logo

キッチンスターターがMade in Japan製品のクラウドファンディングプロジェクト支援を開始。Makers Boot Campとの提携で試作から量産化までをワンストップにサポート。

株式会社キッチンスターター 2017年04月13日 10時02分
From PR TIMES



キッチンスターター(本社:東京都港区 代表取締役社長 渡辺 浩志)は、日本から世界へ製品を発信したいお客様に対し、KickStarter等海外のクラウドファンディングプラットフォームへのプロジェクト化支援を行うことを発表しました。
また、本日Makers Boot Camp(株式会社Darma tech labs 本社:京都市下京区 代表取締役 牧野 成将)との提携を発表しました。この提携により、クラウドファンディングへの挑戦から製品化までの一貫したサポートが提供可能となりました。


[画像: リンク ]


<背景>
キッチンスターターは食に特化したクラウドファンディングとして2015年7月よりサービスを展開しております。
一般的なクラウドファンディングサービスとは違い、キッチンスターターに掲載されるプロジェクトのほとんどは、プロジェクトオーナーへの入念なヒアリングに基づき、スタッフがページ製作をさせて頂いております。
文章の構成、作成はもちろん、写真撮影、ムービー撮影なども各プロジェクトに合わせて対応、提供しております。
サービス開始以来、プロジェクトの製作数は掲載、非掲載合わせ数百を超えています。
その間私たちは、「クラウドファンデイングに最適なプロジェクト表現」のノウハウを独自に学習してまいりました。
また、お問い合わせ頂くプロジェクト希望者からは、食に関係しない製品などの開発を希望する方も多く、特に海外のクラウドファンディングプラットフォームへの挑戦をサポートして欲しいとのお声が多数寄せられておりました。
電子製品、ガジェット、伝統工芸品と言った日本発のハードウェアを世界に展開したいお客様が本支援プログラムの対象となります。

<クラウドファンディングの定着と発展を目指し>
海外の大手クラウドファンディングプラットフォームでは数十億規模の資金調達をすることも珍しくありません。ところが日本におけるクラウドファンディングの市場は先行するアメリカなどに比べてまだまだ小規模です。

キッチンスターターでは、クラウドファンディングという新時代の資金調達、リサーチ、マーケティングツールとしての魅力をより活用してゆくことが、結果的に日本の市場を拡大させることに直結するとの結論に達し「Made in Japan」を世界のクラウドファンディングに対して発信するお手伝いをしてまいります。

プロジェクト希望者には、キッチンスターターの特徴でもあります入念なヒアリングに基づき、適切と思われるプラットフォームの選定、英語、中国語などへの対応を含め、プロジェクトページのドラフトを製作いたします。必要に応じ、写真、動画の撮影、編集も対応いたします。プロジェクト掲載期間のプロモーションも提供していきます。
第一弾となるプロジェクトは近日公開の予定です。

<製品化へのバックアップ>
Makers Boot Camp(MBC)はスタートアップのものづくりをサポートするハードウェアアクセラレーターです。
クラウドファンディングで成功したハードウェアスタートアップのうち70%以上が製品化の段階で苦労しているとデータがあります。(Secrets of Success Hidden in Kickstarter’s Numbers )同社は、試作から量産化の問題を解決するために「量産化設計(試作)」をスタートアップに向けてサポートしています。


「キッチンスターター」について
世界のキッチンを豊かに、を理念にした日本初の食特化型クラウドファンディングサービス「キッチンスターター」、新しい食体験「クラウドレストラン」などを展開。

株式会社キッチンスターター(代表取締役社長:渡辺浩志)
所在地    :東京都港区北青山3−5−6
電話番号   :03−4588−6358
ウェブサイト :リンク
問合せメールアドレス:info@kitchenstarter.jp


「Makers Boot Camp」について
100% Made in Japan
世界的なものづくり企業が集積する京都をベースに
ハードウェア/IoTスタートアップの量産化設計を支援します。

株式会社Darma Tech Labs(代表取締役:牧野 成将)
所在地    :京都市下京区烏丸通仏光寺下ル大政所町680-1第八長谷ビル 2F
ウェブサイト :リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。