logo

AJSの設立30周年を記念した書籍『而立(じりつ)~決意と誇りのシステム統合プロジェクト~』を出版

TISインテックグループ 2017年03月24日 13時00分
From PR TIMES

TISインテックグループのAJS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:河崎一範、以下 AJS)は、会社設立30周年を記念した書籍『而立(じりつ)~決意と誇りのシステム統合プロジェクト~』(以下、『而立』)を出版したことをお知らせします。



『而立』は、旭化成株式会社の情報システム子会社として誕生したAJSの設立30周年の節目に記念書籍を出版することで、次の時代の経営者と社員に、これまでの自社の歴史とさまざまな出来事、そこに込められた人々の思い、「矜持」などを伝えていくことを目的に出版しました。
本書では、約6年におよぶ旭化成の大規模システム構築プロジェクトを物語の中核に据え、「3万人の従業員を抱える大企業の経営者としてのプライドと、システムエンジニアとしてのプライド」という交錯する2つの正義や、プロジェクト完遂までの紆余曲折を描いた内容は、システムやITにそれほど興味のない方でも読みやすいビジネスドキュメンタリーとなっています。全国の書店やオンライン書店でお買い求めいただけます。

<書籍の概要>
◆タイトル:『而立(じりつ)~決意と誇りのシステム統合プロジェクト~』
◆AJS株式会社設立三〇周年 書籍編集委員会・著
◆2017年2月16日配本
◆ISBN:08410-6
◆四六版-上製 /1,500円(税別)
◆発行:ダイヤモンド・ビジネス企画
◆発売:ダイヤモンド社

◆目次:
序章   それは、一人の涙から始まった
第1章 脱・旭化成、ぬるま湯からの脱却
第2章 社運を懸けた100億円プロジェクト
第3章 経営に資するシステムであるために
第4章 裏で下されたさまざまな決断
第5章 新風吹く
第6章 AJSという新たな個性
エピローグ ―― 「矜持」を伝えた30年
沿革
[画像: リンク ]



【AJSについて】
TISインテックグループのAJSは、「経営に資するIT」の提供を目指し、SIビジネスの受託開発、クラウドなどのサービスソリューション提供、人事考課システムなどのパッケージソリューション提供を行っています。グループのブランドメッセージである「Go Beyond」を合言葉に、お客様の成長戦略を支えるITブレインとして、「デジタル経営」の進化と深化に貢献します。リンク

【TISインテックグループについて】
TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。


本リリースに記載された会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。