logo

双日システムズ、CData Software とデータ連携の分野で協業を開始 70以上のクラウドアプリケーションを「PolarisGate」の接続先に追加

CData 2017年02月27日 10時00分
From PR TIMES

~ データ接続のインテグレーション費用を1/10以下に圧縮 ~

双日システムズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表者:南部 匠/以下、双日システムズ)は、CData Software Japan 合同会社(本社:仙台市青葉区、代表社員 職務執行者:疋田 圭介/以下、CData)が提供するデータ接続および連携ソリューション「CData ODBC Drivers」及び、データベースからREST API を自動生成するサーバーツール「CData API Server」と、月額3万円から利用できるノンコーディングEAI クラウドサービス「PolarisGate」の連携を開始したことを発表致します。今後も共同で、企業の利便性向上のための便利なソリューションを提供してまいります。



双日システムズが提供する「PolarisGate」は、月額3万円から利用可能という低価格と、ERP やCRM などの各種アプリケーションとの連携モジュールが標準装備された使いやすさ、ノンコーディングが特徴のEAI クラウドサービスです。データ連携に関するプログラム開発が不要になるというEAI ツールの特徴に加え、クラウドサービス化することで基盤の選定や構築が不要になり、ビジネススピードを大幅に加速することが可能になります。

CDataが提供する「CData ODBC Drivers」は、標準ODBC を通じてSaaS アプリケーション、DB、Web API のリアルタイムデータに直接接続するソフトウェアです。
「CData API Server」は、リレーショナルデータベースを接続するだけで、フルスペックなREST API を公開することができるサーバーツールです。REST API をプログラミング不要で公開・管理するツールを提供することで、企業のAPI エコシステムを利用してのビジネスの飛躍、サービス利用者の利便性向上、企業内部のデータ連携強化による業務効率化をサポート致します。

連携ソリューションの特徴:


アプリケーション接続に関わる費用を大幅削減 ― インテグレーション費用を1/10以下に

「CData ODBC Drivers」のライセンスを個別に購入することで、約70のクラウドアプリケーションとの連携がパラメータ設定のみで可能となります。従来のアプリケーション接続は、それぞれのREST API について理解をした技術者がインテグレーションを行なう必要がありましたが、今回の連携により、アプリケーションのREST API についての知識がなくても接続を行なうことができるようになりました。


API を実装していないアプリケーションのREST API を高速作成 ― アプリケーション連携をセキュアに実現

「CData API Server」を用いることで、クライアントサーバ型やスタンドアロン型のAPI を実装していないアプリケーションにおいても、REST API でのデータ連携が可能となります。ユーザ毎に権限を設定してAuth トークンを発行することができ、またAPI の利用状況やログも管理することができますので、セキュアなシステム間連携を行なうことが可能となります。


オールクラウドでアプリケーション間データ連携をシームレスに実現

「CData ODBC Drivers」、「PolarisGate」のいずれもSaaS 提供されますので、専用のサーバや運用監視を行なう管理者は不要です。「PolarisGate」を用いることで、「CData ODBC Drivers」や「CData API Server」で接続をしたアプリケーションのデータを制御することが可能となります。インターバル処理やバッチ処理といったタイマー制御や、データの読み替え、フィルタリング、計算処理といったデータの加工を行なうことで、シームレスなアプリ間データ連携を実現します。

[画像: リンク ]


「PolarisGate」の特徴:


ノンコーディングEAI クラウドサービス

「PolarisGate」は、『張る』、『選ぶ』、『線を引く』という3段階のグラフィカルで視覚的なアクションで、様々なアプリケーション間のデータ連携が実現できるノンコーディングEAI クラウドサービスです。SAP、Salesforce、Microsoft Dynamics をはじめ、「Magic xpi」で用意されている66 種 500 機能以上のアダプタ・コネクタ群を利用すれば、複雑なデータ連携も容易に実現することができます。また、IBM iシリーズやLotus Notes/Domino など、ワールドワイドに展開しているMSE ならではのアダプタが用意されているのも特徴のひとつです。


月額3万円というローコストを実現

SAPとMicrosoft Dynamics、JD Edwards 用のアダプタを除き、すべての機能が月額3万円で利用できます(SAP、Microsoft Dynamics、JD Edwards 用アダプタは月額5万円から利用可能)。また、サービスの課金形態も、同時に処理できるデータ連携の数であるスレッド単位になっているので、同時処理するデータ連携が3スレッド以下であれば、追加費用なしでそのまま利用でき、CPU やトリガー数などに応じて課金する他社のEAIソリューションと比較して、トータルコストを更に削減することが可能です。


双日システムズが日本ならではのエコシステムを構築

「PolarisGate」は、マジックソフトウェア・エンタープライゼス社(本社:イスラエル、以下MSE)が全世界50ヶ国で提供するノンコーディングのシステム連携ツール「Magic xpi」を利用し、MSE の日本法人であるマジックソフトウェア・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表者:佐藤 敏雄/以下、マジックソフトウェア)、株式会社アイディーエス(本社:東京都港区、代表者:中野 貴志/以下、アイディーエス)と共同で、2016年4月よりサービスを提供しています。
「Magic xpi」で実現されているワールドワイドなアプリケーション群との連携に加えて、双日システムズが日本のIT 環境に合ったアプリケーションとの連携をエコシステムとして構築していきます。ERP やSFA、CRM、BI、ワークフローなどとの連携ソリューションを順次追加していきます。

■ 双日システムズ株式会社について
双日システムズは、SI ソリューションとネットワークソリューションの技術を融合させたシステムインテグレータです。「高品質・低価格・スピーディ」という徹底した顧客指向によって、長年にわたって培ってきたシステム・ネットワーク・IT に関する技術力や、総合商社双日のグローバルなネットワーク活用し、競争力のあるサービス・製品を提供しています。
会社ホームページ: リンク
製品ホームページ: リンク

■ CData Software Japan 合同会社について
CData Software, Inc.は、データ接続および連携ソリューションを提供しています。ドライバーとデータ接続テクノロジーの開発に特化し、お客様のオンプレミスおよびクラウドアプリケーション、データベース、WebAPI へのリアルタイム接続を実現いたします。CData 製品は、世界中の大手企業、中小企業、政府機関、教育機関のデータ統合ソリューションにて利用されています。2016年6月に、日本顧客へのサービスを充実させることを目的に日本法人を設立。
会社ホームページ: リンク
製品ホームページ: リンクリンク

※本リリースに掲載されている会社名および製品・サービス名は各社の登録商標または商標です。

【本リリースに関するお問い合わせ】
双日システムズ株式会社 事業戦略室 TEL:03-3515-1066 Email:ssc-mk@sojitz-sys.com
CData Software Japan 合同会社 マーケティング TEL:050-5578-7390 Email:press@cdata.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。