logo

「SPIRIT(スピリット)」を媒介に進む“ワークスタイル変革” 益々増加するインフルエンサーに対する企業のニーズ 企業と向き合う“インフルエンサー向けの教育セミナー”を開始!

LIDDELL株式会社 2017年03月22日 10時14分
From PR TIMES

~自分をブランド化して、新しい活躍の仕方を開拓していく「個人の時代」~

インフルエンサーマーケティングを行うLIDDELL株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役:福田晃一、以下リデル) は、インフルエンサーの影響をPR活動等に活用したい企業とのマッチングを図る国内シェアNo.1プラットフォーム「SPIRIT(スピリット)」を運営しております。当社では多様化する働き方が求められる現代社会において、インフルエンサーの社会的な活躍の場も「SPIRIT(スピリット)」が提供できるものと考えています。そうした背景を受け、リデルは企業からのPR依頼を受けるインフルエンサーを対象に、ステルスマーケティングが何故ダメなのか?企業コンプライアンスへの意識や責任感を醸成する、「インフルエンサーGrowthセミナー」を開始いたします。



[画像1: リンク ]


広報の作業ベースによる切り出し発注を実現し、「メディア(インフルエンサー)」と「ターゲット層(フォロワー)」を企業活動のパートナーへ

「SPIRIT(スピリット)」には、「価値観」でつながり「共感」で結ばれたコミュニティへの影響力を持つインフルエンサーがおよそ1万8,000人以上登録しています。当社独自の特長として、「マイクロ インフルエンサー」と呼ぶInstagramでフォロワーを10,000~100,000まで擁する特に影響力を持つインフルエンサーや、美容、健康、ママなどの専門領域に強みを発揮する「バーティカル インフルエンサー」が所属しています。また、プロップ(小道具)を魅力的にスタイリングする「プロップ スタイリスト」と呼ぶInstagramへの投稿におけるビジュアルプロデューサーが活躍できる環境も整備しています。

パーソナルブランディングに長け、それを活用する個人が増えている現在のSNS文化において、自分のブランド力が高い人は自分だけのフォロワーを持っています。今、企業が望むのはそのフォロワーへのリーチ以上に、インフルエンサーと自社における関連付けにあり、両者は尊重し合って関係を築いています。いわばパーソナルブランディングが企業ブランディングをアシストしている時代と言えます。

「プロではないけれど得意なこと」、「隙間時間に手伝えること」、「顧客の気持ちが分かること」など、企業のニーズに対応できる個人が増大しています。こうしたことから、インフルエンサーの活用は新たなワークスタイルの潮流をもたらしています


インフルエンサーと企業のさらなる信頼関係の構築のために

リデルは、ワークスタイルに変革をもたらすインフルエンサーが企業からの依頼に対して、「安心」や「信頼」を得られる為に、より能動的なインフルエンサーとして成長していただくことを目指します。

<インフルエンサーGrowthセミナー>
【日時】2017年4月18日(火)18:00 ~20:00※日時は変更になる場合がございます。
【会場】LIDDELL(リデル)ミーティングルーム 住所:東京都渋谷区神宮前3-7-5青山MSビル9F
【対象】SPIRIT(スピリット)に所属しているインフルエンサー(先着20名様まで)
【費用】無料
【内容】
1.自分本位ではなく企業の依頼のゴールを考える。
2.案件をスムーズに対応するためのビジネス用語、ビジネスマナー、ビジネス表現の基礎。
3.企業コンプライアンスやステルスマーケティングについて。
4.税金や確定申告などフリーランス、副業時の基礎知識や注意点。
5.その他、企業との交流やトレンド共有など。
[画像2: リンク ]



<企業情報>
会社名:リデル株式会社/LIDDELL Inc.
代表者:代表取締役CEO 福田晃一
本社:東京都渋谷区神宮前3-7-5青山MSビル9F
クリエイティブオフィス:東京都港区南青山4-17-4四神ビル2F
事業内容:インフルエンサーマーケティング&ソーシャルメディアマーケティング
連絡先:メール:info@liddell.tokyo 電話:03-6432-9806
URL:リンク

<国内シェアNo.1インフルエンサーマッチングプラットフォーム「SPIRIT(スピリット)」>
#SPIRIT(スピリット):リンク
#企業専用URL:リンク
#インフルエンサー専用URL:リンク
#インフルエンサーズメディア「Yellow Post(イエローポスト)」:リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
リデル株式会社/ LIDDELL Inc.  担当:関根  
メール:sekine@liddell.tokyo  電話:03-6432-9806

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。