logo

ヴィストラがオプテグラの買収により拠点を拡大

ヴィストラ・グループ 2017年04月03日 18時35分
From 共同通信PRワイヤー

ヴィストラがオプテグラの買収により拠点を拡大

AsiaNet 68048

香港(中国)、2017年4月3日/PRニュースワイヤー/ --
国際的合併、トラスト、信託、個人オフィス、資金管理サービスで世界をリードする法人向けサービスのプロバイダー、ヴィストラ(Vistra)は、ドイツを拠点とする監査、税金コンサルティング、法律相談、経営コンサルティングサービスのスペシャリストであるオプテグラ(optegra)の買収を発表しました。

(ロゴ: リンク )

ケルン、ハンブルク、ミュンヘンにオフィスを置くオプテグラでは、120人の専門スタッフが自動車、情報技術、通信、ヘルスケア、未公開株式、不動産、再生可能エネルギー、エンジニアリングなどさまざまな産業のクライアントにサービスを提供しています。彼らの専門知識によりオプテグラは財務・規制サービス、取引支援、給与計算、税金コンサルティング、管理などに関連した専門的ソリューションを提供するほか、創業支援も行っています。オプテグラの全パートナーは事業完了後も残留し、オルタナティブ投資ファンドやオルタナティブ投資マネージャーへの監査および資金管理サービスの提供など、ドイツでヴィストラが提供するサービスを強化します。

ヴィストラの法人および個人クライアント担当グループマネージングディレクター、アルジャン・シャアプマンは、買収について次のようにコメントしました。「オプテグラは、ヴィストラにとって馴染みがあります。ヴィストラ・アライアンス(Vistra Alliance)のドイツのパートナーとして、わが社は何年間にもわたって同社と緊密に協力してきましたので、正式にヴィストラ・ファミリーに加わっていただけることに沸き立っております。買収により、国際的拡大市場のサービスプロバイダー間に現在見られるギャップを埋めたいと考えています。さらにはドイツの資金管理ビジネスにおけるオプテグラのニッチな位置が、ヴィストラの既存の資金管理プラットフォームと連携するという独自のポジションと大きなチャンスをもたらします。これはまた欧州本土最大の経済国であるドイツにおけるわが社のプレゼンスを大幅に高め、世界中にわが社の拠点を拡大する上での戦略的前進の一歩となります。オプテグラ・ファミリーがわが社のグローバルチームに加わることを歓迎し、共同目標達成のために力を合わせることを楽しみにしております」

オプテグラのマネージングディレクター、アントワネット・ヒーベラー=ハスナーは、「ヴィストラに加わることができ、大変嬉しく思います。ヴィストラのグローバルネットワークによりわが社は、ドイツを越えてアジアほかの重要な市場にまで業績を伸ばすことができ、クライアントは地域で経験豊かな現場のサポートを受けられるようになります。ヴィストラ・ファミリーに加わることを非常に楽しみにしています」と付け加えました。

ヴィストラについて  
世界規模でサービスプロバイダーの上位4社に入るヴィストラは、専門家からなる多才なグループで、比類のないほど広範なサービス・ソリューションを提供しています。当社の能力は、会社の設立のみならず、トラスト、信託、プライベートオフィス、資産管理サービスに及びます。42の管轄区域に渡る68の事務所で2,600人以上の従業員を雇用しています。

詳細情報はリンク をご覧ください。

オプテグラについて
オプテグラは、ケルン、ハンブルク、ミュンヘンに拠点を置き、監査サービス、税金コンサルティング、法律相談サービスを専門に行う中規模の企業グループです。オプテグラのパートナーは、戦略的パートナーシップの原則にコミットしています。多数の専門分野にわたる非常に有能なオプテグラのコンサルタントチームが、産業間の境界を越えた、成功志向で費用効率の高い総合的なサービスを提供します。

ソース: ヴィストラ・グループ


(日本語リリース:クライアント提供)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。