logo

一緒に考えよう、東北の“いま”~成蹊大学の学生自身が企画・運営した「東北復興スタディツアーinいしのまき」の成果報告会を3月27日に開催

成蹊大学 2017年03月16日 14時05分
From Digital PR Platform


成蹊大学(東京都武蔵野市)は3月27日(月)、学生たちが企画・運営した「東北復興スタディツアー2017 in いしのまき」(2月8日~10日実施)の成果報告会を開催する。これは、同ツアーに参加した学生たちが、住民の方々に直に話を聞き感じたことを、「当時の震災の様子」や「震災前後のコミュニティづくり」「いつどこで起こるかわからない災害に対する防災」などをテーマに発表を行うもの。このほか、東北物産展やお茶会も実施する。参加費無料。


 成蹊大学では2月8日~10日に、「東北復興スタディツアー2017 in いしのまき」を実施。学生28人が、東日本大震災の被害にあった宮城県石巻市を訪問した。これに先立つ昨年7月と11月には、このツアーでの学びを広く学内外で共有するプレイベントも開催するなど、東日本大震災から6年が経過した「いま」、「再度一緒に考えたいこと、伝えたいこと」を学生自身が1年間かけて企画してきたプロジェクトである。
 このたび、その成果報告会を開催。約10カ月に及ぶ活動内容についての報告やグループごとの発表のほか、東北物産展やお茶会も行う。詳細は下記の通り。

◆「東北復興スタディツアーinいしのまき」成果報告会
【日 時】 3月27日(月)16時00分~18時40分  
【会 場】 成蹊大学6号館301教室(東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1)
【概 要】
・第1部 16:00~16:30 東北物産展 With 東北物産館
・第2部 16:40~18:40
1.東北復興スタディツアーの軌跡 ―約10カ月に及ぶ活動内容についての報告
2.ツアーのグループによる発表―学生たちが被災地に足を運び、話をきいて感じたこと、考えたことを伝えます。
3.みんなでお茶っこ―東北ではお茶を飲みながら世間話をすることを「お茶っこ」と言います。「お茶っこ」しながら、ツアーを通して感じたことをお話します。
【対 象】 学内外問わず、関心のある方ならどなたでも
【参加費】 無料
【企画・運営】 「東北復興スタディツアー2017 in いしのまき」参加学生

※7月と11月にもプレイベントを開催しておりますので、ご参照ください。
プレイベント第1弾 「一緒に知ろう!東北の“いま”」
 リンク
プレイベント第2弾 「3.11に学ぶ私たちの防災~私たちに“いま”できること~」
 リンク

●成蹊大学ボランティア支援センター イベント情報
 リンク
  
▼本件に関する問い合わせ先
 成蹊学園企画室広報グループ(担当:賀屋)
 TEL: 0422-37-3517
 FAX: 0422-37-3704
 E-MAIL: koho@jim.seikei.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。