logo

既存のサイネージシステムやテレビに番号呼出機能を追加できる機器が登場!

ナンバー呼出表示システム「Vango(バンゴ)」2017年4月下旬販売開始

ラトックシステム株式会社(本社:大阪府大阪市浪速区、代表取締役社長:岡村周善、以下ラトックシステム)は、診療所や受付窓口などの呼び出し改善を図る「ナンバー呼出表示システム Vango(バンゴ)」2モデル6製品を、2017年4月下旬に出荷開始いたします。



【システムの概要】
ナンバー呼出表示システム「Vango」は、ご使用中のサイネージシステムやテレビに導入できる番号の呼出システムです。テレビへの表示ほか、スピーカーや呼出タグによる「音」での呼び出しにも対応できます。呼び出し操作は、タブレットやパソコンからWebブラウザーを使用しておこないます。

既存のテレビ環境に応じて、以下の2モデルから選択します。

HDMI入力モデル:サイネージなどのコンテンツ映像と番号呼出画面を切り替え
テレビ放送切替モデル:テレビで放送中の映像と番号呼出画面を切り替え


これまでの紛失防止タグやBeaconといったBluetoothタグの開発実績を活かし、番号呼び出し時に対象者の手元へ通知するための呼出タグも開発。それぞれのモデルにつき、呼出タグなし、50個セット、100個セットをご用意しました。
[画像1: リンク ]

【開発の背景】
小規模な診療所や薬局などでは個人名で呼び出すことがおこなわれており、患者のプライバシー保護が課題となっています。さらに声のみでの呼び出しは、高齢者などの聴覚弱者が聞き落とすケースもあります。一方、導入済みの院内システムなどに番号呼出の機能を追加するには開発の時間と費用が必要となり、対策が進まない現状があります。

本製品は既存システムへの影響なしにそのまま導入が可能、本体(呼出コントローラー)の設置とわずかな設定のみでテレビへ番号呼出機能を追加することができます。サイネージシステムが導入済みであっても映像は現状のまま、必要なときだけ番号呼出画面に切り替えて表示することができます。

【システムの特徴】


本製品をテレビのHDMI入力と施設内LANに接続。呼び出し時、テレビに番号呼出画面を表示します。
HDMI入力モデルでは、コンテンツと呼出番号の2画面表示も可能です。
パソコン・タブレットのブラウザーから呼出操作をおこないます。(アプリのインストール不要)
パソコン・タブレットと本製品は、施設内ネットワーク(Wi-FiまたはLAN)を使用して接続します。
本製品に市販のスピーカーを接続して、番号表示と同時に音声での呼び出しがおこなえます。
呼出タグセットでは、手元にある呼び出しタグに呼び出しを通知できます。


【ラインナップ】

[画像2: リンク ]

製品名:ナンバー呼出表示システム (HDMI入力モデル)
発売予定:2017年4月下旬
製品URL:リンク


[表1: リンク ]



[画像3: リンク ]

製品名:ナンバー呼出表示システム(テレビ放送切替モデル)
発売予定:2017年4月下旬
製品URL:リンク
[表2: リンク ]



【ショールームでデモ展示開始】
東京・秋葉原の予約制「RATOC AKIBAショールーム」にて、本製品のデモ展示を開始しました。法人様を対象とした導入に関する相談なども受け付けておりますので、ご希望の方はその旨お書き添えの上ご予約ください。

【法人様向け貸出サービス開始】
発売に先駆け、実際に評価いただける機材をご用意しました。実際に導入を検討している環境で試したい、取引前の製品評価・検証をおこないたい、など法人様の要望にお応えするサービスです。(貸出期間:最大2週間)

【販売代理店を募集します】
ラトックシステムでは、本製品の販売および設置、メンテナンスをしていただける販売パートナーを募集しています(販売のみもおこなっていただけます)。

【関連情報URL】
ニュースリリース
リンク
窓口改善ソリューション
リンク
RATOC AKIBAショールーム
リンク

【本システムに関するお問い合わせ先】
ラトックシステム株式会社 東京支店
コーポレート・ソリューショングループ
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。