logo

タタコンサルタンシーサービシズとシーメンス、コネクテッド・デジタル・エンタープライズ向けプラント・ソリューションの提供で提携

•タタコンサルタンシーサービシズ(TCS)、シーメンスPLMソフトウェアの製造オペレーション管理(MOM)ポートフォリオを活用したインダストリー・ソリューションを提供

•両社の協力で「TCS Plant Solutions Center of Excellence」を開設し、世界中の製造業に変革をもたらすエンタープライズ規模のデジタル化を推進

•本パートナーシップではTCSがデジタル・エンタープライズへの移行をサポートする包括的なソリューションを共同で開発し、導入まで手がけます

シーメンスの製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアのビジネスユニットであるシーメンスPLMソフトウェアとタタコンサルタンシーサービシズ(以下TCS)は、コネクテッド・デジタル・エンタープライズを実現する包括的なプラント・ソリューション・セットを提供することを目的に、長年の提携関係をより一層強化します。シーメンスの製造オペレーション管理(MOM)ソフトウェア・ポートフォリオ全体を提携対象に含めたことで、TCSは、インド・プネに開設した「TCS Plant Solutions Center of Excellence」でシーメンスのすべてのソフトウェアとサービスを取り扱うことになります。同施設では、これらのソリューションを活用した概念実証により、エンタープライズ規模のデジタル化が世界の製造業を変革していくことを実証します。世界最先端のPLMとMOMのソフトウェア・テクノロジーを活用してデジタル・ソリューションを構築・テストできるユニークな環境を顧客に提供することが本取組の狙いです。

TCSのエンジニアリング&インダストリアル・サービス担当グローバルヘッドのRegu Ayyaswamy氏は、「新設されたプラント・ソリューション・センター・オブ・エクセレンスでは、製造業のお客様がIndustrie 4.0とスマート・マニュファクチャリングの取組みを推進して卓越したオペレーションを実現し、著しい価値を得られるよう、完全統合型ソリューションを提供します。このような取り組みとシーメンスのMOMポートフォリオへの投資は、製造企業がコネクテッド・デジタル・エンタープライズへの移行を辿るためのソリューション基盤となるものです」と述べています。

TCSは、製造企業にMOMに特化したサービスを提供する、高度な技術を持ち合わせた戦略的パートナーのコミュニティーである「Siemens MOM Expertise Alliance Center (MEAC)」に参画します。これにより、TCSは既存顧客だけでなく将来の顧客に対しても高性能なMOMソリューションを提供して製造オペレーションの強化を図る能力をさらに高めることになります。またTCSは、製造実行システム(MES)、生産計画スケジューラ(APS)、品質マネジメントシステム(QMS)、ラボラトリー情報管理システム(LIMS)を含むシーメンスの広範なMOMソフトウェア・ソリューションに関する専門コンサルティング、プロジェクト遂行、実装サービスの提供にも取り組んでいきます。

シーメンスPLMソフトウェアの製造オペレーション管理ソフトウェア担当シニア・バイスプレジデントのRene Wolfは、「TCSは、両社双方のお客様に優れたサービスを提供するためにシーメンスのMOMポートフォリオを全面的に採用した最初のパートナーです。TCSとシーメンスは今回の提携強化により、製品の設計から生産計画、製造エンジニアリング、製造実行、サービスに至るまで、製造業のお客様がデジタル・エンタープライズの価値を余すことなく引き出せるよう支援することができます。TCSはシーメンスのMOMポートフォリオをフル活用したプラント・ソリューションを提供することで、製造オペレーションのデジタル化への移行と管理に変革をもたらします」と述べています。

TCSはシーメンスPLMソフトウェアとの30年来の戦略的提携を通じて、さまざまなレベルでパートナー関係を継続し、クラス最高のコンサルティングや実装サービスを顧客に提供してきました。今回の提携合意により、TCSとシーメンスの絆はより一層強化されます。

シーメンスPLMソフトウェアは、100%子会社のSiemens Industry Software (India) Pvt. Ltd.を通じてインドで事業展開しており、そのソフトウェアは、シーメンスがインドでオートメーションとデジタル化の分野で提供している統合テクノロジー・ソリューションの重要なコンポーネントになっています。

【タタコンサルタンシーサービシズ(TCS)について】
タタコンサルタンシーサービシズは、世界の企業を顧客として革新的かつ業界最高水準のITサービス、コンサルティング、およびビジネスソリューションを提供する企業です。TCSはコンサルティングを基盤とし、IT、BPS、インフラストラクチャ、エンジニアリング、およびアシュアランスサービスを総合的に展開しています。これらは卓越したソフトウェア開発の基準として認識されている、TCS独自のグローバル・ネットワーク・デリバリー・モデル(Global Network Delivery Model™)を通じ、提供されています。TCSは世界有数のコングロマリット(複合企業体)であるタタグループに属し、378,000人を超える最高のトレーニングを受けた人材を世界45カ国に展開しています。2016年3月31日を末日とする会計年度の売上高は165億米ドルに達し、インドナショナル証券取引所とボンベイ証券取引所にも上場しています。 TCSの詳細については www.tcs.com/jp をご覧ください。

シーメンスPLMソフトウェアについて
シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンスデジタルファクトリー事業本部のビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)とMOM(製造オペレーション管理)のソフトウェア、システムおよび関連サービスにおいて世界をリードするグローバル・プロバイダーです。これまで世界140,000社以上のお客さまにサービスを提供し、1,500万ライセンス以上のソフトウェアの販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを本拠地とし、数多くのお客様と協働して各種産業向けソフトウェア・ソリューションを提供しています。これによりお客様がイノベーションを実現し、世界中で競争優位性を常に確保できるよう支援しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細はwww.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

シーメンスAG について
シーメンスAG(本社:ベルリンおよびミュンヘン)は、165年以上もの間、卓越したエンジニアリングとイノベーション、品質と信頼性、そして国際性を象徴するグローバルなテクノロジー企業であり続けています。電化、自動化、デジタル化の分野を中心に世界200カ国以上で事業を展開しています。シーメンスはエネルギー効率に優れた省資源技術を世界でもっとも多く提供している企業のひとつであり、海洋風力発電の建造では世界一、コンバインドサイクル発電では主要サプライヤー、送電ソリューションでは大手プロバイダー、そしてインフラストラクチャー・ソリューションならびに産業向け自動化ソリューションとソフトウェア・ソリューションのパイオニアです。さらにシーメンスは、コンピューター断層撮影や磁気共鳴画像診断システムなどの医用画像診断装置の大手サプライヤーでもあり、また臨床診断および臨床情報技術のリーダーでもあります。2016年9月30日を期末とする2016年度における売上は796億ユーロ、営業利益は56億ユーロでした。2016年9月末現在の全世界の社員数は351,000人です。シーメンスに関する詳細はwww.siemens.comにてご覧いただけます。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴはSiemens AGの登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

関連情報
http://www.siemens.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事