logo

パズルゲームで論理演算をマスター!遊びながらコンピュータの基礎を学べるアプリ「トライビットロジック」提供開始

~iOS版は配信開始2週間で全世界累計10万ダウンロード突破!~

株式会社ハイマックス(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中島 太、以下:ハイマックス)は、遊びながらコンピュータの基礎を学ぶことができるアプリ「トライビットロジック」を、iOS 向けには、2017年2月20日(月)より、Android向けには、3月10日(金)より順次配信開始。iOS版は配信開始2週間で全世界累計10万ダウンロードを達成しました。



[画像1: リンク ]

「トライビットロジック」は、コンピュータの世界で必要となってくる知識の論理演算について、パズルを解きながら楽しく学ぶことができます。日本語、英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語の9カ国語に対応し、無料で遊べる初級レベル(32ステージ)と、有料の中級、上級レベル(各32ステージ)を提供します。

iOS版:リンク
Android版:リンク

■2020年度プログラミング教育必修化を視野に開発!お子様の教育にオススメ!
AIやビッグデータ、ロボットなどの技術革新によりかつてないスピードで進行する第4次産業革命に向けて、今、世界各国でIT人材の育成が急務となっています。そうした中、日本でも2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されることが、昨春、文部科学省より発表されました。
ハイマックスは、このような時勢に対応すべく「トライビットロジック」を開発。世間一般的には未知の領域といえるプログラミングの世界へ誰もがすんなり入っていけるよう、分かりやすく楽しく学べることにフォーカスして設計しました。来る必修科目に備えコンピュータの仕組みを学びたいお子様はもちろんのこと、エンジニアを目指す学生の教育や大人の頭の体操などにも最適な内容となっています。

■論理演算をパズルゲームで楽しく習得!
コンピュータの世界では、足し算・引き算といった私たちが日常生活の中でよく使う四則演算ではなく論理演算というものが重要になります。「トライビットロジック」では、その特殊な論理演算について、パズルゲームを進めながら学ぶことができます。
具体的には、「OR(オア)」「NOT(ノット)」「AND(アンド)」「XOR(エックスオア)」という4つの演算子(記号)のパネルを組み合わせながら敵キャラクター「バグ」を倒してゲームを進めます。また、論理演算をわかりやすく説明するチュートリアルやヘルプ、演算の流れをわかりやすく表示する論理演算シミュレーション画面もご用意しています。

<ゲーム画面 ~パズルゲームの遊び方~>
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]

[画像9: リンク ]

 
【トライビットロジック 概要】
タイトル:トライビットロジック
カテゴリ:教育
配信開始日:iOS 2017年2月20日(月)~/Android  3月10日(金)~
価格:無料(アプリ内課金あり)※有料レベルはアプリ内から購入することができます。
対応端末:iOS /Android
公式サイト:リンク
ダウンロードアドレス:
 iOS版:リンク
 Android版:リンク

【会社概要】
株式会社ハイマックス
設立1976年5月21日
本社所在地 神奈川県横浜市中区本町2-22 日本生命横浜本町ビル7F
資本金 6億8,904万円
代表取締役社長 中島 太(なかじま つよし)
事業内容 コンピュータ・ソフトウェアのシステムの企画立案~製造~メンテナンス

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。