logo

千葉商科大学 -- 取得資格や課外活動も点数化して評価 「総合評価型入試」を全学部で導入

千葉商科大学 2017年04月06日 08時05分
From Digital PR Platform


千葉商科大学(学長:原科幸彦)は、入学希望者の学力検査だけでは計りきれない主体性や協働性等の意欲や実績を多面的・総合的に評価することを目的に、「一般入試・大学入試センター試験利用入試(総合評価型)」を2018年度入学者に向けて新たに導入する。既存の学力を評価する試験の得点に加えて、高校が提出する調査書を総合的に評価し合否を判断する。


 同試験は、「高大接続改革実行プラン」の大学入試改革として文部科学省が提唱する「意欲・能力・適性等の多面的・総合的な評価」を行う入学試験。この入学試験では、アドミッション・ポリシーで定めた求める学生像を鑑み、同大の学士課程の教育にふさわしい人材の獲得をめざす。同大の教育の特長である実社会と連携したアクティブ・ラーニングにおいて、特に意欲を持ち、大きな力を発揮できる受験生を歓迎する。

◆総合評価型入試の概要
【試験名称】 一般入試(前期2科目・総合評価型)
【実施日】 2018年2月1日
【選抜方法】
 学力試験(2教科2科目マーク方式)、書類審査(調査書)
・選択科目(配点 各100点)
 外国語、国語、地理歴史・公民、数学
・調査書(配点 40点)
 評定平均値、出欠状況、取得検定資格、クラブ活動等
【検定料】 32,000円(一般入試(前期2科目)と同時出願とする。)

【試験名称】 大学入試センター試験利用入試(中期2科目・総合評価型)
【選抜方法】
 学力試験(2教科2科目マーク方式)、書類審査(調査書)
・選択科目(配点 各100点(外国語は100点に換算))
 外国語、国語(近代以降の文章のみ)、地理歴史・公民、数学、理科
・調査書(配点 40点)
 評定平均値、出欠状況、取得検定資格、クラブ活動等
【検定料】10,000円(大学入試センター試験利用入試(中期2科目)と同時出願とする。)

◆配点イメージ
 学力試験200点+書類審査(調査書)40点=240点満点

◆調査書 評価項目
○評定平均値
○出欠状況
○資格・検定等の取得状況
○クラブ、生徒会、ボランティア活動等の課外活動状況

▼本件に関する問い合わせ先
 千葉商科大学 入学センター
 TEL: 047-373-9701
 FAX: 047-375-1020
 E-mail: info@cuc.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。