logo

トランスコスモス、チャット広告メニュー「DECAds(デックアズ)」に Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)を誘導メニューとして追加

トランスコスモス 2017年04月11日 11時00分
From PR TIMES

YDNからチャット広告へ誘導し、幅広いユーザーのエンゲージメント向上を実現

トランスコスモス株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715、以下、トランスコスモス) は、トランスコスモスが提供するチャット広告メニュー「DECAds(デックアズ)」において、ヤフー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮坂学)が提供する広告サービス「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」を誘導メニューに追加しました。



YDNは、Yahoo! JAPANのトップページをはじめ、さまざまな提携サイトのコンテンツページに広告を掲載するサービスです。今回のYDNの追加により、より幅広いユーザーに「DECAds」でアプローチできるようになりました。
トランスコスモスは、今後も有力メディアやプラットフォーマーと協力し、「DECAds」のネットワーク拡大を目指します。

「DECAds(デックアズ)」はトランスコスモスが独自に開発した広告メニューとなります。ユーザーをスマホ広告からチャットへ誘導し、より適切な情報提供やコミュニケーションを行うことで、ユーザーの課題解決や興味関心度の向上をはかり、ユーザーエンゲージメントを高めます。チャットでの対話は、botによる無人対応とオペレーターによる有人対応が選択できます。

トランスコスモスは、チャットを通して蓄積されたコミュニケーションデータに加え、これまで培ってきた広告運用・コンタクトセンターの実績およびノウハウを活用し、より高度でインタラクティブなユーザーコミュニケーションを実現していきます。
[画像: リンク ]

■トランスコスモスのチャットサービスへの取り組み
トランスコスモスは2011年5月より、「ソーシャルメディア運用サービス」の提供を開始し、渋谷ソーシャルメディアセンターと全国のコールセンター拠点と連携しながら、これまで約100以上のお客様企業にサービスを提供してきました。企業のソーシャルメディア活用において、その運用体制や統制、リスク管理やマーケティングの観点から、監視体制を強化したいという要望が多く聞かれる一方で、消費者のデジタル化にあわせた能動的な提案が求められています。このような要望に対し、消費者とのコミュニケーションを広告と連携していくことで、企業のサービスをより多くの消費者に、正しく届けることが可能となります。 また、トランスコスモスでは昨年より、デジタル社会における消費者行動の変化に適応すべく、既存のDigital Marketing、EC、Contact Centerの3つの部門を統合し、それぞれの頭文字を取った「DEC」統括として、お客様へのサービス提供を行っており、今後もこのような広告だけでなく、販売、サポートまでをワンストップに提供していく先進的な運用サービスの提案や、新サービスの開発に積極的に取り組んでいきます。

※トランスコスモスは、トランスコスモス株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です
※「DECAds」はトランスコスモスにて商標登録出願中です
※その他、記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です

(トランスコスモス株式会社について)
トランスコスモスは1966 年の創業以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。現在では、お客様企業のビジネスプロセスをコスト削減と売上拡大の両面から支援するサービスを、アジアを中心に世界31 カ国・171 の拠点で、オペレーショナル・エクセレンスを追求し、提供しています。また、世界規模でのEC 市場の拡大にあわせ、お客様企業の優良な商品・サービスを世界49 カ国の消費者にお届けするグローバルEC ワンストップサービスを提供しています。トランスコスモスは事業環境の変化に対応し、デジタル技術の活用でお客様企業の変革を支援する「Global Digital Transformation Partner」を目指しています。(URL: リンク)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事