logo

「あ~よく眠れた~」フライトの後にそう言える!自分だけの快眠ポジションが必ず見つかるトラベルピロー!

DISCOVER株式会社 2017年02月24日 11時32分
From PR TIMES

快適に眠って目的地についたときにも気力充実~ビジネスマンよって開発された携帯枕

POCKINDO(TM) TRAVELPILLOW販売店 KREATIVIS(リンク 本社:ドイツ)は、機内でも快適に眠ることで、目的地についたときにもリフレッシュして気力も充実「TravelPillow(トラベルピロー)」の販売を、動画ショッピングサイトDISCOVER (リンク)上で、2月24日にスタートさせました。



[動画: リンク ]



海外旅行はダイスキ、でも飛行機での長時間の移動はキライ・・・
疲れて眠くても眠るポジションが決まらない・・・首が痛くて仮眠ができない・・・
そんなふうに思ったこと、誰でもありますよね~。

[画像1: リンク ]


そんな不便を一気に解決してくれるのが、Pockindo™ TravelPillowです。
Pockindoのトラベルピロー(TravelPillow)があれば、リラックスして快適な空の旅を楽しめます。
目的地についたときにもリフレッシュして気力も充実。すぐに冒険に繰り出せます!

[画像2: リンク ]


飛行機では、座席に座ったまま眠らなければならず、重力で常に頭が前に下がってしまいます。ほとんどのクッションはこうした姿勢をストレスなく支えることに向いていないかもしれません。
移動先で、ひどい肩こりや頭痛に悩まされるのは、もうやめにしたい…。

[画像3: リンク ]


Pockindoのトラベルピローは、ポータブルのマッサージチェアのように、枕そのものを前に傾け、頭と身体の上部を支えることを考えました。眠りにつくときの姿勢に着目したデザインなので、腕も疲れず快適な姿勢で眠れます。


飛行機だけではもったいない

機内だけでなく、電車、バス、車の移動にも大活躍です。
[画像4: リンク ]


どんなタイプの座席でも、クッションにデザインされている穴に腕を通し、

[画像5: リンク ]


ほら、このとおり!自分だけの、寝心地の良いベストポジションを見つけられます。

[画像6: リンク ]


腕が圧迫されないようにデザインされているので、長時間の仮眠でも腕や肩が痛くなることはありません。


飛行機搭乗時の手荷物持ち込み制限内で、大きな枕は持って行けませんよね?
Pockindoのトラベルピロー(TravelPillow)は空気で膨らみ、スマホと同じくらい軽くどこにでも持ち運べます。

[画像7: リンク ]


Pockindoのトラベルピローの秘密

1.呼吸しやすいデザインとリラックスできる手触り

[画像8: リンク ]


正面に向いて顔をうずめても、呼吸しやすいのでぐっすり眠れます。
肌にも優しい素材を使用しており、柔らかい手触りで心地良く眠ることができます。


2. 2秒で膨らみ2秒でたためる

[画像9: リンク ]


コンパクトに持ち運び出来るので、列車、バス、オフィス、学校など、座るスペースがあればどこでもお使いいただけます。


3. 首と肩の筋肉をサポート

[画像10: リンク ]


整骨療法医と内科医により開発されたPockindoのトラベルピロー(TravelPillow)は、抱え込むように使用するので無理な筋力を使いません。


4. 手洗い可で抗菌仕様

肌に直接触れるものなので、お手入れしやすい仕様になっております。
[画像11: リンク ]



【特徴】

[画像12: リンク ]

トラベルピロー(TravelPillow)は、出張時に頻繁に飛行機を利用していたビジネスマンのグループによって開発されました。彼らは目的地に到着した時に、機内で十分な睡眠を取れず、いつも疲れきってしまっていたのです。長距離のフライトでこうした問題を解決するため、私たちは空気で膨らませる枕、トラベルピロー(TravelPillow)の開発を始めました。 最も快適なポジションで、最良の高さを見つけられるよう、製品開発者の長い試行錯誤を経てトラベルピロー(TravelPillow)がついに製品化されました: トラベルピロー(TravelPillow)で素晴らしい睡眠を多くの人にお届けするべく、全世界の市場に参入することを目指しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。