logo

日本初!BARにあるウイスキーボトルの検索機能をHIDEOUT CLUBがリリース!加盟BARのボトル入荷情報やイベントの情報配信もスタート!

株式会社ハイドアウトクラブ 2017年04月05日 13時54分
From PR TIMES

~日本中のBARを探すことができるBARマップも同時搭載~

株式会社ハイドアウトクラブ(本社:東京都品川区 代表取締役:田口雄介)は、2017年4月5日(水)、ウイスキーの無料コミュニティアプリ『HIDEOUT CLUB(読み:ハイドアウトクラブ)』に、今まで実際にBARに行くまでわからなかったウイスキーの在庫をアプリ上から検索できるようし、同時に加盟BARの入荷情報やイベント情報の配信機能を搭載しました。また、合わせて日本中のBARを現在位置からマップで探せる機能を追加し、BAR検索アプリとしても利用可能になりました。
※iOS版は2月末に先行テスト配信していますが、本日4月5日のAndroid版リリースにより正式リリースとなります。
webページ:リンク



[画像1: リンク ]


『HIDEOUT CLUB』とは、飲んだウイスキーの記録や、他人の飲んだウイスキーの感想を見て、コメントを付けられるウイスキーコミュニティアプリです。

2015年の日本のウイスキー市場は前年比で16.3%成長し、5年前と比べて600億円以上もの市場拡大をしております。(※)その結果、女性を含めたライトな消費者にも広がっています。
※出典:富士経済「2016年食品マーケティング便覧」

一方で、昔からウイスキーの重要な提供場所であるBARの国内市場規模は5300億円以上あるものの伸び悩んでいます。(※)これは客層の高齢化だけでなく、新たなウイスキーの消費者である若者にとって、BARはインターネット上において事前情報が少ないこともあり、敷居が高く、なかなか行くキッカケがないといった課題がございました。またBARにとっても、最適な情報提供の場が少なく、BARに興味がある人々へのアプローチする手段が少ないという課題がございました。
※出典:富士経済「2015年外食産業マーケティング便覧」

これらの課題を解決するため、『HIDEOUT CLUB』ではBARの情報配信の手段を提供し、お客にとって事前にBARの雰囲気や飲めるお酒を確認でき、来店のキッカケとなる機能を実装しました。

現在の加盟BARは、東京都の赤坂/池袋/銀座/渋谷/新宿/新橋/高円寺/日本橋、北海道の札幌といった9つのエリアから参画いただいており、今後は加盟BARを増やし日本中のBARと日本中のウイスキー好きを繋げていく予定です。HIDEOUT CLUBに加盟していただけるBARを募集しておりますので、ご興味のあるBARの方はぜひお問い合わせをお待ちしております。


【ウイスキーボトルの在庫表示イメージ】

[画像2: リンク ]


ウイスキーの詳細ページでは、在庫を持つお店を表示しています。


【BARの入荷情報配信の画面イメージ】
[画像3: リンク ]


加盟BARは新入荷したボトルの情報やイベント情報などを
HIDEOUT CLUB会員向けに配信することが出来ます。


【BARページの画面イメージ】
[画像4: リンク ]


BARは自店舗の情報の編集をアプリから自由に掲載可能です。


【個別BARページのボトル在庫表示の画面イメージ】
[画像5: リンク ]


BARが登録したウイスキーボトルは、BARページにも表示されるため、そのBARではどんなウイスキーが飲めるのかを事前確認することが出来ます。


株式会社ハイドアウトクラブでは、2016年2月19日に日本初のウイスキーコミュニティアプリ『HIDEOUT CLUB』をリリースし、現在は約1万人の会員がアプリを利用しています。今後もウイスキーボトルのレコメンドやEC機能、BARの予約機能など搭載し海外への展開も予定しています。
尚、2017年5月14日に、酒類・バー業界注目のビッグイベント「2017リカマン ウイスキーメッセ in Kyoto」にてブース出展を予定しております。

・HIDEOUT CLUB
リンク
・2017リカマン ウイスキーメッセ in Kyoto
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。