logo

侍ジャパンWBC全試合を完全無料で Player! がリアルタイム速報

オオカミ 2017年03月07日 08時00分
From PR TIMES

ライブからニュースまで、スマホだからこそできる新しいスポーツライフをデザイン

スポーツスタートアップ企業 ookami は、スポーツエンターテイメントアプリ「Player!」において、本日3月7日に開幕する 2017 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本戦全試合を、全国の野球ファンに向けてリアルタイム速報いたします。三連覇を逃し涙を飲んだ第3回大会から4年越しのリベンジ、侍ジャパン王座奪還へ!共にPlayer! で応援しましょう。

iPhoneアプリ:リンク
WBC専用ページ:リンク



<Player! とは>
[画像1: リンク ]

スポーツが持つワクワクをもっと身近に、人々の日常に感動を。
Player! はスポーツの「リアル」を体験て゛きるスマートフォンアプリです。Player! があれば、感動のあの「一瞬」を見逃すことなく、ライブの熱狂を語り合いながら、スポーツをもっと身近に楽しむことができます。あなたの興味にあったニュースやスケジュールもまとめてチェックできます。
スタジアム、テレビに次ぐ、第三の観戦ポータルへ。
さぁ、Player! で新しいスポーツライフを始めましょう。


< 2017 WORLD BASEBALL CLASSIC 展望>
今回で開催最後とも噂されるWBC。国の威信をかけて、侍ジャパンが東京ドームで1次ラウンド初戦、宿敵キューバに挑みます。二刀流大谷の辞退、日本の”精神的支柱”嶋の離脱、事前の強化試合で投手陣の不調など不安材料はあるものの、"神ってる"鈴木誠也、唯一のメジャーリーガー青木、日本のエース菅野を小久保監督が束ね、準決勝敗退に終わった4年前の悔しさを胸に王座奪還を狙います。

<WBC日本戦日程>
■1次ラウンド
3/7 (火) 19:00 日本 vs キューバ(東京ドーム) リンク
3/8 (水) 19:00 日本 vs オーストラリア(東京ドーム) リンク
3/10(金)19:00 日本 vs 中国(東京ドーム) リンク
■2次ラウンド
3/12(日) 日本 vs プールA 1位or2位(東京ドーム)
3/14(火) 日本 vs プールB 1位or2位(東京ドーム)
3/15(水) 日本 vs プールA 1位or2位(東京ドーム)
■決勝ラウンド
3/20(月) セミファイナル1(ドジャー・スタジアム)
3/21(火) セミファイナル2(ドジャー・スタジアム)
3/22(水) チャンピオンシップ(ドジャー・スタジアム)


【Player! アプリ概要】
タイトル Player!(プレイヤー)
ジャンル スポーツエンターテイメントアプリ
配信開始日 "iPhone版:2015年4月/Apple Watch版:2016年9月 Android版:近日公開予定"
利用料 完全無料(アプリ内課金なし)
開発・運営(権利表記) 株式会社ookami((C)ookami, Inc.)
対応言語 日本語、英語
サービスURL App Store:リンク
公式サイト リンク
公式twitter リンク

[画像2: リンク ]


【ookami 概要(2017 年 2 月 1 日現在)】
商号:株式会社 ookami 本社所在地:東京都渋谷区代官山町 3 丁目 13 番 605
代表者:代表取締役 尾形 太陽
事業内容:スポーツエンターテイメントアプリ「Player!」の開発・運営、スポーツ情報インフラの開発・運営
沿革:
2014年4月 株式会社ookami設立
2014年6月 為末大氏、株式会社ユーザベース、個人投資家より資金調達を実施
2014年7月 本社を東京都渋谷区神宮前に移転
2014年9月 「Player!」β版を公開
2015年3月 海老根智仁氏、小松利彰氏ら個人投資家より資金調達を実施
2015年4月 「Player!」iPhone版を正式に公開
2015年12月 App Store Best of 2015 受賞
2016年4月 グリーベンチャーズより資金調達を実施
2016年9月 2016年度グッドデザイン賞を受賞

株式会社ookamiは、「人」と「情報技術」の調和によって、スポーツの新しい価値を創造する、スタートアップ企業です。現代は情報革命の渦中にあり、テクノロジーの進歩により個人のライフスタイルはまだまだ大きく変わっていきます。伝統的なスポーツエンターテイメントのあり方にもまた、変換点が求められています。ookami はそんなめまぐるしい社会の中、世界のスポーツに革新を起こすべく、スポーツエンターテイメントアプリ「Player!」を開発、運営しています。より豊かなスポーツライフを、スポーツの感動を、世界中の少しでも多くの人々にお届けできるよう、メンバー一同、全力で挑戦をして参ります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事