logo

「スマホでいつでもどこでも」クラウド録画サービスsafie~セーフィー~ PROプラン月額を4月1日よりお得に価格改定

セーフィー株式会社 2017年03月31日 09時19分
From PR TIMES

~90日録画プランが月額3,000円!防犯カメラの「お手軽導入」実現~

ソニー系IoTベンチャーのセーフィー株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:佐渡島隆平)は、2017年4月1日よりIoTカメラのクラウド録画サービスSafie PRO(セーフィー プロ)一部プランの月額料金体系改定と新たなプランを増やすことをお知らせいたします。
録画日数90日プランでは既存のプランより66%以上も月額料金が下がり、さらに多様なニーズへの対応を実現します。
■safie PROページはこちら リンク



[画像: リンク ]


■改定される録画日数プラン
・30日録画プラン 【改定前】 3,000円/月 ⇒ 【改定後】 2,000円/月
・60日録画プラン 【改定前】 5,500円/月 ⇒ 【改定後】 2,500円/月
・90日録画プラン 【改定前】 9,000円/月 ⇒ 【改定後】 3,000円/月
・180日録画プラン 【新】 4,500円/月
・360日録画プラン 【新】 7,000円/月
※この月額費用はクラウドサービスのみです。カメラ本体・設置に関する費用は含まれません。

■価格改定の背景
これまでセーフィーが導入支援してきた小売業やサービス業でのカメラ設置傾向として、1店舗につき3台の導入が多いことから、3台で月額1万円を下回るプランのラインナップを増やして提供することで、さらに多くのニーズに応えることが出来ると考えました。
2020年のオリンピックに向けて、セキュリティ向上や防犯対策の必要性から、IoTを活用した防犯カメラの需要は高まる一方、実際にカメラ設置となると費用面で高額なこともあり導入を諦めるケースがありました。
今回の価格改定によりランニング費用の負担が軽減するため、5年間カメラ利用を想定すると従来の約5分の1の費用で運用が可能になり、今まで導入を躊躇されていた、または既存のカメラからIoTカメラへの変更を検討されている方にも、セキュアな防犯・監視カメラを安価で手軽に導入して頂けることになります。
また、セーフィーを利用できるカメラの機種が2017年3月より、2種から約200種へ増えたことで、より多様な現場での活用が可能になります。

■業種別カメラ設置例と解決出来る問題
【例1】 飲食店
店舗出入口・レジ周り・フロアの3箇所にカメラを設置。
店舗の混雑具合をLIVE映像で確認することや、常習的なレジでの不正行為を振り返ることが可能な90日分のクラウド保存プランで録画されている映像を事務所や自宅でいつでもどこでも振り返って確認することで、早期の問題発見が可能。
(導入事例インタビュー リンク

【例2】 アパート・マンション
建物出入口・ごみ置き場・エレベーター(階段)前の3箇所にカメラを設置。
日常的に不審者やゴミの出し方チェックなどにお役立て頂きながら、年末年始やお盆休暇をゆっくりとった分も振り返ることが可能な30日間録画プランで、起きた問題に対ししっかり映像を振り返り対策を打つことで、居住者に安心快適な住環境を提供。

【例3】 食品工場
出荷した商品の賞味期限が終わるまで録画保存できる180日、360日プランで作業工程の映像を長期保存。
小さな問題でも発覚した時は、いつでもどこでもすぐに録画映像を確認し、お客さまファーストな対応で企業の存続に貢献。

【例4】 建設現場
工事期間中の作業工程や出入りするトラック台数を映像で振り返ることで、不正・誤請求防止、作業の効率化、教育コンテンツとして映像を利用するなど様々な用途で活用。
現場を正確に把握することで、建設業界の成長をサポート。

【その他】
オフィス、介護施設、倉庫、補助金関連施設、金融機関など様々なシーンで業種に合わせた活用が可能。
(導入事例インタビュー リンク

■価格改定で提供する価値
映像を振り返ることで、企業やスタッフの不正行為、現場で起こった問題を明確にし、疑いあう関係ではなく信頼しあえる関係をつくり精神衛生上快適な環境構築が可能になります。
さらに将来的には防犯や監視目的で導入したカメラにアドオン機能として、人数カウントやポスレジ連動などのサービス開発を進め、映像をさらに活用しながら売上・仕組みの改善にお役立て頂ける価値を提供していくことを考えています。

この度サービス月額を値下げして提供出来る理由として、自社で一貫してサービスからプラットフォーム、ビューワーアプリまでを開発することで、コスト最適化をしながらプロダクト構成が可能な点や、約10年前から現在を比べるとクラウドサービスの価格が4分の1以下の安価で利用できている背景があります。
価格面で長期の録画保存に向いていなかったクラウド録画が手軽に個人でも利用できるようになることから、さらにサービスの広がりを見据えています。
セーフィーは「テクノロジーを通じて誰もが安心できる社会を創る」をビジョンにかかげ、カメラ映像をいつでもどこでも簡単にご覧頂ける開発に取り組み、セーフィープラットフォームをご利用頂くことで現在の情報を映像でたくさんの場に届け安心できる社会づくりに貢献していきます。


■「safie」の主な特徴(リンク
・テレビ放送並の画質(HD画質、30fps)でクラウドに映像を保管
・いつでもどこでも、ライブも録画も、アプリでかんたんカメラ管理、映像視聴
・ニーズに応じて自由に選べる録画プラン(7日間~)で、映像をまるまるクラウドに保管・複雑な設定なしで、誰でもオンラインバンク並のセキュリティ
・BtoC向けサービスは月額0円~、BtoB向けサービスは月額1200円~(回線費用は含みません)
・教育業界の書画カメラで世界シェアNo.1のエルモ社、ネットワークカメラのグローバルリーディングカンパニーであるアクシスコミュニーケションズ社のカメラが「safie」対応
・「safie」はクラウド映像プラットフォームなので、他事業者・他サービスとのAPI連携が容易

【セーフィー株式会社の会社概要】
所 在 地: 東京都品川区西五反田1-11-1 アイオス五反田駅前7F
設  立: 2014年10月
資 本 金: 1億500万円(準備金含む)
代 表 者: 佐渡島 隆平
事業内容: クラウド録画・映像管理プラットフォーム『Safie~セーフィー~』の運営

【本件に関するお問い合わせ先】
セーフィー株式会社
鈴木章子
Tel: 03-6417-9556 Email: n.suzuki@safie.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。