logo

西友、「若年無業者の就労支援」「産後ケア」「食品寄付」の各分野で活動するNPO団体への継続助成を決定

合同会社西友 2017年03月09日 14時00分
From Digital PR Platform


合同会社西友では、このたび、「社会貢献活動助成プログラム」を通じて、「若年無業者の就労支援」「産後ケア」「食品寄付」の各分野で活動する3つのNPO団体への継続助成を決定しました。

「社会貢献活動助成プログラム」は、ウォルマート・ストアーズ・インクがグローバルで展開している社会貢献活動の方針に沿って、「機会創出(Opportunity)」「環境(Sustainability)」「地域社会(Community)」の3つの分野で、社会的な課題の解決に向けて活動を行っている団体に対して、西友が助成金を拠出するものです。各団体への助成概要は以下の通りです。

【社会貢献活動助成プログラム 助成概要】
分野/助成団体/助成内容

・機会創出(Opportunity)/ 認定NPO法人 育て上げネット / 無業の若者を対象とした就労支援プログラム

・機会創出(Opportunity)/ NPO法人 マドレボニータ / 母親たちの社会や職場への復帰と経済的自立を支援

・地域社会(Community)/ セカンドハーベスト・ジャパン / フードバンク活動を通じた食品寄付活動の推進

西友では、゛Saving people money so they can live better゛、「お客様に低価格で価値あるお買物の機会を提供し、より豊かな生活の実現に寄与する」という、ウォルマート・グループのミッション(使命)を実現するため、今後も、環境・社会貢献活動を始めとするサステナビリティ(持続可能性)活動を広く多面的に展開してまいります。

■各団体の活動と西友の助成内容
(1)若年無業者の就労支援:認定NPO法人 育て上げネット(東京都立川市、理事長 工藤 啓)
育て上げネットは、無業の状態にある若者の就労基礎訓練プログラム「ジョブトレ」や、その保護者の支援、学校やコミュニティ向けの教育支援プログラムを実施しています。
西友は、若年無業者の就労支援を行う育て上げネットに助成を行い、低所得世帯の無業の若者に、育て上げネットが運営する就労支援プログラム(ジョブトレ)の無償受講と、西友店舗での5日間の職場体験の機会の提供を行っています。これまでに合計44名に対して、プログラムが提供され、40名が実際に就職を果たしました。そのうち13名は西友店舗に就職し、アルバイトから正社員に昇進できる社内制度を利用して、さらなるキャリアアップを目指しています。
今回の助成(480万円)により、2017年の1年間、最大15名が「西友パック」プログラムに参加することが可能になります。

(2)産後ケア: NPO法人 マドレボニータ(東京都渋谷区、代表 吉岡 マコ)
マドレボニータは、「産後ケア」の重要性を啓発するとともに、産前・産後の女性のためのボディケア&フィットネス・プログラムを研究・開発・普及等を行っています。
西友では、社会的に孤立しやすい多胎児、障がい児を持つ母親や、ひとり親などのために、マドレボニータの「産後ケア教室(旧名称:産後のボディケア&フィットネス教室)」の受講料を全額補助する「産後ケアバトン制度」に対する助成を行うことにより、母親たちの社会や職場への復帰と経済的自立を支援しています。
「産後ケアバトン制度」では2016年末までに、累計600人以上の女性に「産後ケア教室」の受講機会を提供したことに加え、マドレボニータがNPO法人フローレンスと共同開催する「医療ケアが必要な障害を持つ児の両親・母向けの単発講座」(*)の実施も支援しています。今回の助成(620万円)により、2017年の1年間、母子204組が「産後ケアバトン制度」に参加することが可能になります。
(*)フローレンスでは、障害を個人の側にある差別されるものではなく、社会の側に原因があり、社会の制度を変えることで克服すべきものと考える『社会モデル』の見地から、「障害」という漢字表記を用いています

(3)食品寄付:セカンドハーベスト・ジャパン(東京都台東区、理事長:マクジルトン・チャールズ)
西友では、賞味・消費期限到来前の食品をできる限り有効活用するため、日本で初めて法人化されたフードバンクであるセカンドハーベスト・ジャパンと協力して、食品寄付活動を行っています。寄付先の福祉施設へは、その日のうちにセカンドハーベスト・ジャパンにより配送され、各施設が賞味・消費期限内に、寄付された食品を利用します。年々、活動実施店舗を拡大しており、2016年末時点では関東地方の約130店舗がこの取り組みに参加しています。
これまでの西友によるセカンドハーベスト・ジャパンへの助成金の拠出は、2011年以来5度にわたっており、寄付食品等を含め支援の総額は2億4,100万円以上にのぼります。今回の助成(940万円)により、同団体との連携をさらに強化・支援し、継続的に食品寄付活動を推進します。

■2017年も店頭での「レジ募金」を通じてNPO団体を継続支援
西友では、上記3つの助成に加え、店舗を拠点とした社会貢献活動の一環として店頭で「レジ募金」を実施しており、2016年は「マッチング寄付」と併せて2,180万円を達成。2017年も「マッチング寄付」を実施し、4団体への寄付を継続することを決定しました。
「レジ募金」は、お客様がお買い物の精算時に、全国の西友・サニー店舗のレジに設置している専用の「寄付カード」を寄付希望金額と共に提示することで、寄付に参加いただけるというもので、お客様からの募金は、NPO団体などに寄付されます。また、2015年からは、お客様からの募金の総額に西友が同額を上乗せ寄付する「マッチング寄付」も実施しています。
現在は「海岸林再生募金」「フードバンク募金」「アフリカへ給食を届けよう募金」「病児保育募金(※関東エリアのみ)」の4つの募金を展開しています。2012年の開始以来、「レジ募金」の募金総額は、5,000万円以上となりました。
リンク

<西友の「社会貢献活動助成プログラム」について>
詳細については、西友ホームページ内「社会貢献活動への助成」ページをご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事