logo

GYAOとAmuseが共同で実施する映画製作に向けたオーディション『NEW CINEMA PROJECT』の開催が決定!

株式会社GyaO 2017年03月29日 07時52分 [ 株式会社GyaOのプレスリリース一覧 ]
From PR TIMES

~これからの時代を担う才能の発掘を目指し、監督(オリジナル映画企画)・俳優・ミュージシャンを募集~

ヤフー株式会社(以下Yahoo! JAPAN)の子会社である株式会社GYAO(以下GYAO)と大手芸能事務所の株式会社アミューズ(以下Amuse)は共同で、映画製作に向けたオーディション「Yahoo! JAPAN 20周年企画『NEW CINEMA PROJECT』Powered by GYAO+Amuse」(以下『NEW CINEMA PROJECT』)を開催いたします。




[画像: リンク ]


本企画は、GYAOとAmuseが、これからの時代を担う新たな才能の発掘を目指して共同開催いたします。プロ・アマチュアを問わずオリジナル映画の企画・俳優・ミュージシャンを広く公募するオーディションを開催し、選ばれた監督(オリジナル映画企画)・俳優・ミュージシャンを起用して1 本の映画作品を作り上げるという業界でもユニークな取り組みとなっています。

本日より、第1弾として監督(オリジナル映画企画)の募集を開始いたします。性別、年齢、国籍、プロやアマチュアといった区別は一切なく、規定の400字詰め原稿用紙1枚で応募でき、初心者にも参加しやすいオーディション形式です。応募作品は、「インターネット」「スマートフォン」「シンギュラリティ」といったITをテーマにしたものか、ITに関する記述が作中に何らかのかたちで登場するものとしています。グランプリに輝いた企画は受賞者の方に監督として参加頂くことを視野に入れています。今後は出演俳優、ミュージシャンの応募と続き、最終的にはGYAOが10周年を迎える2018年3月の映画完成を目指しております。さらに、選考の過程をGYAOがYahoo! JAPANと協力して運営する映像配信サービス「GYAO!」にて配信予定です。

「創作者を尊敬し、利益を還元する仕組みを常に構築する」という企業理念を掲げ映像配信事業を展開してきたGYAOと、アーティスト・マネージメント力と映画製作力を持つAmuseのタッグによる新しいオーディション企画の今後にご期待下さい。

『NEW CINEMA PROJECT』概要

【応募サイト】
URL: リンク

【募集内容】

■第1弾 監督(オリジナル映画企画)募集
正賞:グランプリ企画を映画化。(製作予算は5,000万円想定)
副賞:金100万円

■第2弾メインキャスト含めた俳優募集
正賞:第1弾グランプリ企画の映画に出演決定。
副賞:金50万円
※メインキャストを含めその他様々な役にて出演の可能性がございます。

■第3弾 「ミュージシャン」募集
正賞:第1弾グランプリ企画映画の主題歌や音楽に起用。
副賞:金50万円
※グランプリ受賞者は、映画の音楽を手がけて頂きます。主題歌やサウンドトラックなど様々な可能性がございます。

【募集・審査の流れ】
2017年3月29日(水)~2017年5月29日(月)「監督(オリジナル映画企画)」募集期間
2017年6月「監督(オリジナル映画企画)」第一次審査結果発表、通過者は二次審査へ
2017年7月「監督(オリジナル映画企画)」グランプリ企画結果発表、「オリジナル映画企画」確定
2017年7月~8月「俳優」「ミュージシャン」応募受付開始
2017年9月 「俳優」「ミュージシャン」第一次審査結果発表、通過者は二次審査へ
2017年10月「俳優」「ミュージシャン」第二次審査結果発表
2017年11月「俳優」「ミュージシャン」最終審査結果発表、「俳優」「ミュージシャン」確定
2018年3月 映画作品完成予定
※スケジュールと選考方法は変更になる可能性がございます。

【第1弾「監督(オリジナル映画企画)」募集要項】
映像化可能な実写の長編映画企画を募集します。
応募に必要な書類は、原稿用紙面の応募用紙1枚から受け付けます。
あなたが作りたい映画の企画・あらすじを応募用紙(原稿用紙面)に自由に作成してください。
なお、企画・あらすじに関しては「インターネット」「スマートフォン」「シンギュラリティ」といった
ITをテーマにしたものか、またはITに関する記述が作中に何らかのかたちで登場するもので作成してください。
グランプリに選ばれた作品は監督として映画化に関わって頂く予定です。
自由に表現された映画の核を丁寧に読み取らせていただきます!

※応募に際してプロ・アマ、年齢など応募者に一切の制限はございません。
※企画・あらすじはオリジナルかつ未発表作品に限らせていただきます。

【『NEW CINEMA PROJECT』プロデューサーメッセージ】

■荒波 修(あらなみ おさむ)株式会社GYAO 代表取締役社長
<コメント>
株式会社GYAOは「エンターテインメントで世の中を幸せに」をモットーに掲げています。
新デジタル世代を担い、エンターテインメントを共に創る新しい才能への出逢いや情熱ある応募を
楽しみしております。一緒に「世の中を幸せに」できるエンターテインメントを創りましょう!

■川邊 健太郎(かわべ けんたろう)ヤフー株式会社 副社長/COO 株式会社GYAO 取締役
<コメント>
Yahoo! JAPAN 20周年を記念したこの企画でネットやITをテーマにしたどんなシナリオに出逢えるか、
また俳優、ミュージシャンもどんな新しい才能に出逢えるか、とても楽しみにしております。
才能と情熱を解き放つ、多くのご応募をお待ちしております!

■遠藤日登思(えんどう ひとし)株式会社アミューズ 映像製作部 部長 映画プロデューサー
<経歴>
最近の主なプロデュース作品は、『深夜食堂』(15)『続・深夜食堂』(16/松岡錠司監督)、
『俳優 亀岡拓次』(16/横浜聡子監督)、『太陽』(16/入江悠監督)、『岸辺の旅』(15/黒沢清監督)など。
<コメント>
日本映画にはもっとオリジナル作品が必要だと思います。熱意やアイデアの詰まったエンターテインメント企画を本気で求めています。皆さんの応募をお待ちしています。

■筒井竜平(つつい りょうへい)株式会社アミューズ 映像製作部 映画プロデューサー
<経歴>
ギャガ、アミューズソフトエンターテインメントを経て2009年より現在のアミューズ映像製作部に所属する。
主なプロデューサー作品は、『放郷物語』(06/飯塚健監督)、『ソフトボーイ』(10/豊島圭介監督)、『永遠の0』(13/山崎貴監督)、「深夜食堂3」(14/松岡錠司監督、他)、『映画 深夜食堂』(14/松岡錠司監督)、『森山中教習所』(16/豊島圭介監督)など。『永遠の0』では、第38回日本アカデミー賞最優秀作品賞、第33回藤本賞、2015年エランドール賞のプロデューサー賞を受賞。
<コメント>
想いがなければ、映画は生まれない。新たな、尽きせぬ、熱い想いをお待ちしております。

■佐藤宏(さとう ひろし)株式会社アミューズ エグゼクティブプロデューサー マネージメント部 部長
<コメント>
新たな文化を一緒に創りませんか?
新たな時代の風雲児になりませんか?
我々アミューズはそんな「あなた」を探してます!
役者・ミュージシャンだけではなく、企画や監督など「映画」をオーディションにより発掘し、つくり上げることにより今までには思いも付かなかった企画や発想を持つクリエイター、新たな才能と出逢えることを楽しみにしています。たくさんのご応募を心よりお待ちしております。

▼画像は以下よりダウンロードお願いいたします。
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。