logo

コースは自由。ゴールで乾杯。アプリ連動型のランイベント「Runtrip via Omotesando」を5月20日(土)に表参道で開催!

ラントリップ 2017年04月04日 10時00分
From PR TIMES

~みんなで一緒にゴールする、競争が生まれない新感覚ランイベント~

株式会社ラントリップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大森 英一郎)は、ランニングを通じて、人々が競うのではなく“つながる”ことをコンセプトにした、アプリ連動型のソーシャル系ランイベント、Runtrip via(ラントリップ・ヴィア)を5月20日(土)に表参道で開催します。
Runtrip via(ラントリップ・ヴィア)は、ゴールとなるパーティー会場に指定の時間までに到着することを目指すランイベントです。参加者は自分の自宅や駅など任意の場所からスタートし、好きなルートを自分のペースで自由に走ります。走行中は、専用アプリを通じて他のランナーともバーチャルに繋がることができ、お揃いのアイテムを身につけることで街を彩ります。
ラントリップは本事業を通じて、ランニングのレベルや性別・年齢など関係なく、だれもが同じゴールの感動を共有できる機会を提供し、ランニングを「苦しい」から「楽しい」カルチャーへと発展させて参ります。



[画像1: リンク ]

▼Runtrip via HP▼
リンク

■Runtrip via の概要■

1)指定の時間までに好きなルートでゴールを目指そう!

[画像2: リンク ]

Runtrip viaは、ゴールの場所と時間だけが決められており、各ランナーがゴール会場を目指して好きなルート・距離を自分なりのペースで走ります。みんなで一緒にゴールするので、競争は生まれません。だからレベルの高いランナーでも、ビギナーの方でも参加可能。お互いの走りをみんなで讃えて、達成感や感動を共有しましょう。


2)専用アプリで他のランナーと”つながれる”

[画像3: リンク ]

Runtrip viaでは、専用アプリでランニングの軌跡を計測しながら走ります。また、MAPで他のランナーの位置も確認できるため、参加者同士がバーチャルでつながることもできます。GPSによってルートを可視化できるので、ゴール後にランナー同士でどんな道を走ってきたか共有するきっかけとなります。


3)参加者全員が着用するお揃いのドレスコード・アイテム

[画像4: リンク ]

イベント参加者にはドレスコード・アイテムとなるマルチヘッドウェア「Buff」が事前に届きます。お揃いのアイテムを身につけて走ることで、ランニング中に同じゴールを目指す仲間に街なかで出会うことができます。お揃いのアイテムによって街全体に一体感と彩りが生まれます。


4)ゴール会場はドリンク・音楽・食事を楽しめるパーティー空間!

[画像5: リンク ]

Runtrip viaのゴール会場は、フードカーやドリンクブースがあり、音楽が流れる心地のよい空間です。ランニング後の乾杯ドリンクや、DJが選ぶ心地よい音楽と一緒に、ランニングを楽しんだ仲間同士で空間を共有しましょう。初回は表参道の「commune 2nd」が会場です。


▼Runtrip via Omotesando エントリーサイト▼
リンク
[画像6: リンク ]


■株式会社ラントリップについて
本社所在地:東京都渋谷区桜丘町4-15 ホワイトヒル渋谷405
代表者:代表取締役 大森 英一郎
設立:2015年5月15日
事業内容:情報通信業
URL:リンク

■ラントリップについて
株式会社ラントリップは、サーファーがいい波を求めて旅をする「サーフトリップ」のように、ランナーがいい道を求めて旅をする「ラントリップ」というカルチャーを普及させることで、ランニングを「クールなアクティビティ」に変え、世界中の道を「地域資源」に変えることをビジョンとしています。代表取締役の大森自身は学生時代に箱根駅伝への出場経験を持つランナーであり、卒業後にリクルートグループを経て、観光関連企業でPRや集客を担当。また、ランナーのサポートを行うNPO法人の理事にも就任しております。2020年に向けてスポーツツーリズムの気運が高まる中、ランナーに新たな移動の目的を提供し、健康促進と地方創生に貢献してまいります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。