logo

CMerTVは電通の「STADIA」と連携し、テレビCM×プレミアムメディア指定スマートフォン動画広告の効果的な配信をスタート!

株式会社CMerTV 2017年04月12日 10時57分
From PR TIMES



株式会社CMerTV(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:五十嵐彰、以下、CMerTV)は、株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本敏博、以下、電通)が提供する、テレビの実視聴ログに基づくデジタル広告配信・効果検証の統合マーケティングプラットフォームである「STADIA」(スタジア、※1、図1参照)の機能と配信連携することになりましたのでお知らせいたします。

 CMerTVは様々な広告主と、プレミアムメディア(※2)を動画で繋ぐプラットフォームとして、インターネット動画広告配信事業を主力事業として展開しておりますが、特にPerfect View™Network(スマートフォン向け動画広告、パーフェクトビューネットワーク、以下、PVN)を軸にリアル・ディスプレイ・ネットワーク(屋外デジタルサイネージ向け動画広告、以下RDN)など、さまざまな生活シーンに合わせた動画広告を配信してまいりました。

 この度、CMerTVは、電通の統合マーケティングプラットフォーム「STADIA」の広告配信の許諾の取れたテレビ受信機約50万台のデータと連携し、テレビの視聴行動や番組の嗜好性などをベースとしたターゲティング配信を開始します。具体的には「テレビ視聴ログターゲティング」に基づき、『テレビCM×プレミアムメディア指定スマートフォン動画広告』のプランニングと配信が可能となり、テレビCMと紐づいたリーチやフリークエンシーの検証、またブランドリフト調査などの効果検証も可能になります。さらに、テレビCMと動画広告のシナリオ配信(※3)も実現します。

 現在、すでに複数の広告主と実証実験が進んでおります。
今後ますますニーズが拡大していくことが予想され、CMerTVのすべての動画広告プラットフォーム(PVNやRDNなど)を繋ぎ込むことにより、かつてない画期的な動画広告ネットワークが実現し、様々な広告主に対して動画を起点に最適な広告コミュニケーションの提供が可能となります。


(※1)<電通「STADIA」とは>
「STADIA」は統合マーケティングの実践に向けた取り組みのひとつとして、テレビの視聴行動や番組の嗜好性に基づいて「視聴ログターゲティング」(※4)を活用し、ウェブ媒体向けに広告を配信するサービスです。インターネットに結線されたテレビ受像機から取得できるユーザの利用許諾を頂いた実視聴履歴などの視聴情報をもとに特定されたCM接触者に対してデジタル上の広告配信・効果検証を行う仕組みです。

(図1)STADIAの概念図

[画像: リンク ]
(※2):新聞社や雑誌社や専門メディア等の高品質なメディア(媒体)
(※3):シナリオ配信とは、1人のターゲットにクリエイティブを段階的に切り替える配信手法です。
(※4):提供を受けているマスメディアへの接触を推定するアクセスログについて
ユーザが実証実験調査への協力を有効化している場合に限り収集されるデータとなります。これには特定個人を識別できる情報は含まれず、また識別できる仕組みにもなっていないものだけが対象になります。


<株式会社CMerTVについて>


会 社 名:株式会社CMerTV(シーマーティービー)
所 在 地:東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビルB1
代 表 者:代表取締役社長 五十嵐 彰
資 本 金:5億200万円(うち資本準備金:2億4,600万円)
事業内容: 動画CMポータルサイトの運営および企画・立案。 動画CM配信および周辺事業、各種データサービスの提供。動画によるアドネットワーク事業、動画制作・編集ほか。
URL: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。