logo

Atlantis Healthcareが子供と思春期青年の慢性疾患の転帰改善の白書公表

Atlantis Healthcare Group 2017年02月22日 10時10分
From 共同通信PRワイヤー

Atlantis Healthcareが子供と思春期青年の慢性疾患の転帰改善の白書公表

AsiaNet 67461(0218)

【ロンドン2017年2月21日PR Newswire=共同通信JBN】患者の自己管理と行動変容プログラムの世界的リーダーであるAtlantis Healthcareは21日、「Chronic Illness Experience in Children and Adolescents: Exploring Challenges and Solutions(子供と思春期青年における慢性疾患経験:挑戦と解決の道を探る)」(リンク )と題する最新の白書を公表した。これは慢性疾患の自己管理に絞ったシリーズ3番目の論文である。

この白書は慢性疾患と終生つきあう子供や思春期青年のユニークな経験を調査研究したもの。これら患者集団の支援と転帰を最適化することに特化した治療プログラムと行動変容の介入作業法を詳述している。

慢性疾患にかかって生活している多くの成人は、思春期の前もしくはその途中で症状が広がる。小児科救命支援措置は、若年齢の時期に介入する機会を提供し、これらの子供が自信を持って有効な自己管理の下で成人期に入ることを支援する。アンナ・O・サリバン健康心理学専門医は「子供や思春期青年が慢性疾患症状と診断された場合、これらの人々と周囲の人々の生命や生活はたちまち妨げられる。この慢性疾患症状は、彼らの健康状態、社会的活動、学業、友人関係だけでなく家族全員の生活に影響を及ぼす」と説明する。

健康行動介入を進めるには、これら患者集団の多様なニーズに応えることを保証するかなりの診査作業が必要になる。

健康心理学の上級専門家でこの白書の筆頭著者であるシネイド・ナイ・ムルチャダ博士は「われわれは思春期の患者が、デジタル対応ソリューションなど、彼らの関心を捉え、維持するような機能的な医療介入を好むことを知っている。そして、これらの介入が小児科医療設定の中で行動を変えることにかなり成功している証拠がある」と語った。しかし、ムルチャダ博士は「小児科患者グループの大きな期待に応えるような魅力のある介入を行うことは、挑戦である。心理学的なテクニックとユーザー重視の工夫は、健康上の転帰向上をもたらす有効かつ魅力的な行動変容ソリューションを生み出すために互いに働き合うことが肝要である」と語った。

白書は次からダウンロードできる:
リンク

▽Atlantis Healthcare Groupについて
Atlantis Healthcareは、慢性疾患の自己管理と治療法順守を通じた患者の転帰改善を促進する独自の個別健康管理ソリューションを開発、提供するため健康心理学を活用している。Atlantis Healthcareは、商業面で世界的に認められた健康心理学専門家の最大のチームを擁し、創造的なデジタル専門家の支援を受けて、患者のより良い健康上の転帰を支援するため、受賞歴のある行動変容プログラムを開発する臨床上実証済みのモデルと学術的研究を利用している。

Atlantis Healthcare Groupに関する詳細は以下に問い合わせを:
Matthew Walls
Chief Executive Officer
+44-208-747-4360

ソース:Atlantis Healthcare

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。