logo

テクトロニクス、PRISMプラットフォームでハイブリッドIP/SDIインフラストラクチャのモニタリング機能を強化

テクトロニクス 2017年04月05日 11時00分
From Digital PR Platform


報道発表資料
2017年4月5日

テクトロニクス(所在地:東京都港区、代表取締役:木下 伸二)は、本日、業界初、ソフトウェアベースのハイブリッドIP/SDIメディア解析プラットフォームであるPRISM(プリズム)の機能強化を発表します。PRISMプラットフォームに追加される新機能として、最新規格のサポート、IPビデオ・ネットワーク品質測定機能の強化により、システム・インテグレーションとオペレーションの問題を解決し、トラブルシュート時の詳細解析に貢献します。今回、外部ディスプレイを利用する1RU形状のプラットフォームを追加することにより、ディスプレイ内蔵型の現行3RU製品を補完します。

製品は、4月22~27日に米国ラスベガスで開催されるNAB 2017(全米放送機器展)(ブース番号:SU5006)で展示します。新しい機能強化として、PTP同期タイミングの解析、SMPTE ST 2022-7の冗長サポート、IGMP V3、ネットワーク管理システムに統合するためのAPIサポート、詳細解析のためのIPストリーム・キャプチャ機能が含まれます。これらの機能は、現行のPRISMに搭載されているPIT(Packet Interval Time)ヒストグラムとトレンド・グラフ、EBU-TECH 3337のTS-DF(Time Stamped Delay Factor)の機能に追加されます。リアルタイムIP測定機能により、放送/ITのエンジニアはIPネットワーク問題の原因を特定しトラブルシュートできます。

テクトロニクス、ビデオ・プロダクト・ライン、ジェネラル・マネージャのチャーリー・ダン(Charlie Dunn)は、次のように述べています。「放送業界のIPへの移行に伴い、エンジニアは、ますます複雑に進化しているIPとSDIのハイブリッド環境を管理しなければなりません。PRISMはソフトウェアベースのプラットフォームにより、技術、要求の進化に対応してフィールド・アップグレードできることから、お客様の投資を長期的に保護します」

さらに、次のようにも述べています。「わかりやすいグラフィック表示により、IPネットワーク問題、関係するコンテンツ・レイヤの問題をトラブルシュートするために必要な情報がすばやく得られ、高品質なコンテンツを確実に提供できます。世界規模で業界に採用された一例がGlobosat社であり、ブラジル、リオ・デ・ジャネイロで開催された2016年夏季オリンピック大会のライブIPメディア・サポートでPRISMが採用されました」

NABでは、ライブIPプロダクション・アプリケーションのための機能強化に加え、コンテンツ収録とポストプロダクション・アプリケーションのために、PRISMによるQuad-Link 3G-SDIとSingle Link 12G-SDIによるHDR(High Dynamic Range)4Kフォーマット・サポートを展示します。また、シグナル・インテグリティ検証のための12G-SDIインタフェースによるアイ・パターン測定も展示します。


<テクトロニクスについて>
米国オレゴン州ビーバートンに本社を置くテクトロニクスは、お客様の問題を解決し、詳細の理解を深め、新たな発見を可能にする、革新的で正確かつ操作性に優れたテスト/計測モニタリング・ソリューションを提供しています。テクトロニクスは70年にわたり電子計測の最前線に位置し続けています。
ウェブサイトはこちらから。 リンク 

<テクトロニクスの最新情報はこちらから>
Twitter (@tektronix_jp)
Facebook (リンク )
YouTube(リンク

<お客さまからのお問合せ先>
テクトロニクス お客様コールセンター
TEL 0120-441-046 FAX 0120-046-011
URL リンク

TektronixおよびテクトロニクスはTektronix, Inc.の登録商標です。本プレスリリースに記載されているその他すべての商標名および製品名は、各社のサービスマーク、商標、登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。