logo

楽天ゲームズ、HTML5に特化したソーシャルゲーム・プラットフォーム「RGames」の正式提供を開始

- 独自の開発技術により、多彩な新作ゲームタイトルを提供 -

楽天グループの楽天ゲームズ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:荒木 重則、以下「楽天ゲームズ」)は本日、スマートフォンやパソコンのブラウザで簡単にHTML5(注1)ベースのゲームを楽しめるソーシャルゲーム・プラットフォーム「RGames(ラクテンゲームズ)」の提供を正式に開始しました。



■ 多彩な新作ゲームがプレイできる「RGames」
 「RGames」では、国内大手ゲーム会社のIP(知的財産)を活用して楽天ゲームズが独自に開発した新作ゲームのほか、多彩なオリジナルコンテンツを提供しており、基本無料(注2)でプレイすることができます。株式会社バンダイナムコエンターテインメントが実施する「カタログIPオープン化プロジェクト」(注3)により実現した「パックマン」の横スクロール・ランニングゲーム『パックラン』や、株式会社タイトーが1978年に発売し、世界的なブームを巻き起こした「スペースインベーダー」をモチーフとし、「RGames」向けに開発したシューティングゲーム『インベーダーブラスト』など、直感的な操作性で従来のゲームのファン層だけでなくライト層の方にも気軽に楽しめるラインナップを取り揃えています。その他、自社のIPゲームとしては『ドンドンドラゴン』などを配信するとともに、現在、数タイトルの開発を進めています。
また「RGames」では、ゲーム以外にも様々な機能を用意しています。ユーザー間でスコアを競いあったり「プレイ動画」を共有できる「ソーシャル」機能や、設定された課題をクリアすることで報酬がもらえる「ミッション」機能など、拡散・共有のされやすい機能を用意しています。「ミッション」機能の中には、課題が毎日変わる「デイリーミッション」、プラットフォームで長く遊んでもらうことで獲得できる「スターバッジ」、ゲームごとに課題が設定されている「アチーブメント」の3種類が用意されており、ユーザーを飽きさせることがありません。さらに、ゲーム内でのアイテム獲得に必要な仮想通貨の「メダル」を「楽天スーパーポイント」を利用して購入することができるなど、既存の楽天ユーザーにも遊びやすいプラットフォームとなっています。

■ 楽天ゲームズとHTML5について
 楽天ゲームズ(リンク)は、楽天と米国シリコンバレーに本社を置くBlackstorm Labs Inc.との共同出資による、ゲーム開発および運営会社です。Blackstorm Labs Inc.が有するHTML5でのアプリケーションの開発技術やノウハウを活用してHTML5形式のゲームを制作し、自社プラットフォーム「RGames」で配信します。HTML5で開発されたゲームは、スマートフォンやタブレット、パソコンを含む様々な端末からアクセスすることができ、ゲームのダウンロード(インストール)やアップデートが不要のため、ユーザーはいつでも手軽に最新のゲームを楽しめます。
楽天ゲームズは、HTML5の技術を活用したゲームタイトルの拡充により、ゲームを通じた新しいエンターテインメント・サービスの提供を目指します。

(注1)HTML5とは、HTML(Web上の文書を記述する為のマークアップ言語)の5回目の改訂版で、それまで複雑だった動画や音声、グラフィックの描画といった機能や処理が容易に実装でき、Web上での表現や演出の幅を広げることができるようになりました。
(注2)ゲーム内アイテム課金有り
(注3)「カタログIPオープン化プロジェクト」とは、バンダイ・ナムコ統合10周年記念企画として、株式会社バンダイナムコエンターテインメントが実施している、ネットワークエンターテインメントのさらなる事業領域の拡大を目的とした取り組みです。クリエイター登録することで、カタログIP(同社保有のオリジナルIP)対象タイトルを使った二次創作が、デジタルコンテンツの領域において可能となります。作品の公開は日本国内のみとなります。リンク


<ソーシャルゲーム・プラットフォーム「RGames」概要>
■ サービス概要: HTML5形式の多彩なオンラインゲームが基本無料(注2)で楽しめるプラットフォームです。仮想通貨「メダル」を購入して、ゲーム内のアイテム獲得等に利用することができます。「メダル」の購入やすべての機能を利用するには、楽天会員IDでのログインが必要となります。
■ サイトURL: リンク
■ 主なゲームタイトルと概要:
-『パックラン』: 1980年に業務用ゲームとして発売され、家庭用ゲームやモバイルゲーム、アニメーションなど様々なメディアを通じて今なお世界中のプレイヤーに親しまれている「パックマン」が、ランニングゲームになりました。
-『インベーダーブラスト』: 1978年の発売後、世界的にブームを巻き起こした「スペースインベーダー」をモチーフとし、「RGames」のプラットフォーム特性に対し最適化させた縦スクロールシューティングゲームです。


[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

■ ゲーム以外の機能:
 - 「ソーシャル」: ユーザー間でスコアを競い合ったり、フォローしたお気に入りのユーザーに回復アイテムの「ライフ」を贈ったりできるほか、他のユーザーの「プレイ動画」を視聴することができます。
 - 「ショップ」: ゲーム内でのアイテム獲得に必要な「メダル」を購入できます(ゲーム内のアイテムを獲得できる「メダル」の購入には、「楽天スーパーポイント」が利用可能、またキャリア決済にも対応しています)。
- 「ミッション」: 課題が毎日変わる「デイリーミッション」、プラットフォームで長く遊んでもらうことで獲得できる「スターバッジ」、ゲームごとに課題が設定されている「アチーブメント」の3種類が用意されており、それぞれに設定された課題をクリアするとゲーム内で利用できる「メダル」や「コイン」などが獲得できます。
- 「お知らせ」: 自身のミッション達成状況やフォローしているユーザーからの「ライフ」の受け取り、ゲームの成績によって獲得できる「トロフィー」の実績など様々な情報が通知されるとともに、その履歴を確認することができます。
■ 権利表記: (c) Rakuten Games, Inc.

<「オープニング記念キャンペーン」について>
■ 概要: キャンペーン期間中「RGames」で新規会員登録をされたユーザー全員に「メダル」50枚(500円相当)を贈呈
■受付期間: 2017年4月4日(火曜日)11:00 ~ 5月31日(水曜日)23:59
■「RGames」公式サイト: リンク

以 上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。