logo

ウェスティンホテル&リゾート『世界睡眠デー』に向け、旅行中の休息時間の確保をサポート

マリオット・インターナショナル 2017年03月16日 16時35分
From PR TIMES

~快眠をサポートするというブランドポリシーの下、「世界睡眠デー」に合わせ#SleepStrongへの投稿キャンペーンと新たな快眠プログラムをご用意~

今日のホスピタリティを牽引するマリオット・インターナショナル(本社:米国 メリーランド州、社長兼最高経営責任者:アーン・ソレンセン)が展開するブランドのひとつである「ウェスティンホテル&リゾート」は、本年3月13日、世界の旅行者を快眠に導く新しいプログラムをスタートしました。



[画像: リンク ]

当プログラムでは、インスタグラムやツイッター上で、ハッシュタグ#SleepStrongをつけ、“最高の休息”を投稿していただくと、睡眠時間を確保する新たなムーブメントを奨励する活動を進めている世界睡眠学会の支援に繋がります。

世界睡眠学会は、世界のスリープヘルス増進を目的に活動する非営利団体として高い評価を得ており、その理念は、質のよい夜間の睡眠がもたらす効果についての認識を高めるという、ウェスティンのブランドポリシーに通じます。かつては、夜遅くまで活動し朝は早く起きることを推進する風潮があったこともありますが、今のオピニオンリーダーやトレンドセッター、そして旅行者も、休息を取ることの重要性を訴え始めています。

「過密スケジュールと常時オンの状態が求められる現代生活では、質の高い夜間の睡眠を重視する動きが活発になりつつあります。旅行中、睡眠時間が短くなる人の割合は約65%を占めているというデータもあります。お客様がしっかり眠り、すっきり目覚めるようサポートすることは、お客様のウェルビーイングをお約束するというウェスティンのポリシーに合致しており、また、生産性のよい活動や大きな意味でのウェルビーイング(健康)に至るまで、あらゆることに眠りが大きく影響することの周知にもつながります」(ウェスティンホテル 上席副社長兼グローバルブランドリーダー ブライアン・ポビネリのコメント)

ベッドに入ってパワーオフ!#SleepStrong
睡眠時間の確保を「ベッドタイム・コール」サービスがお手伝い
ウェスティンでは、お客様が旅行中もウェルビーイングのコントロールを取り戻し、また最高の休息を得られるよう、常に新しい方法を模索しています。 2017年3月13日より4月末まで、お客様がお休みになるべき時刻にベッドに入り、パワーをオフにして眠りに就けるよう、ご希望によりリマインダーを設定できる「ベッドタイム・コール」を試験的に導入いたします。世界睡眠学会のガイドラインに基づき、お客様が翌朝起きなければならない時刻に合わせて、サービスエキスプレスチームが「ベッドタイム・コール」を設定するサービスを、ご希望によりご利用いただけます。

「睡眠の専門家がもっともよく受ける質問は、理想的な睡眠の長さについてです。シンプルに答えるなら7時間以上ということになりますが、真に疲れがとれるか否かは、持続時間および持続性(継続性)と睡眠の深さが関係します。心身の健康に及ぼす睡眠の影響力を理解することはかつてないほど重要です。ウェスティンホテルのように、当学会と共通する理念を持ち、世界中で睡眠による健康増進をはかるという学会の任務にご協力いただけるパートナーを得られることは大変ありがたいことです」(世界睡眠デーのイベントを毎年主催している世界睡眠学会会長、クレート・クシダ博士のコメント)

「ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア」では、同様のサービスがこれまで長い間、提供されてきました。そのきっかけは、同ホテルの総支配人が、ビジネス・観光で訪れるいずれのお客様も睡眠時間が不足していると感じたことでした。モーニング・コールサービスの依頼が、それからではとても十分な睡眠時間は確保できないような時間帯に設定される傾向が見られたのです。 たとえニューヨークが“眠らない街”であっても、私たちはお客様が、到着したときよりも爽快な気分でご出発できるホテルを目指します。ベッドタイム・コールはとてもシンプルなサービスですが、お客様の睡眠時間を確保するためには十分に役立ちます」(ウェスティン・ニューヨーク・タイムズスクエア総支配人、ショーン・バーニーのコメント)

お客様にぐっすり眠っていただくためのウェスティンの工夫
快眠のためのヒントを#SleepStrongでお知らせします
SNSで#SleepStrongについてシェアする方も、「ベッドタイム・コール」をご予約する方も、ウェスティンでなら、旅先での睡眠に関するストレスが解消されることでしょう。ウェスティン特製の「ヘブンリーベッド」、新しいベッドサイドアメニティ「スリープウェルラベンダーバーム」、快眠に導くルームサービスメニューなどのご利用で、お客様の気分はきっとリフレッシュされるはずです。ご帰宅時には、#SleepStrongで得た新しい習慣を実感していただけるよう、サービスの充実を図ってまいります。

ぐっすり眠るためのさらに詳しい情報は、リンクでご覧いただけます。世界のウェスティンで行っている快眠に向けたサービスについてはwww.westin.com/sleepwell をご覧ください。


ウェスティンホテル&リゾートについて:
ウェスティンホテル&リゾートは、40の国と地域で200軒以上のホテルやリゾートを展開しています。ブランドコンセプトである「For a Better You」を実現するため、10年以上に渡って、ウェルネスとホスピタリティ業界を先導してきました。それを支えるウェルビーイングの6つの柱がFeel Well、 Work Well、 Move Well、Eat Well、Sleep Well 、Play Wellのプログラムです。ウェスティン自慢のヘブンリーベッド(Heavenly(R) Bed)、ランウェスティン(RunWESTIN™)、ニューバランス社製のウェスティン・ギア レンディング(Westin Gear Lending with New Balance(R))、革新的なワークスペース「タンジェント(Tangent)」をご利用いただけるほか、栄養満点な上に美味なスーパーフードRX(SuperFoodsRx™)をご賞味いただけます。詳細はwww.westin.comをご覧ください。また、ツイッターやインスタグラム(@westin)、フェイスブック(facebook.com/Westin)でも最新情報を配信しております。

世界睡眠学会について:
「世界睡眠デー」を制定した世界睡眠学会は、世界睡眠医学協会(WASM)と世界睡眠連盟(WSF)が共同で設立し、世界中で睡眠による健康増進を目指す国際団体です。睡眠の重要性、および、詰め込み型のライフスタイルや睡眠障害による睡眠不足が様々な不利益を引き起こすという認識を広めるために活動しています。世界的にスリープヘルスが促進されるなか、多くの睡眠関連団体や文化、睡眠医療の専門家や研究者たちを結びつける役割をしています。質のよい睡眠をとるために、www.worldsleepsociety.orgの情報を役立ててください。

マリオット・インターナショナルについて:
マリオット・インターナショナルは、米国 メリーランド州ベセスダに本社をおき、120か国に約6,000軒のホテルを擁する世界最大のホテル企業です。マリオットは、次の30のブランド名で、ホテルの運営、フランチャイズ、バケーション・オーナーシップ・リゾートのライセンスを行っています:「ブルガリ・ホテル&リゾート(Bulgari Hotels and Resorts(R))」、「ザ・リッツ・カールトンおよびザ・リッツカールトン・リザーブ(The Ritz-Carlton(R) and The Ritz-Carlton Reserve(R))」、「セント レジス(St. Regis(R))」、「Wホテル(W(R))」、「エディション・ホテル(EDITION(R))」、「JWマリオット(JW Marriott(R))」、「ラグジュアリー コレクションホテル(The Luxury Collection(R))」、「マリオット・ホテル(Marriott Hotels(R))」、「ウェスティン(Westin(R))」、「ル メリディアン(Le Méridien(R))」、「ルネッサンス・ホテル(Renaissance(R) Hotels)」、「シェラトン(Sheraton(R))」、「デルタ・ホテル・バイ・マリオット(Delta Hotels by MarriottSM)」、「マリオット・エグゼクティブ・アパートメント(Marriott Executive Apartments(R))」、「マリオット・バケーションクラブ(Marriott Vacation Club(R))」、「オートグラフコレクション・ホテル(Autograph Collection(R) Hotels)」、「トリビュート ポートフォリオ(Tribute Portfolio™)」、「デザインホテル(Design Hotels™)」、「ゲロード・ホテル(Gaylord Hotels(R))」、「コートヤード(Courtyard(R))」、「フォーポイント バイ シェラトン(Four Points(R) by Sheraton)」、「スプリングヒル・スイート(SpringHill Suites(R))」、「フェアフィールド・イン&スイート(Fairfield Inn & Suites(R))」、「レジデンス・イン(Residence Inn(R))」、「タウンプレース・スイート(TownePlace Suites(R))」、「ACホテル・バイ・マリオット(AC Hotels by Marriott(R))」、「アロフト(Aloft(R))」、「エレメント(Element(R))」、「モクシー・ホテル(Moxy Hotels(R))」、「プロテア・ホテル(Protea Hotels by Marriott(R))」。また、同社は多くの受賞歴を誇るロイヤリティ・プログラム「マリオット リワード(ザ・リッツ・カールトン リワードを含む)」と「スターウッド プリファード ゲスト」を運営しています。詳しい情報、予約はwww.marriott.comを、最新の企業ニュースはwww.marriottnewscenter.comおよびツイッター(@MarriottIntl)をご覧


下さい。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事