logo

飲食店向けクラウド型モバイルPOS「POS+ food(ポスタスフード)」 インフォマート「BtoBプラットフォーム 受発注」と連携開始

株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ 2017年03月07日 11時00分
From PR TIMES

~仕入データを自動連携、日次で精度の高い損益管理が可能に~

総合人材サービス・パーソルグループの株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:長井 利仁、以下「IBS」)は、飲食店向け専用クラウド型モバイルPOS「POS+ food(ポスタスフード)」において、株式会社インフォマート(本社:東京都港区、代表取締役社長 村上 勝照)の提供する、「BtoBプラットフォーム 受発注」との連携を開始することをお知らせいたします。



「BtoBプラットフォーム 受発注」は全国31,921社、41,068万店舗(2016年12月末現在)で導入されている受発注のプラットフォームです。日々店舗で必要となってくる発注業務を「BtoBプラットフォーム 受発注」を介して行うことで、漏れやミスなく効率的に行うことが可能となります。
本連携を開始することで、「BtoBプラットフォーム 受発注」から「POS+ food」に自動で仕入原価や個数などのデータが連携されます。
また、それらの仕入れデータを、「POS+ food」の持つ、売上管理、勤怠管理のデータと合わせることで、日次および月次でのリアルな損益管理を精度高く実現することができます。
これからも、「POS+ food」は飲食店の皆さまの売上向上につながるサービスを提供し、“はたらく”楽しさをつくってまいります。

[画像: リンク ]


株式会社インフォマートについて
リンク
世界中の企業や人を結ぶことを目指した「BtoBプラットフォーム」を運営しています。企業において電話やFAX、郵便、相対等、時間とコストをかけて行われている商行為を「BtoBプラットフォーム」を利用することで、生産性向上、時間短縮、コスト削減、ペーパーレス化が実現し、CO2削減や社会環境に貢献してまいります。

クラウド型多機能モバイルPOSシステム「POS+ food(ポスタスフード)」について
リンク
「POS+ food(ポスタスフード)」は、iPhoneやAndroid 端末のスマートフォンやタブレットに対応した飲食店専用のクラウド型モバイルPOSです。専用アプリをモバイル端末にインストールすることで、注文の入力・会計処理のデバイスとして利用できるほか、店内の注文・売上管理、勤怠・シフトの管理なども行うことができます。


[表: リンク ]



<株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ(IBS)について>
リンク
IBSは、人・プロセス・ITの変革を支援する戦略的ITアウトソーシング企業です。
総合人材サービス企業パーソルグループの中核会社として、人材から考えるサービスインテグレーターを目指しています。パーソルグループならではの、人材に関する高いノウハウを活かし、ITにおける開発から運用、テクニカルサポート等を提供するほか、事業課題に応じたビジネスプロセスのアウトソーシングや、コンサルティングも実施します。

<PERSOL(パーソル)について>
パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランドです。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いが込められています。
パーソルグループは、人材派遣のテンプスタッフ、人材紹介や求人広告のインテリジェンスをはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外90社を超える幅広い企業群で構成されています。グループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいます。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事