logo

ホノルルハーフマラソン・ハパルア2017

ホノルルマラソン日本事務局 2017年04月10日 12時39分
From 共同通信PRワイヤー

2017年4月9日(ホノルル現地時間)

HONOLULU MARATHON ASSOCIATION (ホノルルマラソン協会)

~ベストシーズンのホノルルでリゾートランを走る~
ホノルルハーフマラソン・ハパルア2017
過去最高の参加者数で盛況に終了

過去最高8,339名(内日本人1,937名)がエントリー
今回で6回目を迎える「ホノルルハーフマラソン・ハパルア2017」は、現地時間4月9日午前6時、ワイキキの観光名所デューク・カハナモク像の前から過去最高の人数がスタート。天候は晴れ時々曇りで、まさにマラソン日和となり、ランナーはホノルルの魅力が凝縮されたコースを、それぞれのペースで楽しみながら走りぬけました。
「ハパルア」とは、ハワイ語で半分という意。本大会は、制限時間がないハーフマラソンなので、フルマラソンほどの気負いもいらず、ハワイのベストシーズンに開催するリゾートランとして日本のランナーにも年々人気が高まっています。
大会は多くのローカルボランティアによって支えられ、沿道からは温かい声援が送られるなど、アロハスピリッツを感じながら走ることができます。また、ゴール地点のカピオラニ公園では、友人同士で参加したランナーがお互いの健闘を称えたり、家族で参加したランナーが記念写真を撮ったりと和やかな雰囲気に包まれました。

ランイベント「THE CHASE」に福士加代子(35歳・ワコール所属)が参戦
ホノルルハーフマラソン・ハパルアの名物イベント「THE CHASE(ザ・チエイス)」は、世界で活躍する招待選手 “スーパーエリート・ランナー”が、先にスタートしたローカルのエリートランナーを追いかけるレースイベント。今年は、ハーフマラソンの日本およびアジア記録保持者の福士加代子選手が日本人の女性としては初参加。惜しくもザ・チェイスの入賞は逃しましたが、出場した全女子選手の中で最速を記録し、女子優勝となりました。「苦しいレースとなりましたが、ゴールでは笑顔になりました。この大会は、気持ちよく楽しい大会なので、みなさんもぜひトライしてください!」とレース後にコメント。また、男子の招待選手として日本から参加した八木勇樹選手もザ・チェイスでの入賞は逃しましたが、総合で3位となり、いずれも、その世界レベルの走りに、沿道から惜しみない拍手が送られていました。

大会入賞記録
The Chase ザ・チェイス
優勝:Philip Tarbie  (ケニア)01:03:27
2位:Ryan Tsang (ハワイ) 12分 ハンデキャップ01:16:05
3位:Abraham Kipyatich  (ケニア)01:05:28

男子総合 
1位:Philip Tarbie  (ケニア)01:03:27
2位:Abraham Kipyatich  (ケニア)01:05:28
3位:八木 勇樹  (日本)01:09:31

女子総合
1位:福士 加代子  (日本)01:17:03
2位:Malia Crouse (ハワイ)01:22:55
3位:Kathleen O’Neil(ハワイ)01:23:06

ホノルルハーフマラソン・ハパルア2017 大会概要
大会名称 ホノルルハーフマラソン・ハパルア2017  
 ※「ハパルア」とはハワイ語で「半分、ハーフ」の意味
開催日時 2017年4月9日(日) 午前6:00スタート 
競技種目 ハーフマラソン (21.0975km) 
     ハーフマラソン車椅子競技部門 (21.0975km)
主  催 HONOLULU MARATHON ASSOCIATION (ホノルルマラソン協会)
協  賛 プレゼンティングスポンサー 日本航空
     サポーティングスポンサー  三菱UFJニコス / 佐藤製薬

最終エントリー数 ハーフマラソン8,339名 【内日本人1,937名】
(内THE CHASE 26名(内日本人2名))
 ※車椅子競技部門はエントリーなし

大会報道サイト リンク
大会の画像イメージは、こちらよりダウンロードいただけます。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。