logo

XCMGがCONEXPO-CON/AGG 2017に出展し北米市場向けに新スタートを切る

XCMG 2017年03月10日 14時14分
From 共同通信PRワイヤー

XCMGがCONEXPO-CON/AGG 2017に出展し北米市場向けに新スタートを切る

AsiaNet 67745 (0355)

【ラスベガス2017年3月9日PR Newswire=共同通信JBN】世界有数の建設機械メーカーであるXCMG(SHE: 000425)は7日から11日までラスベガスで開かれるCONEXPO-CON/AGG 2017の初日、同社独自の北米向け装置を披露する昼食会を開催した。

Photo  - リンク
キャプション:XCMGがCONEXPO-CON/AGG 2017で北米向けの製品ラインを公開

新しい製品シリーズには、300トンのオールテレイン・クレーン、70トンのラフテレイン・クレーン、3.5トンから49トンの掘削機、ライトローラー、ホイールローダー、ロータリードリリングリグ、バックホールローダーが含まれ、これらすべてはティア4排出基準を満たし、強力なパワーと安定した性能を保証する。

XCMGのワン・ミン会長兼社長は開会式で「これら14の建設機械はわれわれの10年間にわたる研究開発の努力の結晶である。われわれは『大きな責任を持ち、高いモラルで行動し、大きな成果を上げる』というコアバリューを忠実に守ってきた」と語った。

XCMGはCONEXPO-CON/AGG 2017に出展し、技術、研究開発、製品のローカリゼーション、市場浸透で成功を積み重ねてきた北米での新しいスタートを切った。

中国人および米国人から成るXCMGのエンジニアと設計者は、高度技術と耐久性に重点を置きながら、北米市場向けに次世代の建設機械開発に協力して取り組んでいる。

XCA300Uは、現在市販されている中で最もインテリジェントかつ強力な6WDオールテレイン・クレーンである。XCA300Uは長さ8メートルの7段式ブームと36メートルのジブを使って112メートルの高さに届き、3WD/4WDへの自動切り替えも可能である。時速90キロの最大走行速度と52%の登坂能力を提供するこのクレーンのインテリジェントなブーム技術は、操作手順を簡略化するとともに操作の面倒さを軽減して操作と制御を向上させる。またトラッククレーンのXCT40Uは5段式ブームを採用することによって、業界平均に比べて全体の作業効率が10%向上している。

ワン会長は「XCMGは『国際化、スリム化、高度化、持続可能な開発』という理念に基づき、世界各地でカスタム化した製品を開発し、タイムリーなサービスを提供し、インフラストラクチャー建設に貢献している」と語った。

▽XCMGについて
XCMGは74年の歴史を持つ多国籍の重機械メーカーである。同社は現在、世界の建設機械業界で9位にランクされている。同社は世界中の177以上の国・地域に輸出している。

詳しい情報はwww.xcmg.com を参照、またはFacebook、Twitter、YouTube、LinkedIn、InstagramでXCMGのページのフォローを。

ソース:XCMG

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事