logo

Web番組「つるの剛士のエレクトーンチャレンジ!」“世界のトップドラマー500人”に選ばれた川口千里さんが登場

株式会社ヤマハミュージックジャパン 2017年03月15日 12時43分
From PR TIMES

2017年3月15日(水)より公開

株式会社ヤマハミュージックジャパン(本社:東京都港区、社長:小林和徳)は、当社が販売するエレクトーンの演奏に、つるの剛士さん(株式会社ポニーキャニオン所属)が挑戦する様子を追うWeb番組を2016年12月9日(金)より毎週1本、エレクトーンWebサイト内「つるの剛士のエレクトーンチャレンジ!」で公開しています。Web番組では、つるのさんがレッスンに挑む姿のほか、楽器店やエレクトーンの製造現場を訪れる様子なども紹介し、好評を得ています。このたび、初のゲストとして女性ドラマー 川口千里さんが出演し、つるのさんと即興でセッションをしたり、演奏を競い合ったりします。川口さんが出演するWeb番組は2017年3月15日(水)より4回にわたり、見ごたえのある内容でお送りします。



[画像1: リンク ]


<Web番組概要>
「つるの剛士のエレクトーンチャレンジ!」は、エレクトーンパフォーマー yaSya(ヤスヤ)さんのサポートのもと、つるのさんが自由にエレクトーンを楽しむ様子を紹介するWeb番組で、これまでに計14本公開しています。第14回「これスゲェんだよ!エレクトーンがドラムに?!」編(2017年3月8日公開)では、エレクトーンの鍵盤にバスドラム、スネアドラム、ハイハットシンバルなどのドラムセットの音を割り当てて演奏する「エレクトーンドラム」につるのさんが挑戦。「エレクトーンドラム」は初めてながらもドラムの演奏経験があるつるのさんは、経験者ならではのテクニックを披露しました。その実力を目の当たりにしたyaSyaさんが川口さんとの共演を発案。即興でのセッションや、つるのさんの「エレクトーンドラム」と川口さんの電子ドラムで演奏を競う「異種楽器戦 ドラムバトル」を展開します。

▼「つるの剛士のエレクトーンチャレンジ!」
リンク
※毎週水曜日更新

<プロフィール>

[画像2: リンク ]


つるの剛士
1975年生まれ。「ウルトラマンダイナ」のアスカ隊員役を熱演した後、2008年に「羞恥心」を結成しリーダーとして活躍。一躍時の人として人気を博す一方で、2009年にカバーアルバム『つるのうた』をリリースし35万枚を売上げオリコン1位を記録。続いてセカンドカバーアルバム『つるのおと』では25万枚を売上げ、トータル60万枚のセールスを記録し、以降精力的に音楽活動を行っている。将棋、釣り、楽器、サーフィン、野菜作りなど趣味も幅広く、好きになったらとことんやらなければ気が済まない多彩な才能の持ち主。二男三女の父親。


[画像3: リンク ]


川口千里
1997年生まれ。5歳でドラムを始め、8歳から「手数王」こと菅沼孝三氏に師事。「YouTube」のドラム演奏動画は世界中から注目され、その総再生回数は現在およそ3,700万回 。また、ドラム関連サイト「ドラマーワールド」で“世界のトップドラマー500人”に選ばれた日本人二人の内の一人。2014年にはアメリカ・ロサンゼルスでの単独ライブを成功させ、その後も国内外の有名アーティストやアイドルとの共演など、活躍の場を広げている。現在は大学に通いながらライブやスタジオワークなど多彩に活躍中。


<本件に関するお問い合わせ先>
■一般の方のお問い合わせ先
株式会社ヤマハミュージックジャパン 楽器営業本部 マーケティング部 エレクトーン課
〒108-8568 東京都港区高輪2-17-11
TEL:03-5488-5443(月~金 10:00~17:00 ※祝祭日・弊社指定休業日を除く)
■報道関係の方のお問い合わせ先
株式会社ヤマハミュージックジャパン 事業企画部 企画広報課
〒108-8568 東京都港区高輪2-17-11
TEL:03-5488-1674
FAX:03-5488-7016

●プレスリリースファイル リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事