logo

曲げわっぱでいただく春のお花見お弁当をさらにおしゃれに!

株式会社コム・システム 2017年03月01日 15時48分
From PR TIMES

曲げわっぱと相性バッチリ!「和紙の器」オモテワシケース、Amazonにて特別価格(一部商品)で販売中。

3月に突入!そろそろお花見の準備をという人、曲げわっぱでお花見弁当はいかがでしょう?曲げわっぱと相性がバッチリの「和紙の器」オモテワシケースなら、きっと素敵なお花見の宴を演出します。



曲げわっぱで頂くお弁当は、以前より美味しいと評判でしたが、ここ最近は手作り感のあるシンプルなデザインと、木のぬくもりを感じる和の雰囲気からブームになっています。

 3月に入りこれからのお花見シーズンを迎え、そんな曲げわっぱと相性がバッチリの「和紙の器」オモテワシケース(製造販売元:株式会社コム・システム、代表:小泉英治朗)でお花見弁当を実際に作ってみました。

[画像1: リンク ]


 今回、曲げわっぱとオモテワシケースを使ってお花見弁当を作って頂いたのは、旬野菜を生かした料理で神奈川を中心に活躍する、合同会社coconi代表でフードコーディネーターの菅千明さんです。


「曲げわっぱの温かみを感じる素材に、和紙の落ち着いた風合いが調和していると感じました」 オモテワシケースで取り揃えている4つの和柄は、高知土佐の伝統的な技法で作られたすかし和紙で作られています。「女性が好きそうな可愛らしい柄で、食べる前も、食べ終えてお弁当が空になっても楽しいですね」とのこと、女性を意識した、手にやさしく、目に心地よいオモテワシケースならではのインプレッションです。

また、お弁当をきれいに盛り付けるには、色合いが大切。「おかずの色を壊さず、むしろ更に引き立てる優しい色合いです。カラーバリエーションが豊富なので曲げわっぱとおかずの色味に合わせて選べるのが嬉しいですね」確かに写真にある通り、菅さんの真骨頂である旬野菜の鮮やかな色がとてもよく活かされています。


[画像2: リンク ]


 さらに、盛り付けるときに気を遣うのは、おかずカップの形崩れです。おかずカップ自体の作りがしっかりしているので、詰めやすく、多少汁ものが入っても安心してお弁当に入れられるし、お外でちょっと取り出したい時も大丈夫でしょう、とも仰っていました。

[画像3: リンク ]



ワンランク上のオモテワシケースなら、曲げわっぱのお弁当が「楽しく」、「嬉しく」、「安心」、さらに「おしゃれ」にグレードアップ、きっと素敵なお花見の宴を過ごすことができるでしょう。

[画像4: リンク ]


 「和紙の器」オモテワシケースは、オンラインショッピングサイト「Amazon」、ライフスタイルショップ「TODAY’S SPECIAL」、他、卸売店でもお求めいただけます。

Amazon:リンク TODAY’S SPECIAL:リンク



プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。