logo

Digital PR Platformが100年以上続く和歌山の名門紙「紀伊民報」の ニュースサイトと提携開始


株式会社プラップジャパン〔本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木勇夫〕が運営するプレスリリース配信サービスDigital PR Platformは、2017年4月1日(土)より、和歌山の地方紙で1911年から続く和歌山県の名門紙、紀伊民報のニュースサイトと提携し、コンテンツ(プレスリリース)の掲載を開始しました。


【新規に提携する媒体】
 AGARA紀伊民報       リンク
 プレスリリースの掲載一覧  リンク


不確実な情報が氾濫しているインターネット社会の中、Digital PR Platformは良質で信頼性の高いメディアにこだわった配信ネットワークを構築する事で、利用企業のブランド価値を高め、生活者への情報伝達の質を高めるサービスを提供してまいりました。

この度、100年以上の歴史をもち、地方の情報流通をささえてきた「紀伊民報」ニュースサイトとの提携は、配信ネットワークの更なる価値向上と、良質なプレスリリースコンテンツの拡散力強化を図ります。

この度の提携により、本サービスの新聞社・通信社への配信は、プレスリリース配信業界最大クラスの計7社になり、一層の競争力を得るものと考えています
※PR専業事業会社によるプレスリリース配信サービス

■ 本件に関するお問い合せ先
株式会社プラップジャパン Digital PR Platform チーム
info@digitalpr.jp


■「Digital PR Platform」について( リンク
総合PR会社の株式会社プラップジャパンが2011年7月に開始したデジタルPRに特化したリリース配信のプラットフォーム。国内のリーディングカンパニー1200社から、さまざまなジャンルの企業情報やニュースリリースをインターネット上に配信するクラウド型サービス。良質な情報を、良質なメディアを通して生活者へ届けることで、
ギガメディアからソーシャルメディア、アプリまで、さまざまなタッチポイントを生みだします。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事