logo

「思い出の服」を「新しいプロダクト」へ 新しい“古着リサイクル”のカタチ 『LOOP CARE(ループケア)』誕生!

株式会社リシュラ 2017年02月24日 11時25分
From PR TIMES

「お客様からの持ち込み衣料」を「日々を共に過ごすプロダクト」へ、リプロダクト

1993年に子供の古着専門の店舗として広島で創業し、現在では古着販売の他、マザーズバッグや育児雑貨・ 小物雑貨を手作りで生産し販売している株式会社リシュラ(所在地:広島県広島市 代表取締役:浜口 緑)は、 国内で年間約100万トンもの衣料が廃棄される中、古着の再販や装飾を加える従来の再利用とは違い、「お客様からの持ち込み衣料」を「日々を共に過ごすプロダクト」へ生まれ変わらせる “古着リサイクル” の新ビジネス「LOOP CARE(ループケア)」を立ち上げ、2017年1月28日(土)より公式にスタートいたしました。



[画像1: リンク ]


これまでの中古品販売の手法とは全く違う、 “古着リサイクル” の新しいビジネスモデルを提案する
LOOP CAREは、「お客様の思い出の持ち込み衣料」を「日々を共に過ごすプロダクト」へ自社生産で “仕立て直す” サービスです。何らかの理由で着なくなりクローゼットに 眠ってしまっているお客様の大切な服に、新たな命を吹き込み、世界にひとつだけの付加価値の高いアイテムを生み出します。まずは、背表紙に刻印が可能な「アルバム」、 持ち手と中棒に日本樫を使った「日傘」、イニシャルが刺繍可能な「ドッグウェア」の3アイテムからスタート。今後はシェルフ、カードケース、バッグ などを順次展開予定です。

[画像2: リンク ]

これまでの思い出を、これからの形に
「LOOP CARE」は、思い出に新しい形を与えていくサービスです。 思い出の詰まった大切な服を、新しいプロダクトに生まれ変わらせこれからも使い続けてもらうこと。 10年以上着続け、捨てられずタンスの奥に入れてあるワンピース。仲間と必死に練習し、戦ってきた部活のユニフォーム。写真に写る息子がいつも着ていた、小さくなったTシャツ。 穴が空き、色もあせてしまったけど、母からもらった大切な着物。亡くなったおじいちゃんが、冬になるといつも着ていたニット。 そうした服を、アルバムやドッグウェアをはじめ、日々をともに過ごす様々なアイテムにリプロダクト。大切なモノだから、しまってとっておくということではなく、大切なモノだからこそ、側で使いながら共に時間を過ごしていくということ。わたしたちは、これまでの思い出に、これからの形を与え、 新しい思い出を加えていくお手伝いをさせていただきます。

[画像3: リンク ]


A:お任せコース
すべてを「LOOP CARE」にお任せいただきます。
アルバム13,000円~ 日傘30,000円~ ドッグウェア7,500円~
B:ご確認コース
仕上がりのイメージを事前に確認していただきます。
アルバム18,000円~ 日傘35,000円~ ドッグウェア12,500円~
※価格はすべて、送料・税・修繕費(一回分)込み

【納期】約1か月
【サイズ】アルバム/約W210×D35×H206、刻印可能  日傘/全長70cm、直径82cm(使用時)
     ドッグウェア/犬種や大きさにより8サイズ展開、刺繍可能


「LOOP CARE」WEB SHOP (リンク
LOOP CAREは日本中、そして世界中からご注文を受け、お届けできるようウェブショップからスタートいたします。店舗展開も視野に入れ、近い将来、クリーニングをするような感覚で『LOOP CAREしよう!』という選択肢が当たり前となるような、新しいライフスタイルを提案いたします。また、サイト内ではLOOP CAREに共感してくださる方々に丁寧にインタビュー取材を行い、それぞれの思い出の衣料から広がる物語を集積し、3年以内に100人をご紹介予定です。

[画像4: リンク ]



[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

 


PROJECT MEMBER
「LOOP CARE」は、加藤智啓氏のディレクションのもと集結したプロジェクトメンバーで作り上げる
お客様の思い出を未来にループする新ビジネスです。

クリエイティブディレクション──加藤智啓氏/EDING:POST
イラストレーション──mimoe氏
ライティング──山口博之氏
写真(TOP・LOOP PRODUCTS・ABOUTページ)──小野慶輔氏
写真(STORY OF USERS / 西日本エリア・ ABOUTページ)──山田泰一氏
第四弾LOOP PRODUCTSデザイン、店舗デザイン(予定)──林洋介氏


[画像7: リンク ]


株式会社リシュラ代表取締役 浜口 緑

子ども服専門のリサイクル店「コドモ古着百貨リシュラ」の店長を務めたのち、2004年にオリジナル雑貨店 の立ち上げとともにリシュラを設立し、独立。
現在は 6店舗を展開中。
古着を通して育んできたことを、ビジネスの原点と捉え、商品・サービスの提案に取り組んでいる。私たちのご提案が、お客様のかけがえのない思い出につながるよう、グッドストーリーコンシェルジュとしてお手伝いします。


当社は1993年8月、子供古着専門のお店としてスタートしました。 当時はフリーマーケットも珍しく、インターネットでのオークションもなく、たくさんの古着が持ち込まれました。お客様から古着を通してたくさんの思い出やお子様への愛情がどんどん伝わってきて、このやさしいぬくもりを 次の方にちゃんとお届したいと強く感じました。当社では、古着販売の他にオリジナルのマザーズバッグや育児・小物雑貨を手作りで生産して直営店舗で
販売しています。一度にたくさんの量を作ることは苦手ですが、ひとつひとつ心を込めて作りお客様にお届けしたいという思いは、古着が教えてくれたやさしさとぬくもりです。当社の商品やサービスに出会って下さった皆様が心から笑顔になっていただけるよう努めることが私の使命です。


【会社、商品に関するお問い合わせ先】
株式会社リシュラ 担当:浜口 緑
広島県広島市西区商工センター2丁目-7-23 TEL:082-270-4885
MAIL: hamaguchi@lisur.jp URL:リンク

【取材・掲載に関するお問い合わせ先】
株式会社SUZU PR COMPANY 鈴江 恵子 TEL:080-6390-8284
MAIL:info@suzu-pr.com URL:リンク


[画像8: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事