logo

『第9回 Ambassadors of Peace Network』開催のご案内

株式会社公文教育研究会 2017年04月14日 12時30分
From 共同通信PRワイヤー

2017年4月14日

公文教育研究会

子どもたちと世界各国からの留学生がお互いの目標や夢を発表し、応援し合う!
 『第9回 Ambassadors of Peace Network』開催のご案内
   日時: 2017年4月23日(日) 10:30~17:00
   場所: 公文教育会館 B1ホール(新大阪)

 公文教育研究会(代表取締役社長 池上秀徳〔いけがみ ひでのり〕)は、子どもたちが自分の夢や目標、そして社会に対する問題意識などについて英語で発表するイベント『Ambassadors of Peace Network』(APN)を開催します。過去にEnglish Immersion Camp (EIC)に参加した子どもたちとその保護者、様々な国や地域出身のキャンプリーダーなど、約200名が参加する予定です。
 APNでは、子どもたちがEICに参加した後に行った活動や自分の夢や目標について英語で発表をします。小学3年から6年の間にEICに参加して英語でコミュニケーションをはかる楽しさを知った子どもたちが、中学生や高校生、大学生になって英語の学習にどのように取り組み、将来の夢を描いているのか、子どもたちの成長した姿を見ていただくことができます。
 その他、3月に開催されたタイでのスタディーツアーに参加した子どもたちとキャンプリーダーによるプレゼンテーションも行われます。彼らが感じたこと・学んだことを現地で撮影した写真と共に英語で発表します。

■第9回 Ambassadors of Peace Network(APN)の概要
【テーマ】   Education
【プログラム・見どころ】 
 10:30~ オープニング
 10:40~ グループタイム Adventure to school
      世界には学校に行けない子どもたちがいます。なぜ学校に行けないのか。
    世界の現実を学びます。
    ※別室にて保護者セミナーを行います。
 11:35~ EIC参加3名による発表
   公文の最終教材を修了した生徒やスイス公文学園生、国際的な科で学ぶ高校生が
   EIC参加後の自身の経験や活動の広がりについて発表します。
 11:50~ ネットワーキングタイム Human islands
 12:15~ 昼食
 13:30~ ワークショップ Mission: Build a school 
   学校に通えない子どもたちという問題をどう解決していくのか。
   解決シミュレーション活動に挑戦します。
 14:40~ 共有タイム(各プレゼンテーション・ワークショップについて感じたことを共有します。)
 15:35~ タイスタディーツアー プレゼンテーション
   3月末にタイを訪問した参加者が世界の課題を自分の目で見て感じ、学んだことを発表します。
 16:15~ 感想記入
 16:25~ クロージングメッセージ(EIC卒業生による発表)
 16:35~ クロージング

※EICの主旨に則り、プログラムはできるだけ英語を使って進めていきます。
プログラムの一部でインターネット中継を行います。下記のURLの情報をご参照ください。
リンク

■English Immersion Camp(EIC)について
【公式ホームページ】 リンク
 KUMONのEnglish Immersion Campは2001年にスタートし、毎年夏に開催されています。2016年の夏には323人の子どもたちが参加しました。Immersion(イマージョン)とは「どっぷり浸る」という意味です。子どもたちは世界各国から集まった学生キャンプリーダーやスタッフたちと、英語での共同生活に挑戦します。「英語でコミュニケーションする力を持ち、様々な国の人たちとの相互理解を通じ、手を携えて地球社会に貢献できる人材に育ってほしい」との願いをこめて開催しています。
 15年以上を経過した今、参加してくれたキャンプリーダーの国は70か国を超え、EICのネットワークは進化し続けています。EICの目的でもある、「地球全体への視野の広がりや積極的に行動する姿勢を育む」ためのさらなる活動として、2011年、2014年、2016年には海外スタディーツアー(インドネシア・タイ)、2012~2016年には東北トリップを実施しています。
(スタディーツアーについて リンク )

【会場】
公文教育会館(公文教育研究会本社)B1ホール 
〒532-8511 大阪府大阪市淀川区西中島5丁目6番6号



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。