logo

仏シンビオフセル FC EXPOで日産EVに初めて燃料電池を搭載して発表

3月1日(水)、東京ビッグサイトで開催されるFC EXPO (水素・燃料電池展)2017にて、ミシュランとエンジーの長年のパートナーとして活躍するシンビオフセル(Symbio FCell)は、日本のメディアやメーカー、自動車業界の関係者を特別に招待し、燃料電池を組み込んだ5~7人乗りの新しい日本製電気自動車の発表会を開催しました。この自動車は従来を上回る航続距離とゼロ・エミッションで究極の自由度を実現し、都市部の大気汚染対策として期待されています。

大気汚染が依然として問題になるなか、シンビオフセルはゼロ・エミッション実現のために新たな一歩を踏み出しました。同社は商用車という新しい市場を開拓することで、持続可能な環境とグリーン・モビリティのさらなる促進をめざします。

CO2排出規制は都市部ではますます厳しくなっており、都市部の大気汚染への取組みはシンビオフセルなどの主要メーカーにとって、非常に重要な課題です。また、タクシーはそうした都心の大気汚染の主要な原因であると考えられています。シンビオフセルは日本のOEMとの連携により、e-NV200を改造し、航続距離500km以上の700気圧の水素燃料タンクを装備したプラグインハイブリッド水素燃料車を実現しました。燃料補給は数分で完了し、フル接続状態になります。この自動車は航続距離の制限がなく、また都市部の大気を汚染することなく走行できるので、毎日走行するタクシーのために最高の選択肢となります。燃料電池装置組み込みのエキスパート、シンビオフセルは、持続可能な事業としてこのビジネスのさらなる発展をめざしています。

記者発表会ではフランスと日本の今回の相互協力に関する詳細を紹介し、発表会後には東京ビッグサイト東7ホール、E63-42ブースに移動して、実際の車を披露しました。

シンビオフセルについて
シンビオフセルは、フランスの先進的な水素メーカーとして、画期的なグリーン・モビリティ・ソリューションを提供し、電気自動車の航続距離の向上や低炭素経済の発展に貢献しています。燃料電池車および搭載用燃料電池装置システムの設計、製造、販売を行っています。
ツイッター:リンク
LinkedIn:リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事