編集長。

・7月15日(土)
テーマ:QREATORの未来を考える
講師:お笑い芸人 キングコング 西野亮廣 

お笑いコンビ“キングコング”のツッコミ担当。コンビでの活動だけでなく、独演会や、ニューヨークで個展を成功させるなど、個人の活動やアート制作も積極的に行う。2009年に初の絵本「Dr.インクの星空キネマ」を発売し、絵本「Zip&candy ロボットたちのクリスマス」、「オルゴールワールド」、小説「グッド・コマーシャル」、ビジネス書「魔法のコンパス」など、著者多数。2016年に発売した絵本「えんとつ町のプペル」は発行部数27万部超えの大ヒット。

――――――――――――――――――――
「調整さん」について
――――――――――――――――――――
「調整さん」は、リクルートが運営する国内最大級の無料スケジュール調整サービスです。飲み会・同窓会・結婚式二次会・歓迎会・送別会・サークル・会議等、どんなイベントにも使え、「全員の日程調整・出欠管理作業」を簡単スムーズに行うことができます。
Webサイト:リンク

――――――――――――――――――――
「QREATOR AGENT」について
――――――――――――――――――――
QREATOR AGENT[クリエーターエージェント]は、経営者や教授、研究者、デザイナー、職人など多ジャンルの“ぶっとんだ創造者”をQREATOR[クリエーター]と定義付け、彼らの活動をお手伝いする総合営業代理店。企業理念は「人」。ミッションは「 QREATORとともにもっと世界を楽しくする。」
Webサイト:リンク

――――――――――――――――――――
「新規事業開発室」について
――――――――――――――――――――
「新規事業開発室」は、社内の新規事業開発プログラム「Recruit Ventures」の運営を行い、通過プロダクトの事業育成を行う機関です。エンジニア・Webマーケター・デザイナーを抱える他、社内外のメンターネットワークを有し、新規事業創出と事業化推進のためのバックアップ体制を備えています。
Webサイト:リンク


▼リクルートグループについて
リンク
――――――――――――――――――――
【本件に関するお問合せ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事