logo

台湾初の「ワンストップ」、面倒なことを簡単に

Chan Yun Enterprise Co., Ltd. 2017年03月16日 17時37分
From 共同通信PRワイヤー

台湾初の「ワンストップ」、面倒なことを簡単に

AsiaNet 67823

モバイルインターネットで、台湾葬儀業も会員制を採用

【台北 2017年3月16日PR Newswire=共同通信JBN】

スマホの広めた便利な生活になって、ネットショップ、サービスは旅行予約のほかに、伝統的な葬式も一つのサイドで全て計画できるように成った。モバイルインターネット広めた社会で、終活サービスをクラウドストレージ世界初の「51国民契約」プラットサービス3月15日正式的に始まりました。展雲株式会社が世界業態改革に合わせて構築した「51国民契約」は50歳以上シニア世代向け。51元(台湾元)で誰でも保証が得られ、毎月1元の契約、事故で亡くなった場合は無料で葬儀サービスする。さらにワングリックで契約が出来る、簡単なシステムで葬儀や納骨堂、法律支援などが総合されたワンストップサービスを提供し、一度会員参加すれば人生の最終期まで保障が得られます。

Photo - リンク

世界が「終活」ブーム、葬儀業の業態改革は一刻も待ち止めれない

健康な老後生活や良き最終章を送る意識が上がって、生と死の課題や最終期の準備に関する話題になった。終活計画は台湾のシニア世代にとって、新たの課題なり。近年、終活計画は世界において革新的多様な方向へ発展した。日本では「終活」という言葉は2009年に週刊朝日に掲載されたホットトピックになっています。日本CTI調査によると、約30%-40%の人が終活の概念がありエンディングノートを書き始める。さらにそのうちの七割が煩雑な終活に対応できるサービスを望んでいる。2016年にアメリカのスタートアップ企業Cakeは、人が亡くなる前に様々な準備できるサービスを提供することで注目されている。一方、世界のデジタル化の流れて、葬儀業も業態改革を始めった。アメリカのオンライン遺産計画会社Willingにおいて、ネットユーザーで遺言状を作成し、ワンストップですべての資料が集まり。それ以外、「インターネット+葬儀の運営とサービス」中国の葬儀業界今後の発展方向となり、注目話題なった。葬儀業界今後の成長も期待されている。台湾内政部データによると、台湾では葬儀業界毎年経済規模約600億元であり、アメリカさらに180億ドルに上っています。

世界初の「51国民契約」、誰でも購入できる人生最終期保障

50代は定年生活を計画時期で、周りの親友が突然事故有った年となり、シニア世代には当然起こすことです。その上で、「51」という言葉は、50代の方第一歩は、誰でも簡単に最終期契約出来るの「51国民契約」。

「国民」というのは、貧富問わず皆さまが簡単に手に入生前契約。安心、簡単なサービス契約で生前計画のオープンプラットフォームや台湾各地で起こった事故対応、煩雑な終活手続きに、お困りのシニア世代に迅速・丁寧なサポートを提供します。

今までの生前契約や現物給付保険と違って、「51国民契約」は将来の葬式や納骨堂に事前払いなく、長期間に高額な保険料を支払うこともなく、51元で契約者できる。しかも生涯にわたって入会当初の市場価額の25%オフというオンライン会員限定の優遇価額で葬儀、納骨堂と法律支援などのサービス。時間とともに変動する物価とインフレに影響されることなく、一人が参加すれば家族全員もこの優遇価額で購入できます。

または、「51国民契約」契約後51ヶ月のうちに、契約者が事故で亡くなった場合は8万元(台湾元)の無料安心葬儀サービスを提供します、お料金は相当1ヶ月1元。「ワンクリックで履行」の24時間お問い合わせ、サービスや「ワンタッチセンター」の専門コンサルティング、総合されたワンストップ終活サービスを含め、「51国民契約」は葬儀業のオンラインコンビニを設立することを目指している。

「弊社は"安心・簡単"な終活サービスを創りたいです。契約者が思わぬ重大な出来事に直面したときや人生の最期をプランニングするとき、様々な資源が統合されたオープンプラットフォーム技術で、葬儀業の情報の非対称性を解消し、最も完璧で専門的なワンストップ終活プラットフォームを提供しようとしています」。さらに、「''51国民契約''は時代の流れに乗り遅れないよう、クラウドとモバイルテクノロジーも導入しており、すべての人に同等なサービスや保障を提供する世界初の終活ワンストップサービスプラットフォームです。そして、台湾葬儀業の業態改革を象徴するマイルストーンでもあります」と展雲株式会社の投資ディレクター、陳聖中さんは述べます。

「台湾の葬儀業の成長は世界に引けを取りません。展雲は以前から現代化で質の良いサービスを提供することに取り組み、気配り・思いやりを持って全身全霊でお客様一人一人に最善なサービスを提供します。そして企業の社会的責任を果たし、''51国民契約''のプラットフォームを通じて、国民の間で終活の概念を広めたいと考えています。熟年世代の力になって良き人生の最期を支援するだけでなく、自ら葬儀業界でハイテクとイノベーションを融合する先駆けとなり、業態改革や産業のグローバル化につながることも図っております」とさらに陳さんは言います。

シニア世代の終活夢を実現し 満足な最終章を送る
前半生は一生懸命仕事をしてきましたが、自由自在な老後生活を楽しむのにどうしたら良いでしょうか。若い頃に叶わなかった終活夢を如何に実現し、満足な人生を送るのでしょうか。思わぬ出来事、高額な医療費と煩雑な手続きに、悲しい感情を抑えて理性的で冷静に対応するのにどうしたら良いでしょうか。日本の終活ブームと台湾の高齢者増において、消費者は熟年世代に気を配って且つ心理的・実質的な需要を満たせるサービスを望んています。「51国民契約」は展雲の第一歩であり、これからも絶えずに内容豊かなサービスを増やし、シニア消費者により安心なシニア生活を提供させていただきます。「51国民契約」の詳細はホームページをご覧ください。

リンク

###

【展雲について】
展雲株式会社は1995年に設立され、「自然に適応し、世代を超える感情」 という理念を持ち、長年にわたって積み上げてきた実務経験と専門的な管理技術に基づいて満足していただけるライフエンディングサービスを提供する会社です。華人社会で簡単で安心できるシニア生態系を創ることを目指しています。

信念と使命ー「自然に適応し、世代を超える感情」

二十年間、展雲は「自然に適応し、世代を超える感情」という理念を貫いており、人生を満足に終えた、亡くなった方の安らかな眠りを祈るほか、遺族も心置き無く別れを告げ、感謝の気持ちを持てるように努力しています。

展雲事業は長年にわたって積み上げてきた実務経験と専門的な管理技術に基づき、台湾市場を二十年間経営している業界の上位3位に入るブランドです。技術、管理とサービス面も国際品質標準の認証を受けています。2015年にKPMGに依頼し、墓地設計業務、専門技術の輸出、専門コンサルタントの駐在指導、墓地の委託管理、墓地運営と専門人材養成といった、計六種類の台湾展雲海外業務サービスを計画してもらいました。2016年に導入された革新的なビジネスモデル「終活サービス」は産業の幅を一層拡大して経済規模と競争力を高めるだけでなく、満足していただけるライフエンディングサービスと定年退職後のライフプランも提供できるようになりました。2017年に展雲は本格的なデジタルイノベーションを始め、三月に運営開始の51国民契約終活サービスプラットフォームはもちろん、これからも産学官の経験と資源を結びつけて、次々と熟年生活サービスのプラットフォームを世に送り出し、華人社会で簡単で安心なネット葬儀サービスを創ることを目指しています。

【お問い合わせ】

展雲事業株式会社マーケティングコンサルタント 周丹菁Tina Chou
Tel: 02-2182-2939 #8536  Mobile: 0933-764-233
email: danching.chou@gmail.com

頤徳国際株式会社副社長  トウ文勤 Peter Teng
Tel: 02-2704-3024 #168 Mobile: 0936-115-461
email: peter@veda.com.tw

(日本語リリース:クライアント提供)




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。