logo

渋谷エリア勤務の人が住んでいる沿線ランキング  東京エリア、新宿エリア、品川エリア、上野エリア、銀座・新橋エリアなどでも調査!

株式会社リクルート住まいカンパニー 2017年03月28日 12時00分
From Digital PR Platform


 株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都中央区 代表取締役社長:野口孝広)が運営する不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』は、住まいや暮らしに関する様々なテーマについてアンケート調査を実施しています。今回は、「渋谷エリア勤務の人はどこに住んでいる? 」というテーマの調査を一人暮らしの人に実施し、結果をまとめましたので、一部を抜粋してお知らせします。

-----------------------------------------------
渋谷エリア勤務で一人暮らしの人は何線沿線に住んでいる?
-----------------------------------------------

■京王線と京王井の頭線、JR山手線などが上位に

京王線と京王井の頭線が同率で1位。次いでJR山手線と中央線が同率3位、東急東横線と東急田園都市線、JR総武線が上位に挙がってきています。基本的には乗り換えナシ、もしくは1回という、「乗り換えストレス」を避けたいというのが路線選びの大きな傾向のよう。

なお、現在、暮らしている最寄駅を聞いたところ、男女で若干の違いがあり、男性はなんと渋谷駅と答えた人も。地下鉄成増駅(東京メトロ有楽町線)、ときわ台駅(東武東上線)を挙げる人もいて、副都心線ができ、ぐっと身近になった東武東上線も男性には人気のようです。
他方で女性はというと、千歳烏山(京王線)や板橋本町(都営三田線)など、乗り換え回数や所要時間よりも、住み心地重視で選んでいる人が多いようです。



----------------------------------------------------------
渋谷エリア勤務で一人暮らしの人は最寄駅から徒歩何分の家に住んでいる?
----------------------------------------------------------

■駅徒歩5分以内と10分以内が最多、あわせて半数に!

通勤時間のうち、駅から自宅までの徒歩分数1位は徒歩5分以内、10分以内がそれぞれ25%という結果に。あわせると半数にもなり、3位の7分以内20.2%とあわせると70%以上が駅徒歩10分以内の住まいを選んでいるよう。

4位は徒歩15分以内15.4%となっていましたが、次いで5位にランクインするのが駅徒歩1分で、3.8%という結果に。乗り換えも少なめで、通勤時間も短め、できたら駅チカという、通勤利便性重視の傾向が強いようです。

<記事はコチラ>
▼渋谷エリア勤務の人はどこに住んでいる?~一人暮らし編~
リンク

渋谷エリア勤務の人はどこに住んでいる?~二人暮らし編~
リンク




このほかにもSUUMO内では、下記のエリアにおいて調査しています。

●東京エリア編
リンク
●新宿エリア編
リンク
●横浜エリア編
リンク
●品川エリア編
リンク
●上野エリア編
リンク
●銀座・新橋エリア編
リンク
●六本木エリア編
リンク



また『SUUMO』内の『なんでもランキング』『賃貸居住者に聞く!気になるランキング』コーナーでも、住まいに関する様々なテーマについてアンケートを実施し、結果をまとめた記事を発表しています。

▼『なんでもランキング』記事一覧ページ
リンク
▼(参考)「イベントの余興で、盛り上げてほしいタレントはだれ?」
リンク





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事