logo

中東で初、西洋とアラブの音楽を融合したルチアーノ・パヴァロッティ特別トリビュートをカタールで開催

ロッソイタリアーノ、パヴァロッティ財団 2017年03月30日 10時36分
From 共同通信PRワイヤー

中東で初、西洋とアラブの音楽を融合したルチアーノ・パヴァロッティ特別トリビュートをカタールで開催

AsiaNet 67997

ドーハ(カタール)、2017年3月29日/PRニュースワイヤー/ --

集まった基金はシリアの難民へ

本日パヴァロッティ財団(Pavarotti Foundation)とロッソイタリアーノ(Rosso Italiano)は、カタール駐在イタリア大使、H.E.グイド・デサンクティスと共同で、シリア難民支援の資金を集めるためのルチアーノ・パヴァロッティへのトリビュートコンサート「ブレイブ・ニュー・ワールド(Brave New World)」を発表しました。巨匠の没後10年を記念し、著名なイタリア人および内外のアーティストを集めたコンサートは、2018年2月1日、カタール・ナショナル・コンベンション・センター(QNCC:Qatar National Convention Center)で行われ、巨匠の価値と世界に広がりつつある遺産を称える祝賀会がこれに続きます。

(写真:
リンク )

(写真:
リンク )

ロッソイタリアーノのマネージングディレクター兼共同創立者で「ブレイブ・ニュー・ワールド」の製作責任者であるラウラ・ソンマは、次のようにコメントしました。「このコンサートは、『ブレイブ・ニュー・ワールド』でユニークに調和する西洋、イタリア、アラブの音楽と文化の2つの世界の融合をもたらします。まさしく中東で初めてのものです。このイベントをシリア問題への貢献で記憶に残る一瞬にするための最適のパートナーを、ようやく集めることができました。今後数か月間に他のパートナーにも参加も勧め、来年2月1日には満員の観客を集めたいと考えています」

「ブレイブ・ニュー・ワールド」と題するこのコンサートは、行き場を失って現在ヨルダンの難民キャンプに暮らすシリア人の家族や子供たちを支援するために協力し合うイタリアとカタールの連帯と象徴的なパートナーシップのメッセージです。このイベントで集まった資金は、現在イタリアのNGO、ヴェント・ディ・テラ(Vento di Terra)の保護の下ヨルダンの難民キャンプに暮らす子供たちや家族のために行われている精神・社会的教育プログラムの普及と持続可能性を支援するために使われます。戦争のトラウマを克服するための精神的支援に加え、センターは教育的でクリエイティブな様々な活動を行います。教育、趣味、芸術的活動は回復の過程ばかりでなく、避難所、住み家を求め、うわべだけでも普通の生活に戻ろうとする難民家族に尊厳をもたらす上でも大きな役割を果たします。

カタール駐在イタリア大使のH.E.グイド・デサンクティスは、「パヴァロッティ財団をここドーハに迎え、行き場のないシリアの人々が現在も続く紛争から立ち直れるようにするというやりがいのあるプロジェクトに参加できるのは、大変な光栄です。イタリアは教育を非常に大切にしており、シリア問題を積極的に支援しています。芸術とオペラが、大儀のために我われを団結させます」とコメントしました。

コンサートは、パヴァロッティ財団との協力で「ブレイブ・ニュー・ワールド」を作詞・作曲したカタール人の作曲家ダナ・アル・ファルダンなど、地元および世界の音楽界からすでに強力な支持を受けています。
追加の国際アーティスト、ミュージシャン、パフォーマーが支援を約束しており、年内に発表されます。

ニコレッタ・マントヴァーニは財団の価値を明らかにし、次のように締めくくりました。「ルチアーノ・パヴァロッティは、つねに世界中の若者たちを励まし、支援していました。パヴァロッティ&フレンズ(Pavarotti & Friends)には、崇高な目的のために歌い、演じるという長い伝統があります。夫は、芸術と文化には世界に平和をもたらし国々や人々を団結させる力があると信じていました。『ブレイブ・ニュー・ワールド』は、西洋とアラブの音楽の驚くべき融合でこの考えをすべて表しています。パヴァロッティ財団は、この重要な日にロッソイタリアーノおよびカタールのイタリア大使館と提携できることを光栄に思います。『ブレイブ・ニュー・ワールド』は、より良い明日への希望、シリアの人々への希望のメッセージ、この旅への参加の呼び掛けです」

コンサートと寄付についての全詳細は、以下のウェブサイトでご覧になれます:リンク

ルチアーノ・パヴァロッティ財団について

ルチアーノ・パヴァロッティ財団は、巨匠の死後、妻のニコレッタ・マントヴァーニが設立しました。財団は、彼の思い出と人道支援の存続、およびオペラの世界で第一歩を踏み出したいと願う才能ある新進歌手たちの支援という2つの目的で運営されています。

詳細は、リンク をご覧ください。

ロッソイタリアーノについて

ロッソイタリアーノは、カタールのドーハに拠点を置く総合メディア、イベントデザイン、プロダクションの会社で、民間会社と公的機関両方の心に残るイベントデザインで比類のないスキルを持つ、優れたイベントのプロから成っています。わが社の中核では社会的連帯の推進、カタールの価値観と伝統の尊重に取り組んでおり、他の国や組織との建設的な交流を擁護しています。持たざる人々に希望を与えるというわが社の使命とビジョンに沿って、チャリティーと資金集めのイベントを強力に支援しています。

詳細は、リンク をご参照ください。

ヴェント・ディ・テラについて

ヴェント・ディ・テラは、地域開発と人権擁護難の推進により難民キャンプ、移民地区、紛争地域で国際協力プロジェクトを実行しています。2006年に設立され、中東、アフガニスタン、イタリアで教育、精神・社会的支援、生物気候建築、社会事業、持続可能な農業に積極的に関わっています。2013年から、ヴェント・ディ・テラは一番弱い人たちを支援するプロジェクトでシリアの危機に取り組んでいます。

詳細は、リンク をご覧ください。


情報源:ロッソイタリアーノ、パヴァロッティ財団


(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事