logo

大一商事株式会社×横浜美術大学コラボレーション企画「ラグデザインアイディアコンペティション」の入賞作品が製品化 -- 学生の自由な発想によるラグデザイン

横浜美術大学 2017年04月11日 08時05分
From Digital PR Platform


横浜美術大学(横浜市青葉区)の学生がデザインしたラグ4作品が、このたび商品化されることとなった。これは、大一商事株式会社(東京都大田区)が主催する「ラグデザインアイディアコンペティション2016」で採用されたもので、完成品は同社のショールームに展示されている。将来的には、開発した商品を「アニバーサリーコレクション」として展開することも視野に入れ、今後も同コンペを継続していく予定。なお、4月17日(月)には報告会を実施する。


 大一商事株式会社は2016年、横浜美術大学とのコラボレーション企画として「ラグデザインアイディアコンペティション」を実施した。これは、学生の斬新な想像力と企業の技術力で新たな市場開拓につなげることを目的としたもので、「じぶんの部屋で使いたい!」「こういうラグがあったらいいな。」をテーマとして学生からデザインを募集。40件の応募があり、その中から4名のデザインが選ばれた。

 その後、受賞した学生たちも企業の企画会議に参加。自由な発想のデザインを実際に製品化するにはさまざまな条件をクリアすることが必要で、試行錯誤しながら何度も話し合いを重ね、製品化へとこぎつけた。学生たちにとっては日頃の学習が社会でどのように関わっていくのかを実践を通して体験することができ、まさに「生きた授業」となった。
 企業側もこれまでにないデザインに刺激を受け、開発した製品をカタログで「アニバーサリーコレクション」として展開していく予定。今回製品化された作品は、大一商事株式会社のショールームに展示されている。

 なお、4月17日(月)には報告会を実施する。概要は下記の通り。

◆産学連携事業報告会
【日 時】 4月17日(月)13:30~14:30
【場 所】 横浜美術大学本館2階会議室(神奈川県横浜市青葉区鴨志田町1204)

■受賞作品
・優秀賞「ウロコねこ」
 テキスタイルデザインコース2年 相澤芙希
・優秀賞「床上迷彩」
 テキスタイルデザインコース4年 石井晶二
・審査委員賞「はならぐ」
 ビジュアルコミュニケーションデザインコース3年 桶作百穂
・特別賞 「ダイアモンドラグ」
 プロダクトデザインコース3年 傅嘉巍

●横浜美術大学ホームページ
 リンク
●大一商事株式会社ホームページ
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 横浜美術大学 広報係
 〒227-0033神奈川県横浜市青葉区鴨志田町1204
 TEL: 045-963-4066
 FAX: 045-961-7371
 E-mail: hamabi@yokohama-art.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。