logo

写真界の次世代を担う若手を発掘する 第16回写真「1_WALL」展 本日より4月14日(金)まで開催!


株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)が運営するギャラリー「ガーディアン・ガーデン( リンク )」では、本日より4月14日(金)までの期間、第16回写真「1_WALL」展を開催いたします。

――――――――――――――――――――
第16回写真「1_WALL」展
――――――――――――――――――――
ガーディアン・ガーデンでは、個展開催の権利をかけた公募展、第16回写真「1_WALL」展を開催します。
ポートフォリオ審査による1次審査と、1対1で審査員と対話をする2次審査を通過したファイナリスト6名が、1人1壁面を使って作品を発表するグループ展です。会期中の3月23日(木)には、グランプリを決定する公開最終審査会を開催します。ファイナリストによるプレゼンテーションの後、一般見学者にも公開される審査員による議論を経て、グランプリが決定します。グランプリ受賞者には1年後の個展開催と個展制作費10万円、パンフレット制作の権利が贈られます。

今回の「1_WALL」は、前景の対象物を越えて、光が作る奥行きや広がりをモノクロームで定着させた阿部直樹、絶滅した部族から着想を得て、正体不明の何者かとその物語を構成する白井晴幸、インドが抱えるカースト制度と学歴社会の問題をドキュメントした千賀健史、メモをとり記憶に残すように身近な物にレンズを向けた富澤大輔、5 年ぶりに帰った故郷の変化に驚き、改めて故郷を撮り下ろした藤澤洸平、孤独と愛情、内と外など、精神的・地理的な境界をテーマにした姚 遠の6名が展示します。写真を通して、自らと世界の関わりを問う作品が多く集まりました。
一体、どの作品がグランプリを獲得するのか、今後の活躍が期待される若手作家の作品をお楽しみください。   
――――――――――――――――――――
開催概要
――――――――――――――――――――
<展覧会概要>
■企画展名: 第16回写真「1_WALL」展
■会期  : 2017年3月22日(水)〜4月14日(金)11:00~19:00 日曜・祝日休館 入場無料
■会場  : ガーディアン・ガーデン
〒104-8227 東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビル地下1階
TEL 03-5568-8818 リンク

※公開最終審査会のご案内:2017年3月23日(木) 18:00~21:00  入場無料
観覧は要予約 TEL 03-5568-8818(予約受付時間:11:00~19:00 日曜・祝日休み)
――――――――――――――――――――
ファイナリスト(展示順・敬称略)
――――――――――――――――――――
阿部直樹
白井晴幸
千賀健史
富澤大輔
藤澤洸平
姚 遠
――――――――――――――――――――
審査員(五十音順・敬称略)
――――――――――――――――――――
飯沢耕太郎(写真評論家)
菊地敦己(アートディレクター)
鈴木理策(写真家)
高橋 朗(PGIギャラリーディレクター)
百々 新(写真家)
――――――――――――――――――――
「1_WALL」とは
――――――――――――――――――――
「1_WALL」は、リクルートホールディングスが運営するギャラリー、ガーディアン・ガーデンでの個展開催の権利をかけた、グラフィック、写真の2部門からなる公募展。グランプリに到達するまでに、ポートフォリオ審査に始まり、審査員と1対1で行うポートフォリオレビュー、ファイナリスト6名によるグループ展と会期中の公開最終プレゼンテーションに至るまで、何度も自分の作品と向き合うことになります。その過程こそが「1_WALL」というコンペティションなのです。
――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事