logo

Joren、メディアのアプリ制作から広告導入までを1ステップ化

フラー 2017年03月29日 10時00分
From PR TIMES

日本最大級SSP「fluct」との連携で、アプリの収益最大化を実現

フラー株式会社(本社:千葉県柏市、代表取締役:渋谷 修太、櫻井 裕基)は、当社が提供するウェブサイトをスマートフォン向けアプリに変換することで、誰でも簡単にアプリの制作・運用が可能になる、アプリ作成サービス「Joren(ジョーレン)」にて、株式会社fluct(本社:東京都渋谷区、代表取締役兼CEO:古谷 和幸/代表取締役兼COO:土井 健)が運営するSSP(※1)「fluct」と連携し、アプリ化したメディアでの収益化を可能とする広告機能を追加しました。



[画像1: リンク ]


Jorenは、サービス提供を開始して以来、70カ国以上、5,500件のアプリ作成依頼を受けております。そこで、メディア事業で収益化を行なっている方々へのサポート充実化のため、株式会社fluctの提供SSP「fluct」と連携した広告配信機能を実現しました。今回の機能追加により、メディア事業社の方のアプリ開発から収益化までを1ステップで実現することが可能となります。

アプリユーザーへの効果的な広告配信で、収益の最大化が可能に
SSP「fluct」は、2008年からアプリを含む12,000以上のメディア収益化に取り組んでおり、2016年10月には、iOSとAndroidの広告識別子(※2)を利用したアプリ向けターゲティング広告の配信も開始しております。これにより、ユーザーの趣味嗜好に合わせた効果的な広告を配信することが可能となります。そのため、「Joren」で作成されたアプリのユーザーへの効果的な広告配信により、メディア事業の収益最大化をサポートします。

アプリ開発から広告導入まで1ステップ、作業コスト0で収益チャネルを増加
「Joren」を利用したメディアサイトのアプリ化では、開発にかかる作業・金銭コストを削減しながら、iOS・Androidの両プラットフォームに対応したネイティブアプリが制作できます。アプリの記事更新に関する運用も今まで通りウェブメディアを更新するだけで、アプリにも反映されるため、運用コストを増やす必要はありません。また、従来の広告導入フローではアプリの開発、fluctへ媒体審査申し込み、広告SDKの実装、アプリストアへの配信と4ステップ必要だったものを、1ステップで可能となりました。そのため、「Joren」の申し込み1つで広告が掲載可能なアプリがストアに配信され、既存のウェブサイトに加えてiOSアプリ、Androidアプリと、収益チャネルを3つに増やすことが実現します。

◼︎ アプリ開発から広告導入までのフロー
[画像2: リンク ]



※本プレスリリースは別文面で株式会社fluctからも配信されております。

SSP「fluct」について
SSP「fluct」は、株式会社fluctが運営する、提携する複数のアドネットワークやDSP、純広告など、様々なWEB広告の中から最も収益性の高い広告を配信し、 提携メディアの広告収益最大化および広告効果の向上を図る広告配信プラットフォームです。
※1)SSP:Supply Side Platformの略で、メディアの広告収益を最大化させる仕組み。
※2)広告識別子:ユーザーの趣味、趣向に合わせた広告表示を可能とする識別子のこと。iOSではIdentification For Advertisers(IDFA)、AndroidではAdvertising ID(AdID)と呼ぶ(個人を特定するものではございません)。
URL:リンク
お問い合わせ先:リンク

アプリ作成サービス「Joren」について
「Joren(ジョーレン)」は、ウェブサイトをスマホ向けアプリに変換することで、誰でも簡単にアプリの制作・運用が可能になる、アプリ作成サービスです。2016年の7月頃より海外ユーザー向けに提供を開始し、これまで70カ国以上のお客様から5,500件を超えるアプリ作成依頼をいただいており、2017年1月より日本国内での法人向け提供を開始しました。短時間・低予算でアプリビジネスを開始いただくことができます。
URL: リンク
お問い合わせ先:support-jp@joren.io

【会社概要】
会社名:フラー株式会社
住所:千葉県柏市若柴 178-4 柏の葉キャンパス 148-2 KOIL
共同代表:渋谷 修太、櫻井 裕基
設立日:2011年11月15日
事業内容:スマートフォンアプリ分析支援事業、 スマートフォンアプリ開発支援事業
URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事