logo

2017年度春の「JICA海外ボランティア」募集開始

独立行政法人国際協力機構 2017年03月31日 16時00分
From 共同通信PRワイヤー

2017年3月31日

独立行政法人国際協力機構

2017年度春の「JICA海外ボランティア」募集開始
~4月30日まで全国各地で説明会を開催~

 JICA(独立行政法人国際協力機構)では、3月31日(金)から2017年度春の海外ボランティア募集を開始、募集説明会を4月30日(日)まで全国各地で開催しています。
(応募期間は、3月31日(金)~5月10日(水))

 JICAの海外ボランティア事業は、開発途上国の人々のために自分の持っている技術や経験を生かしたいという強い意欲をお持ちの方を、アジア、アフリカ、中南米等に2年間(原則)派遣し、その活動を支援するもので、1965年の事業開始から現在までの51年間に、延べ5万人を超える方が参加しています。
 JICAの海外ボランティアは、応募時の年齢によって「青年海外協力隊」(20歳~39歳)、「シニア海外ボランティア」(40歳~69歳)の大きく2つに分かれており、書類選考と面接で合格者を決定し、健康診断、派遣前訓練の後、2017年12月下旬から順次、赴任国への派遣を開始する予定です。

 説明会では活動紹介ビデオの上映、派遣制度や応募方法の説明、OB・OGによる体験談の発表などの他、個別応募相談、地域ごとのオリジナル企画もあり、応募への不安や疑問を解決していただくことができます。
 各地の説明会の日程は以下のサイトにて公開しております。

リンク

 また、JICAでは、3月26日(日)にBSフジで放送された青年海外協力隊特番「いつか世界を変える力になる(※)」のスピンオフ企画「斎藤工のマダガスカル写真展~いつか世界を変える力になる~」を4月初旬から順次、全国で開催します。
 この写真展は俳優として活躍中の斎藤工さんがアフリカのマダガスカルで活動中の青年海外協力隊・郡山文(こおりやま ふみ)さんを訪ね、現地の小中学校での体育の授業のサポートや、子供たち向けの移動映画館に取り組む郡山さんの様子を、斎藤さん自らが撮影した写真で紹介するとともに、プロカメラマン・和田浩さんが撮影した斎藤さんの写真も公開しています。
 写真展は「JICA地球ひろば」(市ヶ谷)の他、札幌から沖縄まで全国15か所のJICAの国内機関、及び一部の説明会会場でも順次開催予定、全て入場無料です。

 3月26日(日)から先行開催中のJICA地球ひろば(東京・市ヶ谷)会場の開館時間は9時~21時30分、展示期間は4月30日(日)まで。期間中、4月2日(日)、16日(日)は休館します。


 なお、本募集期間、歌手の倉木麻衣さんが、JICA青年海外協力隊CMソング「きみへのうた」で、キャンペーンを盛り上げてくださいます。

※斎藤工さんが出演した「いつか世界を変える力になる」は、全編Youtubeでご覧になれます。
 リンク

また、JICAの海外ボランティアの詳細は、リニューアルした以下のサイトをご覧ください。
 リンク




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事