logo

多言語自動翻訳サービスを「公益財団法人日本スケート連盟」公式サイトに導入



[画像: リンク ]

株式会社クロスランゲージ (東京都千代田区、代表取締役社長:福嶋 健一郎) は、「公益財団法人日本スケート連盟(本部:東京都渋谷区、橋本 聖子会長)」の運営する公式サイトに、当社の多言語自動翻訳サービス「WEB-Transer@ホームページ」を導入し、英語による情報発信を開始いたしました。

クロスランゲージの開発した自動翻訳サービス「WEB-Transer@ホームページ」は、更新頻度が高いサイトでの豊富な導入実績と翻訳精度への評価をいただき、「公益財団法人日本スケート連盟」公式サイトの多言語化運用に採用されました。

「公益財団法人日本スケート連盟」(www.skatingjapan.or.jp)は、将来の各種世界大会に向けて情報の多言語化を推進するために、ホームページの英語でのリアルタイム翻訳を実現し、外国人および海外からのアクセス増加に対応することにいたしました。

このたび採用されましたクロスランゲージの機械翻訳エンジンを使ったホームページ自動翻訳システムは、これまで自治体・観光協会・商業施設などに豊富な導入実績がありますが、今回の採用により、スポーツ団体、および主要な国際大会ウェブサイトの多言語化の引き合いに対応するため、「スポーツ用語辞書」の構築を行い、スポーツの国際化に貢献するエンジンの強化に努めてまいります。

株式会社クロスランゲージは、翻訳サービスを通じ、世界のスポーツの発展を応援しております。


【本リリースに関してのお問合わせ先、および製品に関するお客様からのお問合わせ先】
株式会社クロスランゲージ 営業本部 営業第二部
電話  : 03-5215-7633
メール : solution@crosslanguage.co.jp

【クロスランゲージについて】株式会社クロスランゲージは、機械翻訳(自動翻訳)システムの開発と人的な翻訳事業を併せ持つ総合翻訳ソリューション企業です。世界で使われる70%以上の言語をカバーする機械翻訳システムと、30ヶ国語以上の言語に対応した人的翻訳を組み合わせることで「低コスト・高品質・短納期・大量処理・高セキュリティ」など、様々なクライアントニーズに対応した翻訳ソリューションを提供しています。また、クロスランゲージの開発した機械翻訳システムは、翻訳パッケージソフトとしての提供をはじめ、日本最大のポータルサイトで多くの方々にご愛用いただいている自動翻訳サービス、150以上の自治体で採用されているホームページ翻訳サービス、大企業向け翻訳サーバーシステムなど、現在、日本で最も多くの方々にご利用いただいている翻訳システムを提供しています。 詳細に関しては、リンクをご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事