logo

使えるねっと、「マイクロソフトOffice365」データのバックアップ機能を新規追

使えるねっと株式会社 2017年03月30日 08時40分
From PR TIMES

使えるクラウドバックアップでOffice365のメールボックス、連絡先、カレンダー、添付ファイルデータの保護が実現

東京、2017年3月30日 - クラウドサービスプロバイダーとして各種クラウド製品およびサービスの開発・販売を行う使えるねっと株式会社(本社:長野県長野市)は、2017年3月30日より、使えるCloud Backupに新しくマイクロソフトOffice365 メールボックスのバックアップ拡張機能を追加しました。



使えるCloud Backupは、アクロニスと技術提携を結び開発した法人向けのクラウド型バックアップサービスです。システムイメージの完全なバックアップ、重要なデータはもちろん、アプリケーション、ユーザーアカウント、ユーザー設定、OSを含むシステム全体をバックアップ、短時間ですべてのデータを復元することが可能です。昨今脅威となっているランサムウェアへの対策や、事業継続計画(BCP対策)に有効な手段でもあります。データはすべて暗号化され、長野市にある弊社が管理しているデータセンターで保管することにより、柔軟性と可用性の高いサービスをご利用いただけます。

【追加された機能の特徴】
マイクロソフトOffice 365メールボックスのバックアップ機能
メールボックスの保護はもちろん、以下のような便利機能をご利用いただけます。


電子メール、添付ファイル、連絡先、予定表、タスクを含むメールボックスをバックアップと復元
ローカルフォルダ、ネットワークフォルダ、またはクラウド上へのメールボックスのバックアップ
復元操作なしで、バックアップ済みメールボックスのメッセージ内容を参照
バックアップ管理画面からの電子メールメッセージの送信
バックアップ元のメールボックスだけでなく、異なるメールボックスにも復元
送信中データと保存されたデータの、バックアップデータ暗号化
非アクティブなメールボックスのデータ管理


マイクロソフト Office 365は多様な機能性と適切な信頼性を備えた優秀な製品です。しかしながら一方で、幅広い層をターゲットとしている一般市場に向けた製品という性質から、ユーザーエラーや悪意のある第三者によるデータ消去、破損したファイルの保存期間に制限があるなどデータ保持の問題で、一部に課題を残しているのが現状です。 使えるクラウドバックアップはリアルタイムでOffice 365の電子メール、予定表、連絡先、および添付ファイルを保護し、ローカル、ネットワークフォルダ、クラウド上にデータをバックアップ、しかも保存期間に制限がなくデータを管理することが出来ます。

また、Office365製品を扱っているマイクロソフトのパートナー様にもOffice365の販売に使えるクラウドバックアップを揃えることにより、より多くのニーズを満たし、幅広い提案を可能にします。

【プラン価格・オプションプラン】
プラン料金

[画像1: リンク ]



オプション価格

[画像2: リンク ]

使えるクラウドバックアップ」の詳細はこちらからご確認ください。
リンク

2017年3月限定!使えるCloud Backup導入応援キャンペーン開催中
同キャンペーンは、毎年3月31日の「世界バックアップデー(World Backup Day)」にちなんで2017年3月限定で開催。日常生活でも社会全体でもデータの存在がますます重要視されている昨今、定期的にバックアップを取ることに対する意識を高めたいという理念のもと、使えるねっとのクラウドバックアップソリューションを特別割引価格で提供します。今なら、Office365 (5メールボックス)ライセンスもキャンペーン対象です。

World Backup Day特別企画
ランサムウェア対策クラウドバックアップキャンペーン



期間: 2017年3月8日(水)~2017年3月31日(金)17:00まで
特典: 「使えるCloud Backup」1年契約で全てのプラン・ライセンス費用が2カ月分無料に
URL: リンク


キャンペーンは3月31日までの限定開催です。

【使えるねっとについて】

2007年設立。17年の実績(1999年~レンタルサーバー事業開始)と長野市で自社運営を行うデータセンターを活かし、レンタルサーバー、VPS、専用サーバー、クラウドバックアップなど幅広いニーズに対応可能な商品およびサービスの提供を行っています。

URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事