logo

アルヴォス ユングストローム(R)空気予熱器を国内IPP向けに受注

ユングストローム (LJUNGSTROM) 2017年04月13日 11時27分
From 共同通信PRワイヤー

アルヴォス ユングストローム(R)空気予熱器を国内IPP向けに受注

AsiaNet 68172

2017年4月13日

アルヴォス株式会社(本社=神戸市中央区)は株式会社IHIから兵庫県神戸市内に建設予定の火力発電所向けにユングストローム(R)空気予熱器2基を受注しました。

ロゴ - リンク

受注したユングストローム(R)空気予熱器は、株式会社神戸製鋼所(兵庫県神戸市)が神戸製鉄所内に火力発電所を建設するプロジェクト向けに、株式会社IHIが設置する大型石炭火力発電ボイラ(出力650MWx2基)に搭載されます。2004年に運転開始した同社に採用された現在日本最大のユングストローム(R)空気予熱器と同じサイズの計画となり、その安定したパフォーマンスで電力供給とプラント効率向上に寄与します。

今回のプロジェクトの遂行は神戸で行い、主要部品の製作はアルヴォスグループの海外ユニットとも協力し、日本及び海外協力工場で行います。

「本プロジェクトの受注は我々がこれまでに築いてきたお客様との固い信頼関係はもとより、既存設備のパフォーマンスが評価されたことによるものであり、大変喜ばしく思います。」と代表取締役社長宮本知治は述べています。

ユングストロームについて

アルヴォスグループ傘下のユングストロームディビジョンは火力発電業界におけるサイエンスとテクノロジーソリューションのグローバルリーダーです。主要機器は空気予熱器とガスガスヒータです。

ユングストロームディビジョン(本社=米国ニューヨーク州ウェルズビル)はすべての主要大陸にオフィス・工場を保有しており、世界展開しています。

ユングストローム(R)製品は、25%の燃料削減を実現しており世界で年間数十億ドルもの費用削減を達成しています。加えて、ユングストローム(R)技術の高効率化により大気へ放出されるCO2量の500億トンを削減することで地球温暖化防止に大きく貢献し、より持続可能性の高い、省エネルギー世界の実現に寄与します。ユングストロームディビジョンは市場に画期的な技術と新たな価値を提供するワールドリーダーであり続けます。詳細はwww.ljungstrom-global.comをご覧ください。

【お問い合わせ先】
アルヴォス株式会社 新開倫世(しんかいのりよ)
Phone:078-242-6151
E-mail:noriyo.shinkai@arvos-group.com
URL: ljungstrom-global.com


(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事