logo

バブルウィッチ3、大人の遊び場がニューヨークに登場!

King 2017年03月24日 10時00分
From PR TIMES

「ハイスクール・ミュージカル」でお馴染みのヴァネッサ・ハジェンズも参戦



[画像: リンク ]



イベント会場にて参戦したヴァネッサ・ハジェンズさん

東京、2017年3月24日: カジュアルエンターテインメントカンパニーとして業界をリードし、世界中で人気の「キャンディークラッシュ」等を手がけるKingは、最新作の「バブルウィッチ3」がテーマになった特設イベントを本日よりニューヨークにて開催しています。

今回の特設イベント会場では、バブルに見立てた風船をふんだんに使いバブルウィッチ3の世界を忠実に再現しています。また日本でも話題になっている脱出ゲームやレーザータグで遊べるスペースもあり、文字通り「大人の遊び場」となっています。レーザータグはステラチームとウィルバーチームに分かれて遊べるように設計されており、リアルな「息抜き」をニューヨークから発信しています。

King独自で実施したアンケート結果によると、90%の人が「現代社会はストレスで溢れていると感じる」と回答し、ストレス解消につながる非日常的なイベントを探していることが分かりました。また、そのうち71%がストレス解消に必要な時間は1日当たり数分で良いと回答しており、その大半がモバイルアプリなどを使用してストレスを解消しているとの結果が出ました。

今回のイベント初日には、ヴァネッサ・ハジェンズさんも登場し、『撮影の合間に数分で遊べるバブルウィッチ3を楽しんでいます。ゲーム内でもレーザーのように軌道が出て、思い通りの場所にバブルを飛ばせるからスッキリします。今回の会場にはゲーム要素がリアルに再現されていて、まるでバブルウィッチ3の世界に入り込んだようです。』とコメント。

またKing Japan株式会社の代表取締役、枝廣 憲は下記のようにコメントいたしました。
『“息抜きスマゲー”を展開しているKingだからこそ実現できた今回のイベントでは、多くの方にストレス解消の場を提供させてもらいました。日本もストレス社会と言われ続けていますが、King Japanとしても同様なきっかけを今後ご提供できたらと考えています。』

■バブルウィッチ3とは
バブルウィッチ3は、画面下部から発射するバブルと同じ色のバブルを3つ以上くっ付けて消す、バブルシューティングゲームです。

前作から成長したステラと一緒に飼い猫のネロが冒険に出掛けます。本作から悪役として登場しているぽっちゃり猫のウィルバーも、実はステラの飼い猫。悪魔のモルガナから邪悪な魔法をかけられて、大暴走してしまいます。我を忘れ、制御不可能となってしまったウィルバーを邪悪な魔法から開放するために新たな冒険へ出掛けましょう。

本作では新しいバブルやアイテムも登場し、バブルの軌道がより鮮明に表示されるなど改善点も多く含まれています。現在、220以上のレベルが展開されており「バブルを全部消そう!」、「ゴーストを逃がしてあげよう!」、「オーティスを助けよう!」、「ウィルバーを倒そう!」の全4種類のゲームモードをクリアすることで、次のレベル・エピソードに進むことができます。また、Facebookと連携させる事で、友人間で協力したり、マルチデバイスでの同期機能によりパソコン、携帯、iPad等どの端末からも既存のレベルからゲームを再開することが可能です。

■サービス概要
ゲーム名称: バブルウィッチ3
URL:リンク
制作会社: King

ダウンロード:
App Store - iOS端末(iPhone、iPad、iPod touch)
リンク

Google Play -Android端末
リンク


【Kingについて】
Kingは、モバイル業界をリードしているカジュアルエンターテインメントカンパニーです。2016年の第四四半期には、月間アクティブユーザー3.55億人のネットワークを誇り、200以上のオリジナル・コンテンツをking.com、royalgames.com、Facebook、モバイル配信(Apple App Store、Google Play Store、Microsoft Windows App Store、Amazon Appstore)など世界中に展開しています。Kingは、2016年2月にアクティビジョン・ブリザード(NASDAQ: ATVI)の傘下になり、ストックホルム、マルメ、ロンドン、バルセロナ、ベルリンおよびシアトルにゲームスタジオを持ち、サンフランシスコ、マルタ、東京、およびブカレストに拠点を構えています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事