logo

メルマガ)HPC / HPDA / MEDIA 用途特性対応大規模スケーラブルビッグデータストレージシステム「Hyper STOR Flex」を発売開始

コアマイクロシステムズ株式会社(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:高橋晶三、以下 コアマイクロシステムズ)は、メルマガ「HPC / HPDA / MEDIA 用途特性対応大規模スケーラブルビッグデータストレージシステム「Hyper STOR Flex」を発売開始」のバックナンバーを公開しました。

□□ CMS News Letter □□□□□□□□□□Core Micro Systems □□□

HPC / HPDA / MEDIA 用途特性対応
大規模スケーラブルビッグデータストレージシステム
「Hyper STOR Flex」を発売開始

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ Vol.042 2017/03/02 □□

いつもお世話になっております。
コアマイクロシステムズの吉政忠志でございます。

今回は、先日発表した、HPC / HPDA / MEDIA 用途特性対応大規模スケー
ラブルビッグデータストレージシステム「Hyper STOR Flex」について、
お知らせいたします。

近年急速にマーケットが拡大しているビッグデータソリューションスト
レージとして、IoTやクラウドインフラ向けに既にeverDATAコンセプトを
掲げたオブジェクトストレージ技術べースのフルアクティブ型スケール
アウトクラスタNAS 「vNAS Scaler」をリリースしていますが、より
IOインテンシブなビッグデータソリューソンストレージとして
HPC/HPDA/DeepLearnig/AI/4K&8K Mediaを支える超高スループット/超大
容量スケールアウトストレージ「Hyper STOR Flex」を発表いたしました。

「Hyper STOR Flex」は各種のI/O 特性/ 接続性に柔軟に対応し、かつ
最適化できるだけではなく、スループット/ キャパシティレベルにおい
てスケーラブルで柔軟な構成が可能です。

コアとなる革新的RAID 技術RAID FLEX(ERASURE CODE 型RAID N+M)は、
超高性能RAID アルゴリズム計算(RAID6 レベルで25GB/s 以上/CPU
コア)を可能にしているだけではなく、従来方式のRAID5/6 では限界
だったRAID 再構成速度の超高速化やRAID デグレード時の性能継続化を
可能にしました。

また3 パリティ以上の高度なデータプロテクションを性能劣化なしで
提供することが可能です。
さらに、コンバージェンス技術により、標準実装のローカルファイル
システムに加えてLUSTRE/GPFS/CXFS 等の分散システム/ クラスタ
ファイルシステムやストレージインテンシブアプリケーションの
インテグレーションが可能です。

本製品については以下に詳細ページとカタログを公開しています。
興味がある方は是非ご覧ください。
リンク

なお、本製品の発表は、翔泳社Enterprisezine、CNET、ZDnet、朝日新
聞デジタル版に掲載されました。翔泳社Enterprisezineの記事を以下に
て紹介します。

リンク

□□メディア掲載□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
昨年になりますが、以下のメディアに掲載されました。

BCNに「オブジェクトストレージ特集」に弊社社長の高橋による
インタビュー記事が掲載されました。
リンク

BCNに「vNAS Scaler BASIC」が紹介され、弊社社長の高橋が
インタビューを受けました。
リンク

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
※CMS News Letterについては下記にバックナンバーをアップしています。
 リンク

編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日経新聞を見ていると景気が良い話が多くなってきました。もちろん全
業種、全ての企業規模で景気が良いわけではないと思います。ただ、
いろいろ動きが出てきたという意味では多くの方が共感されるのではな
いでしょうか。企業における大きな資産の一つはデータです。データは
整理し、分析しないと効果が出ないと思います。当社のストレージを
活用いただき、よりよいデータ活用ができると嬉しいです。(吉政)

――――――――――――――――――――――――――――――――
コアマイクロシステムズでは、お客様事例を募集しております。事例公
開にご協力いただきましたお客様の社名やお取り組みを弊社のホームペ
ージや販促資料に記載し、皆様のビジネスの露出度向上に些少でも貢献
出来ればと思います。お気軽に弊社担当までお申し付けください。
―◇本メールマガジンの登録解除方法◇――――――――――――――
このメールに対する登録解除は★そのまま返信★でその旨をお伝えくだ
さい。
――――――――――――――――――――――――――――――――
本メールマガジンの送付先追加と送付先変更方法
このメールマガジンに★そのまま返信★で下記の項目をCut & Pasteし
て項目を埋め、返信して下さい。

変更の場合、旧送付先:
(1)メールアドレス:
(2)氏名     :
(3)会社名    :
(4)部署名    :
(5)役職名    :

――――――――――――――――――――――――――――――――
発行人:コアマイクロシステムズ株式会社 吉政 忠志
──―――─(C) Core Micro Systems Inc., All Rights Reserved ―

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。